21カルディアをバス釣りアングラーが徹底インプレ!使用感から最適番手、他機種の比較まで解説

作成:2022.10.28更新:2023.06.09

ダイワのミドルクラススピニングリールの中でもコスパの高さで特に人気を集めている「カルディア」シリーズですが、今回2021にフルモデルチェンジを果たし、更に高い使い心地や性能を実現しました。
今回はそんな21カルディアをバス釣りで使ってみた使い心地のインプレやライバル機種との比較、バス釣りにおすすめの番手まで一挙にご紹介していきます。バス釣りをメインに購入を考えている方はぜひ今回の記事をご覧ください!

21カルディアの基本スペック

今回はバス釣りでよく使われるであろう2000番・2500番のスペックをピックアップしました。

品名 ギア比 自重 最大ドラグ力 糸巻量(ナイロン) 糸巻量(PE) 価格
FC LT2000S 5.1 175g 5.0kg 3lb-150m,4lb-100m 0.4号-200m,0.5号-170m 24,100
FC LT2000S-H 5.8 175g 5.0kg 3lb-150m,4lb-100m 0.4号-200m,0.5号-170m 24,100
FC LT2500S 5.1 180g 5.0kg 4lb-150m,5lb-120m 0.6号-200m,0.8号-190m 24,600
LT2500 5.2 195g 10.0kg 4lb-230m,6lb-150m 0.6号-290m,0.8号-200m 24,600
LT2500S 5.2 190g 5.0kg 4lb-150m,5lb-120m 0.6号-200m,0.8号-190m 24,600
LT2500S-XH 6.2 190g 5.0kg 4lb-150m,5lb-120m 0.6号-200m,0.8号-190m 24,600

21カルディアの特徴

ダイワ「21 カルディア LT2500」

21カルディアの大きな特徴は「ザイオンV」「モノコックボディ」の2つです。21カルディアではボディ、ローターともにザイオンVと呼ばれる新素材を採用しており、これまでは難しかった剛性感と軽量化の対極とも言える2つを同時に向上させています。

また、モノコックボディを採用することでボディのコンパクト化と安定した巻き心地を実現しているため、バス釣りでよく使われるライトリグとパワーフィネスの両方におすすめの1台と言えるでしょう。

21カルディアの外観レビュー

これまで使ってきたスピニングリールの中でも圧倒的にボディがスリムでコンパクトという印象があります。リールを振った時のガタつきや巻きノイズはほとんどなく、ガッチリしたボディで握っただけで高い剛性感が伺えました。

また、ボディ周りやドラグノブ、スプールなどのデザインはかなり繊細に作り込まれており、一万円後半で買えるとは思えないほどに高級感があるデザインに仕上がっています。

バス釣りで21カルディアを使ってみた使用感をインプレ!

21カルディアをバス釣りで使ってみた使用感を5つの項目ごとにインプレしていきます。

21カルディアの巻き心地

ハンドルを回した初動の巻き心地は軽やかで立ち上がりが非常に良い印象です。そのためバス釣りでのワーミング、ストップ&ゴーといったクイックな操作もかなり行いやすいと言えます。

また、剛性の高さから一度回してしまうと巻出しよりも更に少ない力で安定したリトリーブが続けられるでしょう。21カルディアの巻き心地は軽やかかつ安定したリトリーブが可能なので、ハードプラグ・フィネスのどちらにも向いているといった印象です。

21カルディアの操作性

21カルディアは2500番で180gとミドルクラススピニングリールの中で特段軽量と言われるほどではありません。しかしワーミングに使っていても持ち重りを感じることはありませんし、ロッドアクションがしにくいといった印象もありませんでした。21カルディアはただ単純に軽量化するのではなく、剛性とのバランスを取って最もベストな重量に調整されていると感じます。

21カルディアのトラブルレス性

これまでのバス釣り釣行で風が強い状況やノーシンカークラスの軽量リグを使う状況を経験してみましたが、トラブルは一度もありませんでした。トラブルレス性は上位機種とそこまで大差がない印象です。バックラッシュを予防するダイワ独自のABSスプールも搭載されているためそこまでライントラブルの心配はしなくても良いでしょう。

21カルディアの巻き上げパワー

21カルディアではモノコックボディ、ザイオンVの影響で巻き上げのパワーが向上している印象がありました。と言いますのも抵抗の大きなルアーを巻く際やビッグバスとのファイト中でもかなり楽に巻いてくることが可能で、大きな負荷にも十分対応しやすいスピニングリールとなっています。

21カルディアのドラグ性能

21カルディアはドラグの滑り出しが非常にスムーズで魚のバラシやラインブレイクが少ないドラグといった印象があります。しかしドラグは他のライバル機種と比べてもそこまで大きな差はない印象です。

個人的に21カルディアを使って感じたことですが大きなバスを掛けた場合、シマノのスピニングリールよりも若干魚を寄せにくいと感じることがありました。しかしその分21カルディアでは滑り出しの良いドラグでの慎重なファイトが味わえることも事実です。

バス釣りにおすすめの21カルディアの番手は?

21カルディア FC LT2000S-H

バス釣りにおいて繊細なライトリグを使うことがほとんどの方におすすめなのがLTの2000番になります。非常にコンパクトで自重は175gと手の延長線とも言える快適な操作感を味わえるでしょう。

また、ハイギアモデルになりますので水中の情報が感じ取りやすく、より高い感度で釣りを行えるのも魅力の1つです。

ダイワ 21 カルディア FC LT2000S-H

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

21カルディア FC LT2500S

バス釣りにおいて最もバーサタイルに使われる2500番のFCモデルです。ノーマルモデルと異なり、一部のパーツの素材を見直し、軽量化されているため通常のモデルよりも10g以上軽く仕上げられています。バーサタイル性の高さと軽量ボディによってバス釣りで使うライトリグ全般におすすめのモデルです!

ダイワ 21 カルディア FC LT2500S

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

21カルディア LT2500S-XH

パワフルな巻き上げ、素早い回収が魅力の番手で、主にPEラインを使ったパワーフィネスにおすすめのモデルです。カバー際から瞬時にバスを引きずり出すような場合でもバスに主導権を握らせず、楽に巻いてくることができるでしょう。

また、巻き取りの素早さからピンに落として回収を繰り返すような釣りにもおすすめのモデルです。

ダイワ 21 カルディア LT2500S-XH

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

ライバルモデルとの比較

21カルディアvs21アルテグラ

同じ年にリリースされた2機種ですが、値段の差も3,000円程でどちらにしようか迷われている方も少なくないでしょう。2機種とも持っている私からすると「巻き心地」「キャストフィーリング」は21アルテグラ、それ以外は21カルディアに軍配が上がるように感じています。
また、この2機種は自重の違いも大きく、21カルディアの方が30gも軽量に作られています。そのためライトリグの使用比率が多い方は21カルディアを選んでいただくのがおすすめです。

逆にルアーを投げて・巻いてを繰り返すようなプラッキングでは21アルテグラがおすすめだと言えるでしょう。

シマノ 21 アルテグラ 2500

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

21カルディアvs19ストラディック

2機種ともに中堅機種に位置しており、値段帯もかなり近いため迷われている方も多いでしょう。どちらも非常に優秀なリールですが、19ストラディックはより剛性が高く、マイクロモジュールギアによる滑らかな巻き心地が大きな魅力です。

一方で21カルディアは軽量なボディやハンドルの初動が19ストラディックよりも優れていると感じますね。総じて考えるとバス釣りの中で巻き物やパワーゲームの割合が多ければ19ストラディックフィネスやライトリグの使用が多ければ21カルディアと言ったように自分が使用するルアーの割合によって選んでいただくのが最もベストです!

シマノ 19 ストラディック 2500SHG

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

21カルディアvs21フリームス

Instagram @prl.40さんの投稿

21カルディア以外にハイコスパスピニングとしてもう1つ挙げられるのがフリームスですよね。一万円前半という価格設定で多くのアングラーから人気を集めています。

両機種ともにザイオンVを素材として採用していますが、21フリームスにはモノコックボディが採用されていません。そのためリトリーブに関しては21カルディアの方が安定して巻いてこれますし、抵抗の大きなルアーの扱いも楽です

とは言ってもフリームスの性能が悪いということは全くなく、一万円前半では十分すぎるほどの性能を誇っています。コスパ重視であれば21フリームスでも問題ないというのが正直な感想です。

一方でエントリーモデルから少しレベルアップしたモデルが欲しいという方は性能重視の21カルディアがおすすめとなります。

ダイワ 21 フリームス LT2500

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

21カルディアはバス釣りとの相性抜群!ライトな釣り・パワーゲームの両方におすすめ!

今回は21カルディアについてバス釣りアングラーである私が使用感をインプレしていきました。一万円後半という手の出しやすい価格設定ながら性能は上位機種にも対抗できるほど高性能に仕上がっています。バス釣りでは繊細なライトリグからPEを入れたパワーフィネスまで多くの釣りに使うことができるでしょう!

バス釣りでコスパスピニングリールを探している方、エントリーモデルからの買い替えを検討している方はぜひ21カルディアを選んでみてはいかがでしょうか?

記事中の紹介グッズ一覧

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

ダイワ 21 フリームス LT2500

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

シマノ 21 アルテグラ 2500

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

ダイワ 21 カルディア FC LT2000S-H

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

ダイワ 21 カルディア FC LT2500S

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

ダイワ 21 カルディア LT2500S-XH

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

シマノ 19 ストラディック 2500SHG

この記事を書いた人

バス釣り一筋丸10年
木村玄

 バス、たまにうなぎ、巻物、サイトフィッシング、フィネス、霞ヶ浦・北浦 野池・川・ダム(茨城県)

合わせてよく読まれる記事

バス釣りで使うシンカーを種類ごとにご紹介!バス釣りをするなら知っておくべきシンカーの基本!

バス釣りに最適な格好は!?春夏秋冬シーズンごとに最適な釣り格好を徹底解説!

ネコリグシンカーを徹底解説!バス釣りの切り札であるネコリグはシンカーにもこだわろう!

バス釣りに最適なスピニングリールの番手を徹底解説!場所やルアーによって異なることも!?

バス釣りで反則級に釣れるルアーはあるの!?よく釣れるルアーの特徴とは?

バス釣りカバー撃ちのコツを伝授!カバー撃ち向けタックルも紹介

「バス釣り」関連の記事

【バス釣り】ラバージグのおすすめ20選|使い方や最適なトレーラーなども解説!

【バス釣り】ラバージグの正しい使い方|覚えるべき7つのアクションとは?

ホバストにおすすめのフックは太軸?ガード付き?|付け方も丁寧に解説!

最強ラバージグトレーラーのおすすめ20選!用途別の選び方や正しい付け方も解説!

スピナーベイトの使い方4つを徹底解剖!季節ごとのアクション法や使い分けも解説

【バス釣り】テキサスリグのワーム18選!付け方やおすすめ製品をご紹介!

「ブラックバス」関連の記事

山中湖のバス釣りのルールをおさらいしよう!【2023年最新】

バス釣りカバー撃ちのコツを伝授!カバー撃ち向けタックルも紹介

バス釣り・レイダウン攻略のためのタックル・ルアー・アクション

デカバスの釣り方(サイトフィッシング編) in 関東ハイプレッシャーレイク

夏バス釣りの虫パターンを決める法則とは?観察すべき現場のアレ

デカバスが釣れるおすすめルアー&ワームを紹介!関東近郊バサーも大物に挑戦

「スピニングリール」関連の記事

ダイワリールを高級順に並べたランク表【随時更新】

シマノリールを高級順に並べたランク表【随時更新】

ダイワEM MSの魅力 - 2023年現在でも買うべきか?

ロックフィッシュを始める人必見!スピニングリールはフィールドシーンで選ぶ!

ダイワスピニングリールのメンテナス方法は!?基本的なやり方をご紹介します

シマノスピニングリールのメンテナス方法は!?基本的なやり方をご紹介します

新着記事

堤防でフカセ釣りをする際に必要なアイテムと注意すべきこととは?

釣れる名作クランクベイト30選|全国で釣果を上げる実力派のクランクはこれ!

冬のナマズ釣りを徹底解説!居場所やおすすめルアー、アプローチ方法を知ろう!

ワッキーリグを徹底解剖|使い方や刺し方、おすすめのワーム・フックなどをご紹介

釣り針用のシャープナーはこれがおすすめ!正しい使い方や選び方もご紹介

フカセ釣りの【コツ】について考える。常に結果を残す人とそうでない人の差は何なのか?