アジングリールはシマノで決まり!シマノリールの特徴とおすすめ機種をご紹介!

作成:2021.07.26更新:2021.08.20

「アジングリールはシマノで決まり!」なんて仰々しいタイトルを付けてみましたが、正直な話をすると僕はリールはどこのメーカーのモノでも自分が気に入ればそれで良いと思っています。メーカーによって特色が違いますから、合う合わないの問題は必ず出てきます。そう思いながらも僕は持っているリールの9割以上がシマノと大のシマノ好きなので、今回はシマノのアジングリールの魅力とおすすめのリールをご紹介したいと思います。

シマノリールの特徴

シマノリールの強み、そして良くないところをご紹介します。

滑らかな巻き心地

非常に滑らかかつシルキーな巻き心地はシマノリール最大の魅力と言って良いでしょう。何とも表現し難い高級感のある巻き心地、これは他メーカーと比べて頭一つ抜けていると感じます。

ドラグの滑り出しの良さ

アジングでは非常に大事なドラグ性能。シマノのリールは滑り出しが非常に滑らかで、フッキング時や魚が急に暴れた時にラインブレイクを防いでくれます。他メーカーと比べてもドラグの滑り出しはピカイチですが、滑り出すと止まらない「粘りの無さ」を感じることもあります。粘り強いドラグが好みの方は、他メーカーのリールを選ぶか、グリスで調整すると良いでしょう。

抜群の飛距離

シマノのアルテグラ以上のリールに搭載されているロングストロークスプールは、飛距離UPをサポートしてくれます。0.6g以上のジグヘッドであれば飛距離が伸びているのが体感できます。※個人の感じ方や使い手の技術にもよると思います。

「あと1m先に落としたい」そう思っても届かなかったポイントでも、ロングストロークスプール搭載のリールなら届くかもしれませんよ。

基本的には全てのパーツが取り寄せ可能

多くの方には関係ありませんが、自分でオーバーホールをする方には非常に大きな問題です。ダイワリールはギアや一部パーツの取り寄せが出来ないので、自分でオーバーホールが出来ません。シマノリールは基本的にはほぼ全てのパーツが取り寄せできるので、技術さえあれば自力でオーバーホールが出来ます。僕がほぼシマノのリールしか使わないのは、シマノのリールはパーツ確保が出来るからなのです。

ラインローラーは微妙

ラインローラーの性能は良くありません。ハイエンド機種のステラやヴァンキッシュでさえ、アジングに使う軽量ジグヘッドではラインローラーが回転しないことが珍しくありません。突き詰めた性能を求めるなら社外品に交換することをおすすめします。※社外品を装着するとメーカーのアフターサービスを受けられなくなる場合があります。

アジングにおすすめのシマノリール!2021年秋冬新製品を見逃すな!

アジングにおすすめのシマノリールをご紹介します。2021年の秋冬新製品は必見です。

セドナ

アジングに必要な基本性能をしっかりと有していることに加え、シルキーな巻き心地でガタやノイズも少ないです。コストパフォーマンスに非常に優れたリールです。

ナスキー

2021年秋冬新製品です。ナスキーにも遂にねじ込みハンドルが搭載。更にこれまではS字カム構造だった内部の構造がクロスギア構造に変更、つまり上位機種と同じ構造になったという事です。サイレントドライブも搭載されたので余計なガタツキやノイズも少なくなるでしょう。実際に触ってみるまでは何とも言えない部分もありますが、非常にコストパフォーマンスに優れたリールだと思います。

ソアレXR

2021年秋冬新製品です。名前は変わりましたがソアレCI4+の後継機になります。以前別の記事で「次にソアレシリーズがモデルチェンジされたときに500番サイズがラインナップされるのか、されないのか。注目です。」と書きましたが、500番はラインナップされませんでしたね。

ソアレXRのベース機種はヴァンフォードでしょう。大きな違いはドラグで、ソアレXRにはリジッドサポートドラグとハイレスポンスドラグが搭載されています。リジッドサポートドラグが搭載されていることで、滑り出しは格段に滑らかになりますから、個人的にはそれだけでもヴァンフォードとの差額を出す価値は十分にあると思います。ハイレスポンスドラグは触ったことがないので何とも言えませんが、急激にドラグが滑ったときに設定以上の負荷が掛かるのを抑える、つまり魚が急に走った時やフッキングの際にドラグが滑らかにしっかりと滑り出すよう設計されているようです。個人的には滑り過ぎで魚を寄せるのに時間が掛かったり、好き勝手に走り回られたりしないかどうかが気になります。

おそらく軽量でハイレスポンス、ドラグの滑り出しと巻き心地は滑らかでノイズが少ないリールに仕上がってくるでしょうから、2万円程度でアジングリールを探している方なら買いでしょう。新型コロナウイルスの影響を受け、発売時期が未定となっていますが待つのは大いにアリだと思います。

ヴァンキッシュ

シマノのクイックレスポンスシリーズのハイエンド機種で、ジグヘッド単体のアジングにおいては世界最高峰の性能を誇ります。ヴァンキッシュに関してはこれ以上の説明は要らないでしょう。

シマノリールでアジングを楽しもう!

非常に滑らかな巻き心地とドラグの滑り出しが魅力的なシマノリール。使ったことがない方は1度使ってみると新たな世界が見えるかもしれませんよ!

この記事を書いた人

マルチアングラー
キノピー

 アジ、アオリイカ、メッキ、カマス、アカハタ、オオモンハタ、ヒラスズキ、メバル、アジング、エギング、ライトワインド、ハードロック、南紀(和歌山県)

その他の記事

コスパが高いアジングリールの選び方!価格別アジングリールを選ぶときに見るべきポイント

アジングリールを選ぶ際、コスパが高いリールが良い。そう思う方は多いのではないでしょうか?今回はコスパが高いアジングリールの選び方について解説します。

公開:2021.07.13 / 更新:2021.08.20

アジングリールには500番サイズが次世代の常識となる!?

シマノのスピニングリールにラインナップされている500番サイズ。実はこの500番というサイズはアジングの為に作られているんだとか...今回は500番サイズをアジングで使う事について深堀りしていきます。

公開:2021.07.06 / 更新:2021.08.20

釣れるおすすめアジングワームの選び方・誘い方と、意外と重要な収納ケース

アジングで使うワームの選び方とおすすめワームを紹介し、釣れる誘い方を解説。また意外と差のつくアジングワームの収納ケースも紹介します。

公開:2020.03.17 / 更新:2021.08.20