「釣りガール」見たことある?

気になる釣りガール達の生態に迫る

シマノ

ナスキー

SHIMANO - NASCI

ナスキーはシマノのスピニングリールの低価格帯に位置するリールで、非常に安価でありコストパフォーマンスが高いことから、入門者を中心に人気があります。そんなナスキーは2007年に発売が開始されました。2010年に発売された10ナスキーにはAR-Cスプールが搭載され、飛距離UPとライントラブル防止の面で大きく性能UPしました。その後13ナスキーを経て、現行モデルである16ナスキーに至ります。16ナスキーは実売価格で1万円前後と非常に安価でありながら、Xシップ・コアプロテクト・HAGANEギア・Gフリーボディなど、様々なテクノロジーが搭載されており、高い防水性、滑らかな巻き心地が実現されています。ナスキーはこれから釣りを始めたい方や、セットものやワゴンリールから卒業したい方におすすめの初心者向けのリールです。 

ナスキーの歴代別
スペック

SPEC

  • 21ナスキー
  • 18ナスキー
  • 16ナスキー
品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格

搭載機能・機構

  • HAGANEギア
  • X-SHIP
  • サイレントドライブ
  • コアプロテクト
  • Gフリーボディ
  • AR-Cスプール

HAGANEギア

硬く、粘り強さを兼ね揃えた、シマノを代表する高性能のギアです。ギアの緻密さは、リールの巻き心地に大きく関わります。ギア同士のかみ合わせの正確さは勿論のこと、小さい部品であるが故の耐久性も求められます。シマノでは金属の塊を約200トンもの力で圧縮することでギアを生成しますが、その際にミクロン単位の精密な設計が行える技術を持っています。そのため圧縮後の細かい切削加工は一切不要であり、より強度の高いギア...を作り上げることができます。滑らかな巻き心地と強い耐久力を持つ「HAGANEギア」はシマノが誇る技術力の一つです。

X-SHIP

リールを回転させる駆動ギアの仕組みを見直し、より精度の高いバランスとパワーを兼ね揃えた設計です。大きな違いは、従来のモデルよりもギアを太くする事によってギアの精度を向上させたことです。ギアは太いほど力強く、噛み合わせもしっかりとしたものになります。またその太くなったギアの配置位置を最適な所に見直す設計する事で、太くても爽快なリーリングが保たれています。この頑強なギアの噛み合わせ・ギアの最適配置こそ...が、負荷に強く、気持ちの良い巻き心地を実現する仕組みです。

サイレントドライブ

サイレントドライブは、上位機種に採用されているマイクロモジュールギアⅡと連動する機構で、マイクロモジュールギアⅡの精緻なドライブモジュールの配置、固定構造から、ボディ全体の基本構造、影響を受ける駆動関連部品全ての関係性を見直し、部品間の微細なガタや隙間、揺れを完全に解消する構造です。対象部品は、ドライブギア、ウォームシャフト、ウォームシャフトピン、ウォームシャフトギアなど多岐にわたり、よりなめらか...な回転性能と静粛性を発揮します。ステラ、ステラSW、ヴァンキッシュ、ツインパワー、ヴァンフォード、ストラディック、ストラディックSWに採用されてます。

コアプロテクト

コアプロテクトとは、シマノのリールの防水機構のひとつのことで、水の侵入経路となりうる隙間にあたるパーツに撥水加工を施し、パーツに触れた水の接触角を100°を超えるようにすると、水が大きな水玉になります。この大きな水玉がシールドの役目をすることで、そこよりも奥への水の浸入を防ぎます。この撥水加工とは、金属表面にフッ素皮膜を作ることですが、方法は塗装、メッキ、スパッタリング、プラズマ処理(イオンプレー...ティング)など、様々な方法があります。コアプロテクトの撥水処理の方法は非公開により明かされていませんが、真空中のイオンプレーティングによるフッ素皮膜形成処理と推測されます。弱点は、水が蒸発してしまうと、残留塩分や細かいホコリなどが入りやすくなってしまうことです。

Gフリーボディ

ボディ内の部品の位置を変える事で、タックルの重量バランスを大幅に改善した設計手法です。そもそもリールはロッドと組み合わせなければ使用できない物なので、ロッドとのバランスが考慮されたリール設計が重要です。Gフリーボディは、「ウォームシャフト(ハンドルの回転をスプールの上下運動に切り替えるギア部品)」をロッド側に配置させる事で、タックル全体の重心バランスが安定しやすくなりました。これによりキャスト時の...疲労を軽減することができるため、幾度もキャストを繰り返すような釣法には有り難い機能です。

AR-Cスプール

AR−Cスプールとは、「All Round-Cast」スプールの略で、飛距離を確保しつつ、ライントラブルを激減させるラインの出方をさせる工夫がなされたスプールです。スプールの形状は、例えば飛距離が最優先事項のサーフキャスト専用リールなどは、スプールの手前側から先に向かって径が細くなる「順テーパー」、飛距離よりもライントラブルレス重視の磯フカセ用リールなどは、逆テーパーが良いとされています。AR-C...スプールは、スプール前ツバのリングに特殊な形状を与え、キャスト時のライン放出の際、ラインが適度にスプールエッジにあたり、整流効果を発揮し、飛距離に影響を与えずにライントラブルを軽減するスプールです。

品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格

基本情報

ボディ
高強度樹脂素材
ローター
高強度樹脂素材
スプールリング
  • アルミ素材
  • アルマイト表面処理
ラインローラー
メッキ表面処理
ハンドル
  • アルミ素材
  • キャップ固定式取付
ドラグノブ
樹脂素材
ピニオンギア
超高強度真鍮素材
ドライブギア
HAGANE素材

搭載機能・機構

  • X-SHIP
  • コアプロテクト
  • ウォータープルーフドラグ

X-SHIP

※ 500番は非搭載

リールを回転させる駆動ギアの仕組みを見直し、より精度の高いバランスとパワーを兼ね揃えた設計です。大きな違いは、従来のモデルよりもギアを太くする事によってギアの精度を向上させたことです。ギアは太いほど力強く、噛み合わせもしっかりとしたものになります。またその太くなったギアの配置位置を最適な所に見直す設計する事で、太くても爽快なリーリングが保たれています。この頑強なギアの噛み合わせ・ギアの最適配置こそ...が、負荷に強く、気持ちの良い巻き心地を実現する仕組みです。

コアプロテクト

※ 搭載箇所:ボディ

コアプロテクトとは、シマノのリールの防水機構のひとつのことで、水の侵入経路となりうる隙間にあたるパーツに撥水加工を施し、パーツに触れた水の接触角を100°を超えるようにすると、水が大きな水玉になります。この大きな水玉がシールドの役目をすることで、そこよりも奥への水の浸入を防ぎます。この撥水加工とは、金属表面にフッ素皮膜を作ることですが、方法は塗装、メッキ、スパッタリング、プラズマ処理(イオンプレー...ティング)など、様々な方法があります。コアプロテクトの撥水処理の方法は非公開により明かされていませんが、真空中のイオンプレーティングによるフッ素皮膜形成処理と推測されます。弱点は、水が蒸発してしまうと、残留塩分や細かいホコリなどが入りやすくなってしまうことです。

ウォータープルーフドラグ

ドラグノブに水の侵入を防ぐパーツが装備されているものです。ドラグノブとスプールの間には微妙に隙間があり、ドラグを緩めていたりすると、そこからの浸水を許してしまう可能性があります。これが、サビの原因や劣化、結果としてリール機能の低下を招いてしまいます。そこで、ドラグノブの裏側にゴム製のシールを設置する事で、ドラグノブからの水の侵入を防ぐ事ができるようになっています。雨天であったり、水しぶきを浴びても...内部まで水が入り込みにくい工夫がなされています。

品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格

基本情報

ボディ
高強度樹脂素材
ローター
高強度樹脂素材
スプールリング
  • アルミ素材
  • アルマイト表面処理
ラインローラー
メッキ表面処理
ハンドル
  • アルミ素材
  • キャップ固定式取付
ドラグノブ
樹脂素材
ピニオンギア
超高強度真鍮素材
ドライブギア
HAGANE素材

ナスキーのライバル
比較対象モデル

RIVAL

サハラ

シマノのロゴ

ナスキーの1ランク下に当たるリールです。ナスキーとの違いは防水機構「コアプロテクト」が搭載されているか、いないかです。それ以外はパーツ構成もほぼ同じ、自重は全番手で同じであり使い心地の面で大差はありません。使い心地に大差はありませんが、防水性能はナスキーの方が高いので、耐久性重視の方はナスキーがおすすめです。しかしきちんとメンテナンスすればサハラでも十分なので、きちんとメンテナンスできる方は価格が安い分サハラの方が良いでしょう。

クレスト

ダイワのロゴ

2020年にモデルチェンジし、前モデルより大幅に性能UPしました。大幅に軽量化され、巻き心地も良くなりました。自重だけ見ればナスキーよりも軽量です。しかし巻き心地はナスキーに及ばないうえに、ボディ剛性が低く、負荷が掛かると激しくたわむのでPEラインの使用には向きません。細いモノフィラメントラインを使うライトゲーム以外での出番はないでしょう。

レガリス

ダイワのロゴ

ナスキーに比べ軽量で、レスポンスも良いです。アジングやメバリングなどのライトゲームでは、ダイワに所属していないプロが絶賛するほどの性能を持っています。軽量、ハイレスポンスで巻きも軽いとライトゲームに求められる性能が備わっており、ライトゲームに関してはこの価格帯のリールでは最強でしょう。しかしボディ剛性が非常に低いのでPEラインを使用する釣りには向かないという事も頭に入れておいてください。

メーカーTOPへ