スイムジグの最適な巻きスピードは?釣果を高めるレンジコントロールを解説

作成:2023.05.23更新:2023.06.09

デカバスハンターとして有名なスイムジグですが、あまり扱うのが得意ではないという方も多いのではないでしょうか?と言いますのもスイムジグは他のルアーと比べてレンジの調整がオートマチックではありません。

他のルアーであれば大体何メートルまで潜るということが明記されていますのでそこまでレンジを微調整するということもないでしょう。しかしスイムジグは巻きスピードを調整し、一定のレンジをキープさせなければならないため他のルアーよりもやや難易度が高くなってしまうのです。

そこで今回はそんなスイムジグのレンジコントロールについて巻きスピードやヘッド形状などを踏まえて解説していきます。

スイムジグとは?

スイムジグとは別名スイミングジグやスコーンリグとも呼ばれるルアーで、ラバージグにシャッドテールワームを付けてただ巻きで使うことが多いです。他のルアーよりもアピール力が低いという欠点はありますが、その分ナチュラルに誘うことができるためルアーを嫌うナーバスな個体に対して非常に効果的で、プレッシャーが高いフィールドでも重宝されています。

スイムジグのレンジコントロール

スイムジグは巻きスピードを変化させることで様々なレンジをトレースすることができるため一概にどのくらいの巻きスピードが最適とは言い難いルアーになります。一体どんなレンジを攻めたいのかによって巻きスピード・ヘッド形状・ルアーウエイトを変えていくのが良いでしょう。

今回は巻きスピード・ヘッド形状・ルアーウエイトの3つに絞ってレンジコントロールのコツを解説していきます。

①:巻きスピード

スイムジグのレンジコントロールでは巻きスピードを1キャストごとに変化させて最適な巻きスピードを探していく作業が必要になってきます。まず毎回のキャストの基準点を同じにするため絶対にスイムジグが着底してから巻き始めるようにしましょう。

ボトムに完全に着底したらゆっくりと巻き初めて、ウィードに強くスタッグする感覚があれば次のキャストでより巻きスピードを上げてリトリーブしていきます。

その後キャストを続けていくと段々とウィードのスタッグ感がなくなってくると思いますので、そのウィードのスタッグ感がギリギリなくなるラインこそがそのスポットでの最適な巻きスピードとなるのです。

②:ヘッド形状

巻きスピード以外にもヘッド形状を使い分けることでよりレンジコントロールが行いやすくなることも覚えておきましょう。スイムジグのヘッド形状はフラット型・三角錐型・フットボール型の3つに分かれており、それぞれ攻めやすいレンジが異なってきます。

フラット型は水の抵抗を最も受けるため浮き上がりやすく、その分トップ~シャローレンジをキープすることに向いています。一方でフットボール型は前傾姿勢になりやすいためディープ~ボトムギリギリをキープしやすい形状と言えるでしょう。

三角錐型はすり抜け性能が高いため、ウィードの上ギリギリを通すようなレンジコントロールをしたい場合に有効になってきます。この3種類を使い分けることで巻きスピードを可変させずにレンジを変化させることができるのです。

③:ルアーウエイト

巻きスピードやヘッド形状以外にもルアーウエイトを最適化することでよりレンジコントロールがしやすくなります。ウエイトとレンジの関係としては、トップ~シャローエリアであれば5~7g、ミドルレンジであれば8~10g、ディープ~ボトムであれば11g以上が最適なウエイトチョイスと言えます。

しかしこれはあくまでも基準であり、巻きスピードやヘッド形状によって大きく変わってしまうという点は注意が必要です。

バス釣りにおすすめのスイムジグ3選

これからスイムジグを始めたい方におすすめのラバージグとトレーラーワームを3つ厳選してご紹介します。スイムジグ選びに迷った方はぜひ参考にしてみてください!

ラバージグ編

【レイドジャパン】ヘッドスライド

対カバーにぜひ使っていただきたいスイミング用ラバージグです。障害物へのすり抜け力を考慮してヘッド形状やワイヤーガード、ラインアイを最適化しているため、ウィードや浮き草、立木などをタイトに攻めやすくなっています。

ウエイト展開は4種類でトップからシャローエリアには5g,7g、ミドルからディープエリアには9,11gを基準に選んでいただくのが良いでしょう!

レイドジャパン ヘッドスライド

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【ザップ】PDチョッパー

ヘッドがフラット形状になっており、巻き抵抗が強く感じられるラバージグとなっています。巻き抵抗が強いことでレンジのコントロールが行いやすく、スイムジグで一定のレンジをキープするのが苦手という方にもおすすめだと言えるでしょう。

またPDチョッパーはヘッド形状やラバーの素材によって8シリーズに分かれており、加えてラトルチューンや暴れ神セッティングなど改造も豊富になっています。自分だけのオリジナルな組み合わせやチューニングを見つけてみてはいかがでしょうか?

ザップ PDチョッパー

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【デプス】ハイパーフットボールジグ

スイムジグをやるならこれ!と激推しする方も多いほどに大人気のラバージグです。ヘッドがフットボール形状になっていることで水平姿勢を保ちやすく、浮き上がりを抑制する効果を持っています。そのためレンジコントロールが非常に行いやすく、ディープエリアをキッチリ攻めたい時にもおすすめのスイムジグです。

デプス ハイパーフットボールジグ

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

トレーラーワーム編

【レイドジャパン】フルスイング4inch

フルスイングはパワフルなスイミング・キャストアビリティ・針持の良さが魅力のシャッドテールワームです。スイムジグと組み合わせることでより高いロングディスタンス能力を発揮し、他のルアーでは届かなかったよりロープレッシャーなスポットをトレースすることも可能になります。

また、全身をくねくねと揺らすダイナミックなアクションによってスイムジグの欠点とも言えるアピール力の低さを払拭してくれることもフルスイングの大きな魅力と言えるでしょう。

レイドジャパン フルスイング

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【ジャッカル】アンモナイトシャッド4.5inch

ボリューム感のあるボディと高波動なテールアクションが魅力のシャッドテールワームです。マテリアルはシャッドテールワームの中でもやや硬めに設定されており、強い衝撃を加えても身切れがしにくくなっています。

ボディの中央にはラトルを入れるスペースが設けられており、別売りのラトルと組み合わせることでスイムジグでは出せない音でのアピール力強化も可能です!

ジャッカル アンモナイトシャッド

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【ケイテック】スイングインパクトファット4.3inch

古くから釣れるシャッドテールワームとして知られるスイングインパクトのワイドモデルです。スイムジグとの相性が抜群で、強い横振りのテールアクションとボディのロールによって遠くからでもバスを惹きつけてくれます。

考え抜かれたこだわりのディティールと全身から放つイカフレーバはプレッシャーの高いフィールドのバスにも有効で、賢いバスを攻略したい時にもおすすめのワームと言えるでしょう。

ケイテック スイングインパクトファット

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo


合わせて読みたい

スイミングジグのおすすめを厳選!選び方からトレーラー、タックルまで細かく解説

スイムジグは巻きスピードが最大のキモに!

今回はスイムジグのレンジコントロールのコツについて巻きスピード・ヘッド形状・ウエイトの3つの視点で解説していきました。スイムジグは1つで幅広いレンジを通すことができる万能なルアーになりますが、その分巻きスピードの微調整が必須になってきます。

ぜひ今回紹介した3つの項目を意識しながらスイムジグのキモとも言えるレンジコントロール力を高めてみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい

スイムジグにおすすめのタックルを解説!最適なロッド・リール・ラインでスイムジグを快適に


合わせて読みたい

スイムジグとスコーンリグの違いは?特徴や使い方、トレーラーに何か違いはある?

記事中の紹介グッズ一覧

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

レイドジャパン ヘッドスライド

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

デプス ハイパーフットボールジグ

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

ザップ PDチョッパー

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

レイドジャパン フルスイング

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

ジャッカル アンモナイトシャッド

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

ケイテック スイングインパクトファット

この記事を書いた人

バス釣り一筋丸10年
木村玄

 バス、たまにうなぎ、巻物、サイトフィッシング、フィネス、霞ヶ浦・北浦 野池・川・ダム(茨城県)

合わせてよく読まれる記事

バス釣りアングラーが持つべきプライヤーは?多様な機能が付いているオススメプライヤーをご紹介

バス釣りのカバー攻略は直リグが最適!?直リグを使う利点や作り方、使い方まで徹底解説!

バス釣りで一番釣れるリグはノーシンカー!?スレバスでも釣れるノーシンカーは絶対に覚えよう!

バス釣りで使うシンカーを種類ごとにご紹介!バス釣りをするなら知っておくべきシンカーの基本!

バス釣りに最適な格好は!?春夏秋冬シーズンごとに最適な釣り格好を徹底解説!

バス釣りを虫系ワームで攻略!虫系ワームの動かし方からコツ、オススメまで徹底解説!

「バス釣り」関連の記事

最強ラバージグトレーラーのおすすめ20選!用途別の選び方や正しい付け方も解説!

スピナーベイトの使い方4つを徹底解剖!季節ごとのアクション法や使い分けも解説

【バス釣り】テキサスリグのワーム18選!付け方やおすすめ製品をご紹介!

釣れる名作クランクベイト30選|全国で釣果を上げる実力派のクランクはこれ!

釣り針用のシャープナーはこれがおすすめ!正しい使い方や選び方もご紹介

ワッキーリグを徹底解剖|使い方や刺し方、おすすめのワーム・フックなどをご紹介

「ブラックバス」関連の記事

山中湖のバス釣りのルールをおさらいしよう!【2023年最新】

バス釣りカバー撃ちのコツを伝授!カバー撃ち向けタックルも紹介

バス釣り・レイダウン攻略のためのタックル・ルアー・アクション

デカバスの釣り方(サイトフィッシング編) in 関東ハイプレッシャーレイク

夏バス釣りの虫パターンを決める法則とは?観察すべき現場のアレ

デカバスが釣れるおすすめルアー&ワームを紹介!関東近郊バサーも大物に挑戦

新着記事

堤防でフカセ釣りをする際に必要なアイテムと注意すべきこととは?

冬のナマズ釣りを徹底解説!居場所やおすすめルアー、アプローチ方法を知ろう!

フカセ釣りの【コツ】について考える。常に結果を残す人とそうでない人の差は何なのか?

アラバマリグの小型モデルおすすめ5選!野池でも使いやすいコンパクトアラバマを紹介

ドライブスティックスティックのバックスライドが釣れる!エビ跳ねアクションが喰わせのキモ!

【名作】イモグラブの釣れる使い方を解説!特徴や最適なフック、使いどころなど