シマノのレバーブレーキリール全種類を価格順に解説!

作成:2021.06.01更新:2021.06.01

 BB-XハイパーフォースC3000DTYPE-GSRIGHT

シマノのレバーブレーキが採用されているリールは、全部で7種類!

2021年現在、レバーブレーキシステムが採用されているシマノの現行リールは下記の7種類です。

ダイワとは異なり、特殊な釣法(ヤエンやタチウオジギングなど)に特化したレバーブレーキリールのラインナップはありません。それでは順番に見ていきましょう。

16 BB-X ラリッサ(2万円前後)

シマノ「16 BB-X ラリッサ 2500DXG」amazon.co.jp「16 BB-X ラリッサ 2500DXG」

シマノのレバーブレーキリールのエントリーモデルです。HAGANEギア・Xシップ・コアプロテクトなど、シマノを代表するテクノロジーは一通り搭載されているため、フカセ釣りを楽しむうえで必要な性能は全て備わっています。これから磯でのフカセ釣りにチャレンジしていきたいという方におすすめです。

16 BB-X デスピナ(3万円前後)

シマノ「16 BB-X デスピナ 2500DHG」amazon.co.jp「16 BB-X デスピナ 2500DHG」

ラリッサよりワンランク上のレバーブレーキリールです。剛性が高いアルミボディでありながら、軽量であるマグナムライトローターが搭載されているため、レスポンスの良さが魅力です。 また、セロフケテンションレバーが搭載されているため、強風などによる糸フケの発生を軽減してくれます。より効率的な釣りを求めるフカセ釣り初級者〜中級者におすすめです。

15 BB-X RINKAI SP(4万円前後)

シマノ「15 BB-X RINKAI SP 1700DXG」シマノ「15 BB-X RINKAI SP 1700DXG」

チヌ専用の小型レバーブレーキリールで、チヌフカセで常用される細糸対応の1700DXGをベースとしたモデルです。1700番というコンパクトさに加え、CI4+ボディ・マグナムライトローターが搭載されていることで、超軽量に仕上がっています。チヌフカセを楽に、軽快に楽しみたい方におすすめのリールです。

20 BB-X ハイパーフォース(4万円前後)

シマノ「20 BB-X ハイパーフォース C2000D XXG」シマノ「20 BB-X ハイパーフォース C2000D XXG」

この辺りのグレードになると、大型魚相手でも安心してファイトできるスペックを装備しています。2020年に発売された「BB-X ハイパーフォース コンパクトモデル」は、その名の通り軽量モデルとなっており、「15 BB-X RINKAI SP」を上回るスペックを誇っています。BB-X ハイパーフォースは初心者から上級者まで、全ての磯釣り師におすすめなレバーブレーキリールです。

18 BB-X レマーレ(4〜5万円)

シマノ「18 BB-X レマーレ 5000D HG」シマノ「18 BB-X レマーレ 5000D HG」

大型レバーブレーキリールとして2012年に誕生したBB-X レマーレは、強烈なパワーを持つ巨大尾長、走り回る良型青物、凄まじいトルクで根に潜ろうとする巨大根魚を獲るために作られた専門的なリールです。防水機構は最強のXプロテクトが搭載され、荒磯でも安心して使うことができます。BB-Xレマーレは磯を舞台に大型魚と戦うアングラーにおすすめのリールです。

16 エクスセンス LB(6〜7万円)

シマノ「16 エクスセンス LB C3000MXG」シマノ「16 エクスセンス LB C3000MXG」

エクスセンスといえば、シマノが誇るシーバス専用機です。そのエクスセンスにレバーブレーキが搭載されたものがこのリールです。専用設計である「エクスブレーキ」により、急激なブレーキ力の変化を防げるため、じわじわと確実にシーバスにプレッシャーを与えることができます。もちろん、シーバスフィッシング上級者向けの1台です。

15 BB-X テクニウム(7〜8万円)

シマノ「15 BB-X テクニウム 2500DXGS LEFT」シマノ「15 BB-X テクニウム 2500DXGS LEFT」

シマノのレバーブレーキリールの中で一番高価なものです。シマノ独自の超防錆処理である「E.I.」や汚れの付着を大幅に抑える撥水防汚処理「バリアフィニッシュ」など、ごく限られたリールにしか搭載されていないテクノロジーまで搭載されています。グレに全てを懸ける磯釣りエキスパートのためのリールと言えます。

シマノのレバーブレーキリールは選択しやすい

シマノのレバーブレーキリールは価格による性能の違いが顕著であるため、自身のレベルや目的に応じたものが選択しやすい印象です。とはいえ、実際に購入を検討されている方は、シマノだけではなく、ダイワのレバーブレーキリールとの比較もしてみると良いでしょう。そちらは別の記事にまとめていますので、参考にしてみて下さい。

この記事を書いた人

やぎのプロフィール写真

ブラクリ名人
やぎ

 メバル、青物、タチウオ、シーバス、アオリイカ、メバリング、エギング、ライトショアジギング、穴釣り、三浦半島・三崎周辺(神奈川県)、富津市(千葉県)、館山市(千葉県)


シェア
はてなブックマークロゴ
feedlyロゴ

ダイワのレバーブレーキリール全種類を安い順に紹介!

ダイワのレバーブレーキには様々な種類がありますが、特殊な釣法用に開発をされているため安くはありません。そんな新しい釣りにチャレンジする方のために、ダイワのレバーブレーキリールの全種類を紹介致します。

公開:2021.06.01 / 更新:2021.06.01

 合わせて読みたい 18鏡牙LBDのデザイン

シマノスピニングリールのメンテナス方法は!?基本的なやり方をご紹介します

スピニングリールはその機能を保つためにメンテナンスが必須です。この記事では、シマノのリールをお持ちの方がご自身で分解、メンテナンスを行う際に必要な情報をご紹介します。

公開:2021.05.21 / 更新:2021.05.21

 合わせて読みたい シマノのリールの分解写真

【2021年最新】シマノのスピニングリール新製品情報

2021年発売のシマノのスピニングリールを全て紹介していきます。前作のモデルとの違いに注目して紹介をしていきますので、シマノのスピニングリールを検討されている方は是非チェックをしてみて下さい。

公開:2021.01.29 / 更新:2021.05.26

 合わせて読みたい シマノ公式のロゴ 出典: シマノ公式

ダイワとシマノのスピニングリールの違いを徹底比較!【2021年最新】

ダイワとシマノは日本の釣り市場を牽引する大手メーカーではありますが、スピニングリールにおける違いはどのようなところにあるのでしょうか。

公開:2020.11.04 / 更新:2021.03.19

 合わせて読みたい ダイワとシマノの比較

シマノの「コアソリッド」と「クイックレスポンス」の違いを解説

「コアソリッドシリーズ」と「クイックレスポンスシリーズ」。この2つの違いについて、釣り初心者でも簡単に理解できるように徹底解説をしてきます!

公開:2020.07.29 / 更新:2021.05.21

 合わせて読みたい コアソリッドVSクイックレスポンス

シマノリールを高級順に並べたランク表(2021年最新版)

シマノのリールをモデルごとに値段で平均し、モデル別のランク表として紹介しています。近年注目を集めているツインパワーSWのランクは全体で何位に…?

公開:2020.07.25 / 更新:2021.04.08

 合わせて読みたい 17アルテグラ1000と18ストラディックSW5000XG