シマノ

BB-X レマーレ

SHIMANO - BB-X-REMARE

BB-Xレマーレはシマノの大型レバーブレーキリールとして2012年に発売されました。BB-Xレマーレは、強烈なパワーを持つ巨大尾長、走り回る良型青物、凄まじいトルクで根に潜ろうとする巨大根魚を獲るために作られたリールです。全番手で1巻き104㎝と巻き上げスピードが速いのが特徴で、仕掛けの回収はもちろん、根の近くで掛けた魚を一気に引き剥がす性能にも長けています。ブレーキには、本来1点でしか掛けていないローター部のブレーキを2点で挟み込むようにかけることで、最大ブレーキ力のアップと耐久性のアップを実現した「Wハイパーブレーキ」が搭載され、大型魚が相手でも力で止められる設計になっています。Wハイパーブレーキが搭載されているのは、現時点ではレマーレのみです。防水機構は最強のXプロテクトが搭載され、荒磯でも安心して使うことができます。BB-Xレマーレは磯を舞台に大型魚と戦うアングラーにおすすめの1台です。

BB-X レマーレの
スペック

SPEC

  • 18BB-X レマーレ
品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格

基本情報

ボディ
アルミ素材
ローター
CI4+素材
スプールリング
  • ステンレス素材
  • SWバリアコート表面処理
ブレーキレバー
アルミ素材
ハンドル
ネジ込式取付
ピニオンギア
超高強度真鍮素材
ドライブギア
HAGANE素材

搭載機能・機構

  • S A-RB
  • X-SHIP
  • Xプロテクト
  • ワンピースベール
  • Wハイパーブレーキ
  • ゼロフケテンションレバー

S A-RB

特殊な防錆処理が施されたベアリングです。リールにおいて、回転部に必ず入っているパーツが「ベアリング」です。この部品のおかげで、ハンドルの回転を滑らかにしたり、ラインローラー部ではラインの巻き取りをスムーズにする事ができます。この巻き心地に関わる重要な部品は非常に繊細で、少し水が入り込むだけも錆びやすいです。S A-RBというものは、特殊防錆処理をベアリング自体に施すことで、錆びに対する耐久性が大幅...にアップしているため、リール自体を長持ちさせることに繋がります。

X-SHIP

リールを回転させる駆動ギアの仕組みを見直し、より精度の高いバランスとパワーを兼ね揃えた設計です。大きな違いは、従来のモデルよりもギアを太くする事によってギアの精度を向上させたことです。ギアは太いほど力強く、噛み合わせもしっかりとしたものになります。またその太くなったギアの配置位置を最適な所に見直す設計する事で、太くても爽快なリーリングが保たれています。この頑強なギアの噛み合わせ・ギアの最適配置こそ...が、負荷に強く、気持ちの良い巻き心地を実現する仕組みです。

Xプロテクト

※ 搭載箇所:ラインローラー

Xプロテクトとは、シマノの防水機構である、「コアプロテクト」の非接触防水機構の進化版です。コアプロテクトの撥水処理による水の浸入防止に加え、中・小型リールの場合は、水の経路を何度もクランク状に折れ曲がるラビリンス構造により、水がギア内部まで入れない構造にしてあります。大型リールの場合は、この構造に加え、撥水グリスを封入した物理的なシールド加工も施されています。Xプロテクトは撥水機能がなくならない限...りは原則メンテナンスフリーで、オイル等の注油は禁止されています。シマノ純正の特殊撥水グリース「DG-18」のみ使用が許可されています。

ワンピースベール

※ 材質:ステンレス

ベールとラインローラー部を一体化させることにより、強度と滑らかさを実現した技術です。一般的に、部品は一つにまとまっていた方が強度が増します。また、ラインが接触する部分には滑らかさが求められるため、部品同士の繋ぎ目が無い「ワンピース構造」が良いとされています。ベールにおいては、ラインローラーの接続部がダイレクトにラインが接触する箇所となります。本来ベールとラインローラー部は別々の部品ではありますが、...ここを一体化させることによって、リーリング時のラインの絡まりを大幅に軽減し、ベール自体の強度が増加しました。

Wハイパーブレーキ

Wハイパーブレーキは、大型のレバーブレーキ式スピニングリールに採用されている機構です。通常のレバーブレーキ式スピニングリールは、ブレーキレバーを握った状態ではローターが正回転するのみですが、ブレーキを緩めると、ラインにかかる力をいなすように、ローターが逆転してラインにが出て行きます。大型魚とのファイトで竿が伸されてしまったときに、レバーを緩めて素早くラインを出し、竿を立て直すときに便利な機構です。...この、ブレーキ使用時に、ローターを押えつけるキャリパーが外側1箇所のものが通常のレバーブレーキ、内側、外側2箇所でガッチリ挟み込んでローターを止めるものがWハイパーブレーキです。

ゼロフケテンションレバー

レバーブレーキシステムが搭載されているリールの一部に備わっている、ライントラブルを軽減させるための機能です。そもそもレバーブレーキは、ON・OFF・微調整をすることにより、魚との駆け引きの中で、竿がのされてラインブレイクをしてしまうことを防いだり、魚が急に暴れ出した際のバラし率を軽減する事ができる機能です。一方で風が強い時や夜釣りなどで手元が見えにく時にレバーブレーキをOFFにすると、ラインがフリ...ーの状態になるため、想定以上に糸が出過ぎてしまう事(糸フケ)が起こり、ライントラブルを招いてしまいます。そんな時この「ゼロフケテンション」をONにすると、レバーブレーキOFF時の逆回転に対して微妙に抵抗(テンション)をかけてくれるので、強風などによる糸フケの発生を軽減する事ができる機能です。