瞬テキで冬バス攻略!リアクションと喰わせの融合でタフなバスに超有効なリグに!?

作成:2023.02.16更新:2023.06.09

近年、厳寒期のバス攻略としてSNSやメディアで広く取り上げられている新手法の1つが「瞬テキ」です。見た目は通常のテキサスリグのような風貌ですが、一体どんな違いがあるのでしょうか?また、なぜ瞬テキが冬のバスに高い効果をもたらすのか気になる方も多いでしょう。今回はそんな方のために厳寒期の切り札とも言える「瞬テキ」について概要からセッティング、使い方、適正タックルまで徹底的に解説していきます。

低水温期の定番とも言えるメタルバイブやシャッドの中に瞬テキもプラスして、ハードルアーだけではカバーしきれないスポットまで幅広く攻略していきましょう!

瞬テキとは?

瞬テキはレイドジャパンのプロスタッフである江口俊介さんが考案したリグで、簡単に言えばファットウィップ3inchのフリーテキサスリグの構造になっています。

そんな地味な見た目をしている瞬テキですが、「根掛からないリアクションベイト」とも謳われており、低水温期にバスが溜りやすい複雑なボトムを攻略するのに打って付けと言えるでしょう。メタルバイブで攻めきれないハードボトムには瞬テキがおすすめです!

瞬テキの特徴はペグ止めがないこと!

瞬テキではバレットシンカーをフリーにすることが絶対条件です。メタルバイブのようにルアーにしゃくっりを加えた際、シンカーとラインアイがぶつかり合ってイレギュラーな動きをすることが多くなります。このアクションが食い気の少ない厳寒期のバスの捕食本能を刺激してくれるというわけですね!

そのためバレットシンカーはライン上で動きやすいチューブ内蔵のタイプを選んでいただくのが良いでしょう。

なぜ瞬テキは冬バスに効くのか?

冬の動きが鈍くなったバスはディープエリアやハードボトムに固まってきます。そんな中で瞬テキの出番となるのがハードボトムです。ゴロタやテトラ、リップラップ、杭周りといったハードボトムは根掛かり多発エリアで、メタルバイブやシャッドが使いにくくなってきます。

しかしそのようなポイントは冬にバスが潜んでいる確率が多く、根掛かりが少なく、リアクション的要素が強い瞬テキがより効果を発揮しやすくなっているのです。

瞬テキの基本アクション

瞬テキはメタルバイブと同じく「リフト&フォール」が最も有効なアクションです。リフト際は手首のスナップを使ってクイックに2回ほどしゃくり上げます。たるんだラインを弾くようなイメージというとわかりやすいかもしれません。

クイックにしゃくり上げることによってラインアイとシンカーがぶつかりやすくなり、よりイレギュラーな動きを演出できます。また、フォール時はティップを倒して、フリーにフォールさせてあげることもポイントです。フリーにフォールすることでシンカーが先に着底して、ワームのノーシンカー状態を作り出せるので、リアクションと喰わせのミックスでバスのバイトを誘発することができます!

瞬テキのセッティング

1:シンカー、フックの装着

瞬テキのシンカーウエイトに関しては2.6gをスタンダードとして使っていきましょう。その中でよりディープエリアを攻めたい時や風が強い時にはより重いウエイトにチェンジするのがおすすめです。

フックサイズに関してはファットウィップ3inchに最も適合する1/0を使いましょう!最適なフックサイズを使うことでワームのスリットにフックポイントがピッタリとはまり、より回避性能がアップします。

2:ワームをセッティング

通常のオフセットセッティングと同様にワームを付けていきます。瞬テキではラインアイを出してセッティングする方がシンカーとアイがぶつかってイレギュラーな動きを演出しやすくなるため、通常よりもラインアイの後方にワームを付けることがおすすめです!

3:完成

最後にフックの先端をワームに入れ込めば、回避性能が高い瞬テキの完成となります。

瞬テキにおすすめのワーム3選

【レイドジャパン】ファットウィップ3inch

ファットウィップは重さ・太さともにバランスが良く、瞬テキの代名詞と言えるワームです。フックポイントを綺麗に隠せるスリットを設けているので、フックがワームから浮き上がりにくく、濃いカバー周りでの瞬テキでも根掛かりを極限まで抑えてくれます。

また、5inchファットウィップの3倍のソルトを配合することで小型ながら5gの自重を確保しているため、遠くのスポットにも余裕を持って届かせてくれるキャストアビリティの高さも瞬テキで使う魅力の1つです。

レイドジャパン ファットウィップ 3インチ

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【ゲーリーヤマモト】ヤマセンコー

2~7inchまでのサイズが揃っているヤマセンコーはベイトフィッシュに合わせたサイズ感での瞬テキが可能です。抵抗が少ないボディにソルトを大量に含んだ高比重設計となっていますので、瞬テキでのキャストアビリティは申し分ないと言えるでしょう。

また、ヤマセンコーはノーシンカー状態でゆらゆらと揺れながら落ちていく生命感の高いフォールが印象的で、シンカーが着底した後の僅かな時間でもバスを誘発しやすくなっています。

ゲーリーヤマモト ヤマセンコー

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【ジャッカル】ヤミーフィッシュ

ジャッカルの赤パケシリーズの1つでワンコインで買えるほどの鬼コスパとなっています。それに加えてワームの外側は丈夫なマテリアル、内側は高比重のマテリアルと使い分けることで身切れしにくく、キャストアビリティも高いことが特徴です。瞬テキを試してみたいけど、あまりお金を掛けたくないという方はコスパ高めのヤミーフィッシュがおすすめです!

ジャッカル ヤミィフィッシュ

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

瞬テキの適正タックル

瞬テキは軽量のバレットシンカーに3inchワームという比較的ライトな組み合わせなのでM~MLのタックルとの相性が最も良いと感じましたね。ラインに関しては、リップラップやゴロタ、テトラなどのハードボトムを想定して若干太めの10-12lbあたりを選んでいただく方が余裕を持ってファイトできます。

瞬テキは常にロッドを動かす釣りですので、操作性の高さやタックルの軽量性も視野に入れて検討してみることをおススメします!

瞬テキはリアクションと喰わせをミックスした数少ないリグ

今回は厳寒期のバス釣りに活躍する「瞬テキ」について詳しく解説していきました。冬の王道とも言えるシャッドやバイブも大きな武器になりますが、ハードプラグでは攻めにくいエリアにもバスは常に潜んでいます。王道の釣りにプラスして適材適所で瞬テキを加えることで、これまででは取り切れなかった冬のバスにも手が届くことでしょう!

瞬テキであればそこまで根掛かりを恐れずにハードボトムを攻略できますので、ぜひ厳寒期の切り札として導入してみてはいかがでしょうか?

記事中の紹介グッズ一覧

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

レイドジャパン ファットウィップ 3インチ

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

ゲーリーヤマモト ヤマセンコー

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

ジャッカル ヤミィフィッシュ

この記事を書いた人

バス釣り一筋丸10年
木村玄

 バス、たまにうなぎ、巻物、サイトフィッシング、フィネス、霞ヶ浦・北浦 野池・川・ダム(茨城県)

合わせてよく読まれる記事

バス釣りで一番釣れるリグはノーシンカー!?スレバスでも釣れるノーシンカーは絶対に覚えよう!

バス釣りで使うシンカーを種類ごとにご紹介!バス釣りをするなら知っておくべきシンカーの基本!

バス釣りに最適な格好は!?春夏秋冬シーズンごとに最適な釣り格好を徹底解説!

バス釣りを虫系ワームで攻略!虫系ワームの動かし方からコツ、オススメまで徹底解説!

冬のバス釣りに超おすすめなワームは?カギはスローとリアクションの両立!?

バス釣り中級者必見!スピニングリールでオススメのミドルクラスモデルをご紹介!

「バス釣り」関連の記事

【バス釣り】ラバージグのおすすめ20選|使い方や最適なトレーラーなども解説!

【バス釣り】ラバージグの正しい使い方|覚えるべき7つのアクションとは?

ホバストにおすすめのフックは太軸?ガード付き?|付け方も丁寧に解説!

最強ラバージグトレーラーのおすすめ20選!用途別の選び方や正しい付け方も解説!

スピナーベイトの使い方4つを徹底解剖!季節ごとのアクション法や使い分けも解説

【バス釣り】テキサスリグのワーム18選!付け方やおすすめ製品をご紹介!

「ブラックバス」関連の記事

山中湖のバス釣りのルールをおさらいしよう!【2023年最新】

バス釣りカバー撃ちのコツを伝授!カバー撃ち向けタックルも紹介

バス釣り・レイダウン攻略のためのタックル・ルアー・アクション

デカバスの釣り方(サイトフィッシング編) in 関東ハイプレッシャーレイク

夏バス釣りの虫パターンを決める法則とは?観察すべき現場のアレ

デカバスが釣れるおすすめルアー&ワームを紹介!関東近郊バサーも大物に挑戦

新着記事

堤防でフカセ釣りをする際に必要なアイテムと注意すべきこととは?

釣れる名作クランクベイト30選|全国で釣果を上げる実力派のクランクはこれ!

冬のナマズ釣りを徹底解説!居場所やおすすめルアー、アプローチ方法を知ろう!

ワッキーリグを徹底解剖|使い方や刺し方、おすすめのワーム・フックなどをご紹介

釣り針用のシャープナーはこれがおすすめ!正しい使い方や選び方もご紹介

フカセ釣りの【コツ】について考える。常に結果を残す人とそうでない人の差は何なのか?