19 ヴァンキッシュ C2000SHG

シマノ

19 ヴァンキッシュ C2000SHG
番手
2000
ギア比
6.1
ドラグ/耐力
3kg
自重
145g
B/R
11/1
糸巻量/回転
82cm
ハンドル長
45mm
ナイロン糸巻量
12-125 / 16-100 / 20-75
PE糸巻量
0.6-150 / 0.8-110 / 1-80
 価格
¥ 47,000

搭載の機能・素材

よく比較されるライバルモデル

最軽量リールである「19ヴァンキッシュ C2000SHG」は軽さも性能も最高峰!

タックルの総重量が軽いということは、疲労軽減や感度向上などメリットをあげればキリがありません。しかし、基本的に軽量さと剛性を両立させるということは非常に難しいものですが、クイックレスポンスシリーズのフラッグシップである「19ヴァンキッシュ C2000SHG」は、その2つを見事に両立させています。ハイエンドリールの名にたがわないその性能、巻き心地は全リールの中でもトップクラスです。特にライトゲームに最適な番手である「19ヴァンキッシュ C2000SHG」の特徴を見ていきたいと思います。

19ヴァンキッシュ C2000SHGの基本仕様は?

19ヴァンキッシュC2000SHGの重さ

クイックレスポンスシリーズの最高峰であるヴァンキッシュはその軽量さを最大の特徴としています。「19ヴァンキッシュ C2000SHG」の重量は、同番手のリールの中でも145gとトップクラスの軽さを誇っています。下記の表でも比較していますが、イグジストルビアスよりも軽く、軽さで見ると右に出るものはありません。また、前モデルである16ヴァンキッシュから10gも軽量化されています。さらに小さいサイズながら剛性も備えており、ボディ素材はステラと同様のマグネシウムです。ハンドル長さは45cmと短すぎず、ベアリングも11個搭載されているため、回転フィールもキビキビかつ滑らかで素晴らしい仕上がりです。82cmの巻き上げ量はハイギアとしてアジングに最適です。もちろんメバリングなど他のライトゲームにもうってつけでしょう。

HAGANEボディ&HAGANEギア

19ヴァンキッシュC2000SHGのボディー

HAGANEギアは、金属の塊(アルミニウム)を約200トンの圧力でプレスし、切削なしにミクロン単位の精度で仕上げたものです。精密冷間鍛造と言われる独自の技術が、硬く、粘り強いギアを生み、なめらかな巻きごこちを可能にします。「19ヴァンキッシュ」にはステラに搭載されている最新のHAGANEギアと同じものが搭載されているため、前モデルと比べてギア強度が大幅に向上しています。 HAGANEボディは、高い剛性を持つ金属のボディです。通常アルミニウムを使用しますが、「19ヴァンキッシュ」では素材にマグネシウムを採用し、剛性・耐衝撃性を確保しています。そのためボディ全体ががっしりとしており、非常に高い剛性を発揮しています。シマノの軽量リールには特徴的な樹脂材料の「CI4+」がありますが、マグネシウムを採用することで、樹脂よりも頑丈かつ軽量なリールに仕上がっています。

Xプロテクト

Xプロテクトは、新たな撥水処理に加え、水の浸入を抑えるラビリンス構造を複合することで、高い防水性能を実現しています。ライトゲームでは直接海水を浴びることが少ないですが、ラインを伝わってリール内部に侵入してくることも多く、釣行後のシャワー洗浄もあるため、防水性能はとても大切です。たまにオイルやグリス追加などのメンテナンスをすることで、購入時の高い性能を維持できるでしょう。

ロングストロークスプール

19ヴァンキッシュC2000SHGのスプール

ロングストロークスプールを搭載することで、2500番サイズで従来比約4%の飛距離アップを達成しています。18ステラから採用されたロングストロークスプールですが、スプールの長さは従来機種(16ストラディックCI4+ C2000S)と比較しても一目瞭然です。今まで届かなかったポイントへも「19ヴァンキッシュ C2000SHG」なら届けてくれるかもしれません。

サイレントドライブ/マイクロモジュールギアⅡ

マイクロモジュールギアⅡは、シマノならではの製造技術によってギアの歯、ひとつひとつの歯面から設計を見直すことで、理想的な歯形状を追求し、音鳴りの低減、滑らかなギアフィーリングの向上も達成しています。やはりギアで有名なシマノですので、その信頼性も確かです。 サイレントドライブは、ボディ全体の基本設計、駆動関連部品を見直し、部品間の微細なガタ、隙間、揺れを細部に至るまで徹底的に排除しています。 「マイクロモジュールギアⅡ」と「サイレントドライブ」は、リールに伝わるわずかな情報も伝えてくれます。もちろんギア同士のかみ合わせの機構であるため、全くの無音やノイズがゼロということはありえないのですが、不要なノイズが徹底的に排除されることで快適なフィーリングを得ることができます。

比較検討されるリールと比べると?

18イグジスト FC LT2000S-H

ダイワ最高峰のリールであるイグジスト。LT化されたことにより、軽さと剛性を兼ねそなえ、素晴らしい巻き心地を提供してくれます。軽量であることが有名なイグジストですが、「18イグジスト FC LT2000S-H」の重量は150gと「19ヴァンキッシュ C2000SHG」より5g重たいだけで、こちらも超軽量なリールとなっています。ただしベアリングの数は18イグジストが12個と1つ多く、ほぼこれくらいの差であると考えられます。性能については折り紙付きですが、ネックになるとすれば価格で、実売70,000円超えのため安い価格ではありません。

20ルビアス FC LT2000S-XH

LT化により大幅な進化を遂げた「20ルビアス」は、巻き心地や剛性も大幅に向上しています。重量は150gと、15ルビアスからもかなり軽量化されており、「19ヴァンキッシュ C2000SHG」と比べても5g重たいだけです。LTによりミドルエンドのライトゲーム向けのリールとしてはかなり剛性が高くなっており、特に最大ドラグ力は「19ヴァンキッシュ C2000SHG」が3kgに対し、「20ルビアス FC LT2000S-XH」は5kgとかなり差があります。また、価格は20,000円台後半と「19ヴァンキッシュ C2000SHG」の約半分程度の価格なので、コスパの良いリールといえます。

なぜ私が19ヴァンキッシュ C2000SHGを選んだか?

クイックレスポンスシリーズの最高峰

「クイックレスポンスシリーズ」は、シマノリールのコンセプトの一つで、指先が触れただけでも回るような軽いリーリングタッチが特徴です。X-SHIP、マグナムライトローターをはじめとした各ユニットの徹底した軽量化と剛性強化によりもたらされており、もたつき感のないクイックな起動、振動が濁らずに手元に届きます。まさにリアルに水中を感じることができるシステムです。コアソリッドシリーズ とは異なり、ヌメヌメとした巻き感はありませんが、きびきびと軽快なリーリングはジグヘッド、ルアーを軽快に扱うことができるため、軽いものを扱うライトゲームにおいては、大きな武器になります。

ライトゲームに最適なスペック

19ヴァンキッシュC2000SHGのノブ

「19ヴァンキッシュ C2000SHG」は、軽量なことに加えてスペックもライトゲームに最適なものです。ハンドル1回転当たりの巻き上げ量は、82cmとハイギアであるため特にアジングには最適です。また、巻けるラインは、

  • フロロ:3lb-110m、4lb-85m、5lb-65m
  • PE:0.6号-150m、0.8号-110m、1号-80m

と、少し太めのラインでも多めに巻くことができますし、細めのラインならば、結構な量を巻くことができます。また、ドラグノブが比較的大きくつまみやすい形状であるため、操作が非常にしやすいです。コンパクトなサイズのリールながらこの機能は非常にうれしいものになります。

逆に残念だと思うところは?

軽すぎる

タックルが軽くなることはとても良いことですが、軽すぎると合わせるロッドも考え物です。ロッドに対してリールが軽すぎると、逆に先おもりしてしまい、操作性が悪くなります。画像は「19ヴァンキッシュ C2000SHG」と「16ストラディックCI4+ C2000S」を「月下美人MX 74UL-S」に取り付けたものです。ほんの少しだけですが、「19ヴァンキッシュ C2000SHG」の方が先おもりしている感じがします。これを回避するためには、軽量かつ短いロッドが適していると思われますが、例を挙げるとすると、がまかつの「宵姫・華」、「宵姫・天」などが良いかと思われます。

19ヴァンキッシュC2000SHGの前重りの比較

19ヴァンキッシュ C2000SHGが特にマッチする釣りとは?実釣と使用インプレ

アジング・メバリング

軽量かつ感度の良いリールであるため、アジングやメバリングなどのライトゲームでの使いやすさは抜群です。クイックレスポンスシリーズの最高峰であることからリールの巻きも軽いため、軽快なリーリングができます。巻き心地もよく、パワーも十分あることに加え、HAGANEボディによる剛性の高さから、不意な大物でも問題ありません。軽さは正義なのです。

19ヴァンキッシュ C2000SHGはフラッグシップの名に恥じない最高峰のリール

軽量性と剛性を見事に両立させた「19ヴァンキッシュ C2000SHG」。クイックレスポンスシリーズのフラッグシップであるこのシールにはシマノの最新技術が詰め込まれており、ステラにも全く見劣りしない素晴らしいリールです。軽快な巻き心地と剛性はライトゲームに使用するタックルのレベルをさらに一つ上げてくれることは間違いありません。

この記事を書いた人

ぶらっくまんばのプロフィール写真

リール大好き人間
ぶらっくまんば

 シーバス、マダイ、タチウオ、青物、メバル、アオリイカ、シーバス、タイラバ、ライトショアジギング、メバリング、タチウオジギング、岡山県、兵庫県、瀬戸内海


シェア
はてなブックマークロゴ
feedlyロゴ

ヴァンキッシュ関連記事

アジング専用スペック?19ヴァンキッシュ1000SSSPGの性能に迫る!

1000番クラスの小型リールにヴァンキッシュを使う意義を理解し、究極のライトゲームを!

初心者厳禁!?19ヴァンキッシュC2000SSSはピーキーな性能!

最軽量リールである「19ヴァンキッシュ C2000SHG」は軽さも性能も最高峰!

19 ヴァンキッシュ C2000SHG

ヴァンキッシュC2500SXGはアングラーのポテンシャルを限界まで引き上げる高性能リール!

軽さだけじゃないハイエンド!19ヴァンキッシュ2500Sについてインプレッション

ダブルハンドルなのに重くない!19ヴァンキッシュC3000SDH

マルチアングラーにおすすめ!19ヴァンキッシュC3000についてインプレッション

19 ヴァンキッシュ C3000

シマノ・クイックレスポンスシリーズの最高峰モデル、19ヴァンキッシュ C3000XGは前モデルよりもさらに軽く、さらに強く、さらに遠くへ!

【インプレ】シーバスゲームに最適なフラッグシップ、19ヴァンキッシュ3000MHG

19 ヴァンキッシュ 3000MHG

ライトショアジギングにも使える?19ヴァンキッシュC5000HGについてインプレッション

19 ヴァンキッシュ C5000HG

関連記事

シマノのレバーブレーキリール全種類を価格順に解説!

 BB-XハイパーフォースC3000DTYPE-GSRIGHT

シマノスピニングリールのメンテナス方法は!?基本的なやり方をご紹介します

シマノのリールの分解写真

シマノリールを高級順に並べたランク表(2022年最新版)

17アルテグラ1000と18ストラディックSW5000XG

シマノ「ヴァンフォード」は2020年の業界最大級の話題、期待の大型新人だ!

シマノの「コアソリッド」と「クイックレスポンス」の違いを解説

コアソリッドVSクイックレスポンス

シマノ・ダイワリールの番手を比較!番手からの選び方も詳しく解説!

複数のリールを並べている