「釣りガール」見たことある?

気になる釣りガール達の生態に迫る

18 イグジスト FC LT2000S-H

ダイワ

18 イグジスト FC LT2000S-H ダイワ「18 イグジスト FC LT2000S-H」
番手
2000
ギア比
5.8
ドラグ/耐力
5kg
自重
155g
B/R
12/1
糸巻量/回転
76cm
ハンドル長
45mm
ナイロン糸巻量
2.5-200 / 3-150 / 4-100
PE糸巻量
0.4-200 / 0.5-170 / 0.6-150
 価格
¥ 74,250

狙えるターゲット魚種

搭載の機能・素材

よく比較されるライバルモデル

渓流トラウトや漁港ライトゲームでランガンするには18イグジスト FC LT2000S-H

18イグジストシリーズからフィネスカスタム(FC)モデルが復活

初代セルテートの派生モデルとしてセルテート フィネスカスタムというモデルがありました。当時としては珍しいシャロースプールにアルミマシンカットハンドルが標準装備されたモデルとしてライトゲーマーを中心に高い人気がありました。そのフィネスカスタムが18イグジストで復活しましたが、オリジナルモデルとはどのような違いがあるのでしょうか。

FCモデルはLT1000~LT2500Cのコンパクトボディー設計

軽量化を極限まで突き詰めたFCモデルは、最大番手の2500S-Cでも160gと同番手では最軽量クラスとなっています。これはFCモデルのボディーはすべてLT2000番のものがベースになっている為で、LT2500番台のものはローターのみが2500サイズが搭載されています。これによりダイワ汎用スピニングリールで最軽量クラスを実現しました。ボディーサイズはコンパクトになりましたが、モノコックボディーのおかげでドライブギアが大口径化されているので、パワー的にはフィネスの領域を超えています

マグシールドはメインシャフト部のみ配置

オリジナルモデルではドライブギア部とラインローラー部にマグシールドボールベアリングが搭載されています。それに対してFCモデルはマグシールドボールベアリングは非搭載、通常のマグシールドはメインシャフト部のみとなっています。マグシールドボールベアリングを排除することで、滑らかな巻き心地と確かな巻き感度を実現しています。マグシールドも2010年ごろの最初期のものと比べると数段進化しているので、シャフト部のパッキンがあってもそれほど気にならないように感じます。

軽量なアルミシャフトハンドル装備

オリジナルモデルでは、青物や中型以上の根魚、ヒラスズキなど様々なターゲットと対峙する為、強度が重視されたステンレス製のハンドルシャフトが採用されています。しかしFCモデルの軽量化への拘りはハンドルシャフトにまで及び、より軽量なアルミシャフトハンドルになっています。用途に合わせてシャフトの素材を変えることで僅か1gでも軽くしたい、とにかく可能性のあるところは徹底的にそぎ落としたいという設計者の拘りが垣間見えます。

18イグジスト FC LT2000S-Hのスペック

ナイロンライン3lb×150m、PE0.4号×200mのシャロースプール

18イグジスト FC LT2000S-Hはフィネスなルアーゲームにはピッタリなシャロースプールが標準装備されています。深溝スプールでも下巻きを入れれば問題なく使用は可能ですが、下巻き分の重量が増してしまいます。初めからシャロースプール仕様であれば、余計な下巻きの重量も減りますし、ラインの巻き替え時もスムーズに作業できます。適正なラインの量というのは飛距離にも影響を及ぼしますので意外とシビアなポイントなのです

ギア比5.8、巻き取り長76センチのハイギアモデル

このクラスのリールとしては多めの76センチの巻き取り長は、軽量ルアーを手返し良く打っていくランガンスタイルにはぴったりです。2000番クラスで80センチ台の巻き取り長では軽量なルアーのアクションが破綻しかねませんし、60センチ台以下ではスピーディーな釣りを展開できません。2000番で76センチというのはまさに痒いところに手が届く、といったところでしょうか。ピンポイントで落とし込んだルアーを流れるような動きで次のキャストへスムーズに繋げる、それにはまさにベストバランスではないでしょうか

ハンドル長45ミリのロングハンドル

ハンドル長が長いと、てこの原理によりより小さなタッチでハンドルを回すことができます。逆に短いとハンドルに水流やルアーの動きが伝わりやすく、巻き感度の向上が見込めます。ランガンの釣りでは繊細なアタリはあまりなく、魚がリアクションでルアーにアタックしてくることが多いように思います。その為前者のような軽い力でリトリーブしていても十分に魚信を感じることができます。それに軽快なタッチでハンドルを回せる方が、よりテンポ良くランガンしやすいです

18イグジスト FC LT2000S-Hにマッチする釣り

渓流トラウト、エリアトラウト

ラバーネットに入ったスプーンで釣れたニジマス

渓流やエリアでのミノーイングやボトムの釣りでは時にはステイも入れますが、基本的に常にルアーをアクションし続けることが多いです。そしてテンポ良く探っていくことがキモなので、ノーマルギアモデルよりもハイギアモデルが向いています。共に極細のPEラインを使用するので、18イグジスト FC LT2000S-Hの繊細なアクションにはベストマッチな釣りでしょう。

漁港でのウルトラライトジギング

晴天の西伊豆の漁港

近頃流行の兆しを見せているウルトラライトジギング。1.5~10g以下の軽量メタルジグを使った釣りですが、特にデイゲームでも様々な魚を釣ることができる釣法として注目を浴びています。これにも18イグジスト FC LT2000S-Hは扱いやすくフィットするリールといえます。デイゲームでのリアクションバイトを狙った速い釣りは勿論、マズメからナイターへのスローな展開でも活躍してくれること間違いなしです

18イグジスト FC LT2000S-Hでテンポ良い釣りを展開して、魚とのコンタクトを増やそう

テンポの速い釣りをしていると、ルアーフィッシングの基本であるリアクションバイトを多くとらえることができます。それだけ魚とのコンタクトが増えれば、それが釣果に結びつくことは言うまでもありません。勿論スローな釣りでしか釣れないシビアな状況もありますが、釣り場に着いたら、まず最初にすることは活性の高い魚を探すこと。それにはバランスのよい18イグジスト FC LT2000S-Hがあなたに多くのヒントをもたらしてくれるでしょう。しかし軽量が故にロッドとのバランスはシビアになりますので注意しましょう。

この記事を書いた人

YSNOのプロフィール写真

ダイワマニア
YSNO

 トラウト(エリア、湖)、青物全般、ロックフィッシュ、シーバス、アオリイカ、ショアジギング、オフショアジギング、エリアトラウト、ウェーディング、ボートロック、エギング、東京湾、東伊豆(静岡県)、房総半島(千葉県)、上越地方(新潟県)、芦ノ湖(神奈川県)、本栖湖(山梨県)


シェア
はてなブックマークロゴ
feedlyロゴ

イグジスト関連記事

【インプレ】全てが変わった18イグジスト LT2500は巻きの釣りの究極モデル!

18 イグジスト LT2500

フラッグシップで快適なエギングを!18イグジストLT2500S-DHについてインプレッション

18イグジスト LT3000S-CがタイラバやSLJなどのオフショアゲームにぴったりな理由

運河の手すりに置かれた18イグジスト

18イグジスト LT3000-CHは多様なルアーフィッシングに絶対使える超バーサタイル!

18イグジスト LT3000-XHは遠征時に心強いソルトルアーのバーサタイルモデル

18 イグジスト LT3000-XH

【インプレ】18イグジスト LT4000-CはナイトシーバスからSLJまでソルトルアーゲームが捗る1台

18 イグジスト LT4000-C

【軽さと強さ】20イグジストLT 4000-CXHについて徹底インプレッション

【インプレ】18イグジスト FC LT1000S-Pはタフコンディション下で最強のフィネスゲーム機

18 イグジスト FC LT1000S-P

【インプレ】18イグジスト FC LT2000S-Pはライトゲームの革命児

18 イグジスト FC LT2000S-P

渓流トラウトや漁港ライトゲームでランガンするには18イグジスト FC LT2000S-H

ダイワ汎用スピニングリールの頂点、18イグジスト FC LT2500S-Cは2500番クラスで160gという超軽量モデル

関連記事

【比較】イグジストVSセルテート ダイワが誇る超人気機種を比較!

イグジストとセルテートを台の上に並べている