ダイワ

イグジスト

DAIWA - EXIST

"ダイワのリール"

イグジストは2005年にダイワ最高峰のスピニングリールとして発売されました。非常に巻きが軽い05イグジストは今でもライトゲームやエリアトラウトで人気があります。2012年に発売された12イグジスト、2015年に発売された15イグジストはボディに新素材ZAIONが採用され、軽量化されたことで注目を集めましたが、2018年に発売された18イグジストにはマグネシウムボディが採用され、カチッとした高級感のある仕上がりとなりました。22イグジストも引き続きマグネシウム製のモノコックボディが搭載されています。22イグジストはエアドライブデザインという考えの元設計されており、18イグジストよりも更にハイレスポンスに、そして新スプール「エアドライブスプール」によりライントラブルも軽減されます。22イグジストはレスポンスの良さを極めた世界最高レベルのスピニングリールです。

イグジストの歴代別
スペック

SPEC

イグジストのライバル
比較対象モデル

RIVAL

ステラ

シマノのロゴ

世界最高峰のスピニングリールとして絶大な人気を誇るステラ。全身が金属に纏われたことによる高級感の高さ、メタルローター・マイクロモジュールギアⅡ・サイレントドライブがもたらすしっとりとした極上の巻き心地はイグジストを圧倒するでしょう。22ステラは前作から大きくモデルチェンジして機能面でもかなり変わりました。重いメタルローターを搭載していることにより、自重が少し重く、レスポンスも良くないのでライトゲームには向きません。巻き続ける釣りならステラ、レスポンス重視の釣りならイグジストと使い分けると良いでしょう。

ヴァンキッシュ

シマノのロゴ

クイックレスポンスの最高峰に君臨するヴァンキッシュ。レスポンスにおいて右に出るリールはありません。イグジストのようなカチッとした巻き心地はありませんが、他の追随を許さない圧倒的な軽さによる操作性の高さはイグジストもを上回ります。リールの特性が酷似しているので、どちらを選んでも釣果に影響はありませんが、究極のレスポンスを求めるならヴァンキッシュ、高級感や金属ボディ特有のカチッとした巻き心地を求めるならイグジストをを選べば良いでしょう。

セルテート

ダイワのロゴ

ボディにアルミが採用された、非常に高剛性ボディのリールです。ロータにはZAION製のエアローターが採用されており、ハイレスポンスな仕上がりとなっています。ガッチリとしたアルミボディは大型魚とのファイトも安心して行えます。パワー重視のハードロックフィッシュやショアジギングなどの釣りではイグジストをも超えるパフォーマンスを発揮してくれるでしょう。

イグジストに関する
質問投稿

Q & A

イグジストに関する
質問を投稿しよう!

イグジストを実際に持っている人や詳しい人に、例えば下記のような質問してみよう。購入時のヒントになるかもしれません!

  • イグジストで実際に釣れた魚は?
  • 他モデルとの具体的な違いは?
  • 購入するときの注意点は?

メーカーTOPへ