ダウンショットシンカーを徹底解説!付け方から種類、おすすめ製品までご紹介します!

作成:2021.09.27更新:2021.09.27

バス釣りやソルトウォーターでよく用いられるダウンショットリグですが、ワームはもちろんシンカーもリグの中で重要になってきます。今回はそんなダウンショットシンカーについて種類や代用品、オススメのものまで一挙にご紹介していきます。また初心者でも簡単にできるダウンショットリグの付け方も解説していくので合わせてご覧ください。

ダウンショットシンカーとは?

ダウンショットシンカーはダウンショットリグ専用に作られたシンカーでティアドロップタイプ、ラウンドタイプ、スティックタイプの3種類が用意されています。近年ではラインをシンカーに結ばず、ハリス止めに引っ掛けるだけと付け方が簡単なタイプが主流となっているためスピーディーなシンカーチェンジや位置調整が可能になっています。

ダウンショットシンカーの種類

ダウンショットシンカーは大まかに3種類に分かれており、それぞれ特性が異なります。今回は種類ごとの特性とオススメの製品を合わせて紹介していくのでダウンショットシンカーを選ぶ際の参考にしてみてください。

ラウンドタイプ(丸型)

皆さんもよく目にする丸型のダウンショットシンカーです。3タイプの中で最も感度が良い構造になっており、水中の障害物やボトムを感じ取る能力に長けています。しかし丸型のため根掛かりがしやすいという大きな欠点が存在するのです。そのため狙うポイントがカバーやストラクチャー、ゴロタエリアなど引っ掛かりやすい場所であれば使用を控えた方が良いかもしれませんね。

オススメのラウンドタイプシンカー

【デコイ】コツコツ君

値段も手ごろで幅広いウエイトが揃っているダウンショットシンカーです。比重そこまで高くないのでフォールスピードが速すぎないことも大きなポイントだと言えるでしょう。またこの価格ながら自動ハリス止めを採用しているため付け方も簡単です。

DECOY/デコイ ダウンシンカー/コツコツ君

¥ 353※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

【ザップ】ダウンショット

スペースメタルというザップ独特の素材を採用しており、小型モデルであっても感度が非常に良好です。小型のワームを繊細に操ることにも長けているダウンショットシンカーだと言えるでしょう。

ZAPPU/ザップ DOWN SHOT/ダウンショット スーパーウェイト

¥ 545※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

ティアドロップタイプ(ナス型)

ラウンドタイプとスティックタイプの中間的存在で、ナスのような形状をしています。3タイプのシンカーの中で最も能力バランスが良いため初心者の方であればティアドロップタイプが最も使いやすいと言えるでしょう。

オススメのティアドロップタイプシンカー

【スタジオ100】タングステンドロップショットシンカー

スタジオ100オリジナルの形状のおかげで水中でのワーム姿勢が非常に安定してくれます。また高精度ローリングスイベルを採用しているためラインのよれが極限まで減少できるのも大きなポイントです

スタジオ100 FECO タングステン ドロップショットシンカー

¥ 477※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

【ダイワ】バザーズワームシンカーTG

高比重タングステンを採用しているためよりコンパクトで目立ちにくいシンカーになっています。またモスグリーンというカラーを採用していることもポイントで、こちらもシンカーのステルス効果をより高めてくれていると言えるでしょう。

ダイワ バザーズワームシンカーTG ペアーリング 1/4oz

¥ 715※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

スティックタイプ(棒型)

名前の通り棒のような形状をしているダウンショットシンカーです。ボトムに当たる表面積が小さいためボトムの情報を感じ取りにくい構造になっていますが、その分ブッシュやストラクチャーをすり抜けやすく、引っ掛かりにくいというメリットがあります。ヘビーカバーやストラクチャー周りをテンポよく探りたい時にオススメのシンカーです。

また、フォールスピードが速いことも大きな特徴でワームをキビキビ動かして、リアクションで喰わせるような釣りにも最適だと言えます。

オススメのスティックタイプシンカー

【ジャッカル】タングステンカスタムシンカースティックDS

すり抜けに特化したスティックタイプのシンカーです。タングステンを採用しているため、スティックタイプでありながら感度も非常に良いことが大きなポイントです!

JACKALL(ジャッカル) シンカー JK タングステンカスタムシンカー スティックダウンショット

¥ 466※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

【スタジオ100】タングステンドロップシンカーカバー

ウィード、杭、立ち木、ゴロタなど障害物が絡んでくる場所で最大限力を発揮してくれるシンカーです。根掛かりが不安なポイントをダウンショットリグでテンポよく攻略していくには必須になってきますね。

スタジオ100 FECO タングステン ドロップショットシンカー カバー リング

¥ 426※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

ダウンショットリグのシンカー、フックの付け方を解説!!

1.いつも使っている付け方でフックとラインを結びます。

ラインとフックの付け方はいつも皆さんが行っている方法で問題ありませんが、ユニノットやパロマーノット、ダブルクリンチノットなどが取れにくいのでオススメです。

2.ラインの切れ端側をフックの上から再度通します

普段ラインをルアーやフックに結ぶ際は切れ端を切って終了ですが、ダウンショットリグを作る場合、この切れ端側を15~20cmほど残してあげる必要があります。この部分がフックとシンカーの間隔になるというわけです。

3.フックから15~20cm下に結びコブを作り、シンカーをハリス止めに引っ掛けてあげたら完成です

ウエイトの軽いシンカーであれば取れる心配は少ないと言えますが、ウエイトが重いシンカーの場合に何らかの衝撃でハリス止めからラインが外れてしまう可能性もあります。そのためヘビーウエイトのシンカーを使用する場合には必ず結びコブを作っておきましょう。

ダウンショットシンカーの代用として付け方が簡単なガン玉もおすすめ!!

ダウンショットシンカーの代わりとしてガン玉(スプリットショットシンカー)を使うのも安価かつ付け方も簡単なのでおすすめです。というのもガン玉は非常に安価で40個入り300円というものも存在します。あまりシンカーにお金がかけられない!という学生さんやお小遣いアングラーにはもってこいなシンカーですね。

ダウンショットリグはよく使うためシンカーの種類や付け方をマスターしておこう!

今回はダウンショットシンカーについて種類や付け方、代用品まで紹介してきました。ダウンショットリグはバス釣りの中でも非常に釣りやすく、使いやすいリグなのでシンカー、フックの種類や付け方はしっかりと覚えておきましょう!特にダウンショットリグは今日のフィールドのようにスレバスが多い場面でより力を発揮してくれるはずです。

この記事を書いた人

バス釣り一筋丸10年
木村玄

 バス、たまにうなぎ、巻物、サイトフィッシング、フィネス、霞ヶ浦・北浦 野池・川・ダム(茨城県)

合わせてよく読まれる記事

バス釣りで使うシンカーを種類ごとにご紹介!バス釣りをするなら知っておくべきシンカーの基本!

バス釣りに最適な格好は!?春夏秋冬シーズンごとに最適な釣り格好を徹底解説!

バス釣りを虫系ワームで攻略!虫系ワームの動かし方からコツ、オススメまで徹底解説!

ネコリグシンカーを徹底解説!バス釣りの切り札であるネコリグはシンカーにもこだわろう!

「バス釣り」関連の記事

オカッパリにオススメな最強ロッドを値段順にご紹介!こだわりの1本を持って釣りに出かけよう!

ブルフラットはネコリグにも有効!?オールレンジで使えるブルフラットのネコリグを徹底解説!

バス釣りで輝く神ワームは!?ハイプレッシャーでも効くボウズ逃れの神ワームを厳選してご紹介!

バス釣りなのにpeライン?バス釣り用スピニングとpeラインのコンビに秘められた有利性とは?

ヘビダンに最適なワームはこれ!ヘビダンの力を最大限まで高める最強ワームをご紹介!

オカッパリのタックル選び!オカッパリにオススメなバーサタイルタックルをご紹介

「ブラックバス」関連の記事

山中湖のバス釣りのルールをおさらいしよう!【2022年最新】

バス釣りカバー撃ちのコツを伝授!カバー撃ち向けタックルも紹介

バス釣り・レイダウン攻略のためのタックル・ルアー・アクション

デカバスの釣り方(サイトフィッシング編) in 関東ハイプレッシャーレイク

夏バス釣りの虫パターンを決める法則とは?観察すべき現場のアレ

デカバスが釣れるおすすめルアー&ワームを紹介!関東近郊バサーも大物に挑戦

新着記事

テトラ帯での穴釣りは、お土産確保の最短ルート、困ったら穴釣りだ!

管理釣り場のポンドのタイプ、ルアーのジャンル、シチュエーション別釣れるおすすめルアー10選

スピニングリールへの糸巻き量はどのぐらいが目安?ラインごとの適正量と巻き方を解説

スピニングリールのギア比って?それぞれの特徴を解説!

スーパーライトジギングのおすすめロッドの条件とは?専用ロッドと代用可能なロッドをご紹介!

磯釣りに必要な物は? 必須アイテムと、あると便利なグッズを紹介します!