バス釣りで使うシンカーを種類ごとにご紹介!バス釣りをするなら知っておくべきシンカーの基本!

作成:2021.09.21更新:2021.09.21

シンカーというのはいわゆるオモリのことであり、ワームで釣りをするなら必ず知っておくべき基本事項です。しかしバス釣りでは様々なシンカーが出回っているため一体どのシンカーがどのリグに対応するのかよく分からないという方もいるでしょう。そんな方のために今回はバス釣りで使うシンカーについて対応リグからオススメのものまで種類ごとに紹介します。また、ウエイトの使い分けについても解説していくのでそちらも合わせてご覧ください。

バス釣りでのシンカーの重要性

バス釣りではシンカーという存在は非常に重要になってきます。というのもシンカーによってワームの動きが崩れたり、使いにくくなったりすることが多々あるからです。バス釣りではワームを繊細に動かさなければならず、シンカーによってはそんな繊細な動きを殺してしまうこともあるでしょう。ワームの動きに支障が出ないようにするためにもシンカー選びは慎重に行ってください。

バス釣りで使うシンカーの種類とは?どんなリグに適応する?

バス釣りでよく使われるシンカーは以下の4種類です。バス釣りに行く際はこの4種類を携帯しておけば何の不自由もなく快適に釣りができるでしょう。

バレットシンカー

弾丸のような形をしているシンカーで主にテキサスリグで使用されます。バレットシンカーはその弾丸のようなフォルムのおかげでカバーやストラクチャーの中でも引っ掛からず、スルスルとストラクチャーを躱してくれます。

テキサスリグを使う際はシンカーが動かないようにシンカーストッパーを付けることも忘れないようにしましょう!

おすすめのバレットシンカー

【ダイワ】バザーズワームシンカーTG NEWバレットプロパック

個人的にいつもよく使っているのがこのダイワのシンカーです。すり抜け性能が抜群でヘビーカバーであってもストレスなく、テンポよく探ることができます。

ダイワ シンカー バザーズ ワームシンカー TG NEWバレット プロパック 1/16oz

¥ 1,696※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

【レイン】タングステンフリップシンカー

シンカーでは珍しいカラーが選択できるタイプのシンカーになっていてワームのカラーと合わせてあげることでバスに対するシンカー違和感を軽減することができます。また糸切れ防止チューブが付いているためビッグバスでも難なく対応することができるでしょう。

ネイルシンカー

ネイルシンカーはネジのような形をしたシンカーで、主にネコリグに使われます。ストレートワームのヘッド部分にシンカーを埋め込むことによってネコリグ特有のなまめかしい動きが演出できるのです。

しかし使い続けるとキャストの衝撃でシンカーが取れてしまうこともあるので、もし心配であればシンカーを入れた後のヘッドをライターで炙ってあげましょう。

おすすめのネイルシンカー

【ジャッカル】タングステンカスタムシンカーネイル

ネイルシンカーと言えばこれ!というほど多くのバスアングラーから支持を受けているシンカーです。特有のギザギザ形状のおかげで刺しやすくて、抜けにくいパーフェクトなシンカーに仕上がっています。私も良く使わせてもらっていますし、未だにこれを超えるネイルシンカーは見つけられていません!!

JACKALL タングステンカスタムシンカーネイル

¥ 310※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

【デコイ】カスタムネイルシンカー

鉛素材でコストパフォーマンスの良さに定評のあるネイルシンカーです。形状タングステンカスタムシンカーネイルに似ていますが、柔らかい鉛素材なのでニッパーでカットすると簡単にウエイト調整ができます。

DECOYシンカー タイプネイル 1.2g DS-10

¥ 201※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

ダウンショットシンカー

ダウンショットリグで使われるシンカーです。最近ではシンカー形も様々でナス型や丸型、スティック型などがお店に並んでいますが、初心者の方であればナス型(ティアドロップタイプ)が最もスタンダードでオススメだと言えるでしょう。

おすすめのダウンショットシンカー

【ダイワ】バザーズワームシンカーTG ペアーハリス止め

ラインを結ばず、引っ掛けるだけで簡単にセッティングすることができるダウンショットシンカーです。コンパクトなサイズ感とバスに見えにくいモスグリーンカラーのおかげで非常に高いステルス効果を発揮してくれます。

ダイワ バザーズワームシンカーTG ペアーハリス止め 1/8oz

¥ 578※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

【デコイ】ダウンショットシンカーコツコツ君

コストパフォーマンスの高さが魅力のダウンショットシンカーです。安いからと言って使い心地が悪いかと言われれば全くそんなことはなく、十分すぎるほどの操作性や感度をたたき出してくれます。特にシンカーのこだわりがなければコツコツ君を使ってみてはいかがでしょうか?

DECOY/デコイ ダウンシンカー/コツコツ君

¥ 539※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

スプリットショットシンカー(ガン玉)

スプリットショットリグに使われるシンカーでラインにシンカーを噛ませるだけで簡単に固定することができます。
たまにキャストの衝撃でシンカーの位置がずれる場合もあります。そんな時には固定したい位置に結び目を作ると、シンカーが結び目から先に行けないため固定することが可能です。

スプリットショットシンカーのおすすめ

【プロズファクトリー】ラバースプスプリットショット

噛み潰しタイプのスプリットショットシンカーの代表格であり、ラインを傷つけない特殊なラバーが貼ってあることが特徴です。そのため細いラインでのスプリットショットリグであってもラインブレイクを気にせずにお使いいただけるでしょう。

プロズファクトリー ラバースプリットショット

¥ 473※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

【スタジオ100】タングステンシンカー・ラウンドショットタイプ

噛み潰しタイプではない中通しタイプのスプリットショットシンカーです。球体形状のおかげでボトムで転がりやすく、スタックしにくくなっています。濃いカバー周りでもスルスルとシンカーが障害物を躱してくれるでしょう。

スタジオ100 FECO タングステン ラウンドショットシンカー

¥ 504※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

バス釣り用シンカーの素材をご紹介!

バス釣りで主に使われるシンカーの素材は以下の3種類です。

一昔前はバス釣りで最もスタンダードなシンカー素材として普及していましたが、近年ではタングステンにシェアを奪われてしまっている状態です。しかし鉛製のシンカーは値段が安いということが大きなメリットなので、シンカー代を節約したい!という方にはオススメの素材だと言えるでしょう。

タングステン

最近最も注目されているシンカーの素材です。比重が高いので鉛素材のシンカーよりもシンカーサイズをコンパクトにすることができます。シンカーが目立ちにくいのということはバス釣りにおいて大きなメリットになるでしょう。
タングステンシンカーは比重、感度、値段の能力バランスが非常に良いためバス釣りにおいて最もおすすめできるシンカー素材となっています。

ブラス

ブラスは他の素材よりも硬度が高いため水中でのストラクチャーやボトムを感じ取りやすくなります。しかし比重は3種類の中で最も小さいので、その分シンカーサイズも大きくなってしまうのがデメリットです。使い勝手がそこまで良い素材ではないので需要が少ないシンカーだと言えるでしょう。

どうする?バス釣りでのシンカーウエイトの使い分け!

バス釣り初心者の方の中にはシンカーウエイトに迷われる方も多いことでしょう。しかしこればかりはどんなリグを使うか?どんなワームを使うか?で変わってくるため一概にはお伝えすることができません。そのため今回はどんな時にシンカーを重くした方が良いのかについて解説してきます。

ワームが今どんな状況かがわからない時

ワームが今ボトムについているのか?ワームが今フォールしているのか?このようなワームの情報がわからない時にはシンカーを重くした方が良いでしょう。特にバス釣り初心者の方はワームの操作にまだ慣れていないため、常にワームの情報を理解できるウエイトを意識するべきです!

風が強い時

風が強いような状況ではアタリが取りにくくなったり、アクションが付けずらくなるなど様々な弊害が発生します。しかしシンカーウエイトを重くすることでそのようなストレスは一気に改善されるでしょう。

より深いレンジを攻めるとき

深いレンジを攻める際も上記のようにワームの情報が分かりにくくなったり、アクションが付けづらくなるなど様々な弊害が出てくるので、シンカーをより重めに設定しましょう。

バス釣りで使うシンカーの種類、使い分けをしっかり覚えてワームでの釣りを楽しもう!

今回はバス釣りで使うシンカーについて種類ごとに紹介してみました。バス釣りでのシンカーの存在は必要不可欠なので初心者の方はシンカーの種類と対応するリグをしっかりと把握しておきましょう!また、たかがシンカーだと思う方もいると思いますが、シンカーは釣果に大きく関わってくる重要な部分でもあります。ぜひシンカー選びにも少し気を遣ってあげてください。

この記事を書いた人

バス釣り一筋丸10年
木村玄

 バス、たまにうなぎ、巻物、サイトフィッシング、フィネス、霞ヶ浦・北浦 野池・川・ダム(茨城県)

合わせてよく読まれる記事

バス釣りに最適な格好は!?春夏秋冬シーズンごとに最適な釣り格好を徹底解説!

ブラックバスは共食いをする!?ブラックバスの性質、食性を踏まえて徹底解説!

快適なバス釣りをするための虫刺され対策!夏のバス釣りの天敵である蚊にどう対抗する!?

ブラックバスのエサ釣り仕掛けをご紹介!ルアー釣りだけじゃないブラックバス釣りの魅力とは?

バス釣りに最適なスピニングリールの番手を徹底解説!場所やルアーによって異なることも!?

バス釣りで反則級に釣れるルアーはあるの!?よく釣れるルアーの特徴とは?

「バス釣り」関連の記事

ベイトリールの基本的な投げ方は3種類!持ち方からブレーキ調整、コツまでキャストの基本を解説

バス釣り用スピニングリールにおすすめのラインをご紹介!ライン選びは釣果を大きく左右する!

バス釣りにウェーダーは超便利!?おかっぱりこそ付けるべきのウェーダーについて徹底解説!

ダイワのスピニングロッドの中でバス釣りにおすすめのモデルをすべてご紹介!【2022年最新】

バス釣り初心者が選ぶべきスピニングリールはこれ!釣りが上達するリールの選び方とは?

バス釣りのおかっぱりで超役立つ装備をご紹介!持っていると釣りが快適になる便利グッズとは?

「ブラックバス」関連の記事

山中湖のバス釣りのルールをおさらいしよう!【2022年最新】

バス釣りカバー撃ちのコツを伝授!カバー撃ち向けタックルも紹介

バス釣り・レイダウン攻略のためのタックル・ルアー・アクション

デカバスの釣り方(サイトフィッシング編) in 関東ハイプレッシャーレイク

夏バス釣りの虫パターンを決める法則とは?観察すべき現場のアレ

デカバスが釣れるおすすめルアー&ワームを紹介!関東近郊バサーも大物に挑戦

新着記事

ベイトリールの糸巻き量はどう決める?最適な糸巻き量で飛距離や使いやすさを最大化しよう!

ベイトリールのラインの巻き方を解説!身近にある2つの物で簡単にラインが巻ける【初心者必見】

釣りは腰が大切です。フィッシングベルトを使ってみませんか?

ベイトリールの仕組みを大解説! スピニングリールと何が違う?

スイミングでオオモンハタを狙いたい!ジグヘッドごとの特徴を解説!【変人級】

【エリアトラウト】手軽に遊べるエリアトラウトのおすすめ仕掛けやルアーをご紹介!