バス釣りでのスピニングタックルに最適なラインは?スピニングでの釣りを最大限活かすライン選び

作成:2021.12.07更新:2021.12.07

バス釣りにおいてスピニングタックルはフィネスの中枢を担う、なくてはならない存在だと言えるでしょう。そんなスピニングタックルですが、皆さんはどんなラインをセッティングしているでしょうか?今回はそんなスピニングタックルに最適なラインについてご紹介します。スピニングタックルでどんな釣りをするのかによっても異なるため皆さんの釣りスタイルと照らし合わせてご覧ください。

バス釣りで使われるラインの種類

まずは前提としてバス釣りに使われるラインの種類についてご紹介してきます。また、それに付随するそれぞれの特徴やメリット・デメリットも合わせてご紹介しますので不安であれば一度チェックしておくことをおすすめします。

ナイロンライン

ラインが柔らかく、しなやかにできているのでライントラブル(バックラッシュやキャスト切れ)やラインブレイク(摩擦による切れ)が少ないことが特徴の1つとなります。また水に浮きやすい性質を持っているためペンシルベイトやポッパーのようなトップウォーターに向いているとも言えるでしょう。

しかしラインが浮くということはボトムでラインを張りづらくなるためネコリグやダウンショットリグのようなライトリグには不向きなのです。

それに加えてラインが伸びやすいことも特徴で感度が悪い、フッキングしにくいなどのデメリットも存在します。

フロロカーボンライン

最もメジャーかつ使いやすいと言われるのが、フロロカーボンラインです。比重は水よりも重く、水に沈みやすくなっています。またナイロンラインよりも硬く作られており、ラインの伸びが少ないため感度がよく、フッキングが決まりやすいラインだと言えるでしょう。そのためライトリグのようなワームの釣りには最適で、スピニングタックルでのライトリグには最もベストマッチするラインです。

しかし摩擦に弱く、障害物やバスの歯でラインが切れてしまうこともあるのです。

PEライン

ライン自体の強度が非常に高く、バスをストラクチャーから無理矢理引きずり出すことに長けています。またナイロンラインやフロロラインと同じ強度でもラインを細くすることができるためより飛距離が求められる場合にも有効となるのです。

しかし風の影響を受けやすいというデメリットも存在し、扱いがやや難しいため初心者の方にはあまり向かないと言っても良いでしょう。

バス釣りで使うスピニングタックルには結局どのラインがオススメ?

上記でそれぞれのラインの特徴をご紹介していきましてが、その中でもバス釣りに最適なラインはどれなのでしょうか?今回は用途別に分けてご紹介してきます。

繊細な釣りをする場合はフロロライン

スピニングタックルでの繊細なフィネスを主体とする場合はフロロライン一択と言っても良いでしょう。「感度・フッキング・扱いやすさ」のトータルバランスを考えてもフロロラインがダントツで使いやすいです。どれか良いか迷った場合はフロロラインを買っておけば間違いありません!!

パワフルな釣りをする場合はPEライン+(リーダー:ナイロンライン)

カバー際でのパワフルな釣り(パワーフィネス)が多い方はPEライン+ナイロンラインのコンビがおすすめです。PEラインによる強度とナイロンラインによる摩擦への対応力をいいとこどりできるため非常に優秀なコンビだと言えるでしょう。また、魚が掛かってからナイロンラインが少し伸びてくれるためバレの防止にも繋がります。

少し話はズレますが、付けるワームのウエイトが小さすぎであまり飛距離が出ないような状況でもPEラインは大活躍してくれます。上記でもお伝えしましたが、PEラインはナイロンラインやフロロラインと同様の強度で更に細くすることが可能になるため、軽いルアーであっても飛ばしやすくなるのです。

しかしPEラインは上級者向けのセッティングであるため、最初は少し慣れが必要であることを念頭に置いておきましょう。

バス釣りでのスピニングタックルはどの太さがオススメ?

次に具体的なスピニングタックルで使うラインの太さについてご紹介してきます。タックルとラインのバランスのよってラインブレイクの発生回数や使いやすさが段違いに変わるため自分のタックルと照らし合わせて最適な号数を選ぶようにしましょう!​​​​​​

  • フロロライン:3〜4lb
  • PEライン:0.2〜0.4号+リーダー(ナイロンライン:1号前後)
  • フロロライン:4〜5lb
  • PEライン:0.2〜0.6号+リーダー(ナイロンライン:1〜1.5号)
  • フロロライン:4〜6lb
  • PEライン:0.4〜0.8号+リーダー(ナイロンライン:1.2〜2号)

細くても強い!バス釣りのスピニングにオススメなラインをご紹介!

具体的にオススメなラインをフロロライン・PEラインに分けてご紹介してきます。ライン選びに迷った方はぜひ参考にしてみてください!

フロロラインのおすすめ

【シーガー】フロロマイスター

320mで1,000円というコスパ最強のラインです。安いからと言って基本性能が悪いかと言われれば全くそんなことはなく、フィネスにも十分対応してくれるでしょう。80mごとにマーキングシールが付いており、頻繫にラインを変えたい方には非常におすすめのラインとなっています。

クレハ(KUREHA) シーガー フロロマイスター 320m

¥ 1,155※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

【シーガー】R18 BASS

バス釣り専用として設計されており、紫外線や吸水の影響を受けないため高い耐久性を長い期間持続することができるのです。またフィネスに重要な「しなやかさ」も兼ね備えているため誰でも扱いやすく、飛距離も出しやすくなっています。

ラインナップは160mと240m巻きの2種類で、皆さんの巻き替え頻度によって選んでいただくのが良いでしょう。

クレハ シーガー R18 バス 160m フロロカーボン

¥ 2,098※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

【サンライン】ベーシックFC

名前の通りベーシックで誰でも使いやすいフロロラインです。釣行の際でも邪魔になりずらいコンパクトなケースなので、予備ラインとしてタックルボックスに収納しておくのも良いでしょう。

サンライン(SUNLINE) フロロカーボンライン ベーシックFC

¥ 1,701※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

【ジャッカル】レッドスプール

太さによってラインの素材を最適化することで高次元の強度・操作性・透明性を実現しています。細いラインでもデカバスを安心して取れるラインなので、スピニングタックルでの駆け引きが苦手な方にこそおすすめしたいラインです!

ラインナップは2lb~24lbと幅広い太さが揃っています。

JACKALL(ジャッカル) フロロカーボンライン レッドスプール

¥ 1,891※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

PEラインのおすすめ

【シマノ】ピットブル8

日本を代表するシマノが作り出したしなやかでソフトなPEラインです。ライン表面抵抗が少なく、抜群のキャストフィーリングと飛距離が特徴となっています。またPEラインの弱点である耐熱性にも改良を重ねることで、ストラクチャー付近でも安心して使うことが可能です。

シマノ(SHIMANO) PEライン ピットブル 8本編み 200m

¥ 2,554※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

【ダイワ】UVFタトゥーラセンター×8+si2

こちらもピットブルと同じくライン表面にシリコン加工がされているため耐摩耗性が非常に優れています。またダイワ独自のUVF加工によって高強度、高感度なPEラインとなっているため、パワーフィネスにピッタリアジャストしてくれるラインだと言えるでしょう。

ダイワ(DAIWA) PEライン UVF TATULAセンサー×8+Si2 8-20lb. 150m

¥ 2,310※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

バス釣りでのスピニングタックルではフロロラインがオススメ!様々な状況で活躍する万能ライン

​​​​​​今回はバス釣りでのスピニングタックルに最適なラインについて種類、太さ、おすすめ製品まで徹底的に解説してきました。何を使うか、どんな場所で釣りをするかによっても変わってくると思いますが、トータルバランスを考えると「フロロライン」が最もオススメです。ぜひ今回の記事をもとにスピニングタックルのラインを選んでみましょう。

バス釣りにおけるラインの存在は非常に重要です。ロッドやリールだけでなくラインにもこだわりを持って選んでみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

バス釣り一筋丸10年
木村玄

 バス、たまにうなぎ、巻物、サイトフィッシング、フィネス、霞ヶ浦・北浦 野池・川・ダム(茨城県)

合わせてよく読まれる記事

バス釣り中級者必見!スピニングリールでオススメのミドルクラスモデルをご紹介!

ダイワのスピニングリールの中でバス釣りに最適なモデルをすべて紹介!【2022年最新】

バス釣りに最適なスピニングリールの番手を徹底解説!場所やルアーによって異なることも!?

シマノのスピニングリールでバス釣りに適したモデルをすべて紹介!【2022年最新】

バス釣りで反則級に釣れるルアーはあるの!?よく釣れるルアーの特徴とは?

バス釣りカバー撃ちのコツを伝授!カバー撃ち向けタックルも紹介

「バス釣り」関連の記事

ベイトリールの基本的な投げ方は3種類!持ち方からブレーキ調整、コツまでキャストの基本を解説

バス釣り用スピニングリールにおすすめのラインをご紹介!ライン選びは釣果を大きく左右する!

バス釣りにウェーダーは超便利!?おかっぱりこそ付けるべきのウェーダーについて徹底解説!

ダイワのスピニングロッドの中でバス釣りにおすすめのモデルをすべてご紹介!【2022年最新】

バス釣り初心者が選ぶべきスピニングリールはこれ!釣りが上達するリールの選び方とは?

バス釣りのおかっぱりで超役立つ装備をご紹介!持っていると釣りが快適になる便利グッズとは?

「ブラックバス」関連の記事

山中湖のバス釣りのルールをおさらいしよう!【2022年最新】

バス釣りカバー撃ちのコツを伝授!カバー撃ち向けタックルも紹介

バス釣り・レイダウン攻略のためのタックル・ルアー・アクション

デカバスの釣り方(サイトフィッシング編) in 関東ハイプレッシャーレイク

夏バス釣りの虫パターンを決める法則とは?観察すべき現場のアレ

デカバスが釣れるおすすめルアー&ワームを紹介!関東近郊バサーも大物に挑戦

新着記事

ベイトリールの糸巻き量はどう決める?最適な糸巻き量で飛距離や使いやすさを最大化しよう!

ベイトリールのラインの巻き方を解説!身近にある2つの物で簡単にラインが巻ける【初心者必見】

釣りは腰が大切です。フィッシングベルトを使ってみませんか?

ベイトリールの仕組みを大解説! スピニングリールと何が違う?

スイミングでオオモンハタを狙いたい!ジグヘッドごとの特徴を解説!【変人級】

【エリアトラウト】手軽に遊べるエリアトラウトのおすすめ仕掛けやルアーをご紹介!