新旧ステラ対決!14ステラと18ステラを比較してみた!中古購入はアリ?ナシ?

作成:2021.07.26更新:2021.08.20

18 ステラ C2000S

シマノ最高機種であるステラ。釣り人なら誰もが1度は憧れるリールではないでしょうか?新品の現行モデルは非常に高額でなかなか手が出せませんが、中古や旧型であれば手の届く方もいるのではないでしょうか?今回は14ステラ18ステラの比較と、中古での購入がアリなのか、ナシなのかを考えていきたいと思います。

14ステラ→18ステラは大幅に進化した!

14ステラ18ステラは大幅に進化した世代交代だと言って良いでしょう。マイクロモジュールギアⅡ・サイレントドライブ・Xプロテクトの搭載に加え、大幅な軽量化。最高の巻き心地を有しながらも、少し重いイメージがあり、ライトゲームで使うのには敬遠されがちだったステラでしたが18ステラはライトゲームでも快適に扱える軽さです。

大幅な軽量化

18ステラ14ステラに比べて大幅に軽量化されました。シマノ得意の「半プラ化」で軽量化したわけではなく、各パーツの設計の見直しにより実現された軽量化です。4000番クラスでは5gの軽量化ですが、1000番クラスや2500番クラスでは最大15gも軽量化されており、ステラを愛用するライトゲーマーには非常に嬉しい仕様です。

防水性能UP

14ステラの防水機構ははコアプロテクトでしたが、18ステラではXプロテクトとなりました。Xプロテクトは、短時間であれば水没しても水が内部に入らない程の高い防水性能を有しています。※条件によります。水没を推奨するものではありません

フィーリングの向上

14ステラはシマノリールで初めてマイクロモジュールギアが搭載され、その滑らかなフィーリングが衝撃的でしたが、18ステラにはマイクロモジュールギアがさらに進化したマイクロモジュールギアⅡが搭載されました。更にサイレントドライブの搭載で、ピニオンギア・ウォームシャフト周りのガタツキが排除、それに加え新形状の低摩擦ローラークラッチにより、軽い巻き心地が実現されています。

ラインクリップも使いやすく!

14ステラから搭載された、下向きの矢印のようなラインクリップ。滑りにくく、太いラインもしっかりとホールドできるという事をアピールされていましたが、実際に使ってみると非常にラインを挟みにくく、使いづらい印象しかありませんでした。評判の悪さからか、18ステラでは従来通り、逆三角形のようなラインクリップが搭載され、非常に使いやすくなりました。

繊細過ぎる一面も...

18ステラは限りなくガタツキが排除され、非常に滑らかでノイズの無い巻き心地が魅力なのですがパーツ間の隙間が少ない分、繊細過ぎる一面もあります。何らかの原因で内部のパーツがズレてしまうと、従来のリールであればゴリ感や異音が発生するところですが、18ステラでは内部パーツががっちり噛み込んでしまいハンドルが全く動かなくなるという事例が何件も起こっています。

18ステラの中古購入はアリ?

個人的には18ステラの中古購入はナシです。ステラは非常に人気が高く、中古でも値段が下がりにくいリールです。オークションやフリマサイトでは新品に近いような価格で取引されているため、あまり魅力的とは言えません。また2022年にはNEWステラが発表されることが予想されますが、そうなれば中古での相場は落ちると考えられます。これらの事を考えると18ステラの中古購入はナシだという結論になります。

しかし中古購入がアリのケースもあります。それは実店舗で非常に状態のいい個体を発見できた時です。実店舗であれば、リールを触ることが出来るのでハズレを引くリスクはかなり下げられますし、買取査定をした方のお話を聞くことも出来るかもしれません。なかなかそういうケースに遭遇することは少ないですが、千載一遇のチャンスが巡ってきた場合は検討しても良いと思います。※中古商品は良いモノを見つけたらその場で買う事をおすすめします。迷っていたらその間に他の方に買われます。

14ステラの中古購入はアリ?

14ステラの中古購入はアリです。サイズにもよりますが中古相場は4万円台です。1代前のリールとは言えステラはステラ、非常に高性能ですしステラにしかない存在感やフィーリングは健在です。実店舗で購入する場合は問題ありませんが、フリマサイトやオークションで購入する場合は注意が必要です。写真・使用状況や回数・保存状態など出来るだけ多くの情報を出している出品者から買いましょう。「使用には問題ありません」この文言には要注意です。悪い状態のモノを良い状態だと偽って売る方が多いのが現状ですから、情報の取捨選択はしっかり行いましょう。14ステラはまだパーツ供給があるので、最悪ハズレを引いたとしても何とかなります。

やっぱりステラはスゴイ!

14ステラはやはり18ステラには敵いませんが、それでも十分に高性能であり、ステラでしか味わえない所有感やフィーリングは健在です。中古購入はややリスクが高めですが、千載一遇のチャンスが巡ってきたときは思い切った選択をしていいのではないでしょうか?やっぱりステラは最高ですよ!

この記事を書いた人

キノピーのプロフィール写真

マルチアングラー
キノピー

 アジ、アオリイカ、メッキ、カマス、アカハタ、オオモンハタ、ヒラスズキ、メバル、アジング、エギング、ライトワインド、ハードロック、南紀(和歌山県)


シェア
はてなブックマークロゴ
feedlyロゴ

合わせてよく読まれる記事

【比較】ルビアスVSセルテート 超軽量リールと高剛性リールを比較!

ルビアスとセルテートを2つ並べて撮影

【比較】イグジストVSセルテート ダイワが誇る超人気機種を比較!

イグジストとセルテートを台の上に並べている

【比較】ツインパワーVSセルテート!どちらを選ぶべき?結論、好み次第です

左側にツインパワー、右側にセルテートを並べた写真

ダイワとシマノのスピニングリールの違いを徹底比較!【2021年最新】

ダイワとシマノの比較

シマノ・ダイワリールの番手を比較!比較表2021年版

複数のリールを並べている

「スピニング」関連の記事

スピニングリールのハンドルカスタムの世界とは?

リールハンドル

【比較】ヴァンフォードとストラディックは適材適所で使い分けすべし!

ヴァンフォードとストラディックを横に並べた写真

ダイワリールVSシマノリール より耐久性が高いのはどっち?

シマノとダイワのスピニングリールを横に並べている

ツインパワーXDとツインパワーSWの違いとは?同じシリーズでも中身は別物です

船の上から撮影したツインパワーSW8000HG

スピニングリールの値段による違いを解説【ダイワ・シマノ版】

シマノとダイワのスピニングリール写真を6つ並べた画像

シマノの4000番のスピニングリールを全て紹介【2021年最新】

 シマノの4000番のスピニングリールを4種類並べた画像

「シマノ」関連の記事

シマノ・ダイワリールの番手を比較!比較表2021年版

複数のリールを並べている

シマノの「コアソリッド」と「クイックレスポンス」の違いを解説

コアソリッドVSクイックレスポンス

シマノ「ヴァンフォード」は2020年の業界最大級の話題、期待の大型新人だ!

ダイワとシマノのスピニングリールの違いを徹底比較!【2021年最新】

ダイワとシマノの比較

シマノリールの「SW」とは何か?その意味とシリーズを紹介!【2021年最新】

ステラSW

【2021年最新】シマノのスピニングリール新製品情報

「ステラ」関連の記事

新旧ステラ対決!14ステラと18ステラを比較してみた!中古購入はアリ?ナシ?

18 ステラ C2000S

新着記事

ヒラマサキャスティングロッドに必要な性能は?初心者にも扱い易いロッドの選び方などをご紹介

ヒラマサ キャスティングタックル

ライトショアジギングにおけるアシストフックの重要性とは?おすすめのフックセッティングを解説

アシストフック

フカセ釣りに最適な道糸は? 主な釣糸4種の特性とフカセ釣りの適性を徹底解説!

梵天の磯 釣り

目指せ50センチオーバー!オオモンハタを狙って釣るにはこんなルアーがおすすめ!

須崎沖で釣れた47センチのオオモンハタ

フリックシェイクのネコリグをシンカーやフック、オススメカラーまで徹底解説!

フリックシェイクを正面から撮影したもの

ゴミ袋は釣り人が持つべき必需品!釣りの邪魔にならないコンパクトなゴミ袋入れをご紹介!

釣り場のゴミ