「釣りガール」見たことある?

気になる釣りガール達の生態に迫る

16 セルテート HD4000H

ダイワ

ダイワ「16-セルテート」
番手
4000
ギア比
5.7
ドラグ/耐力
8kg
自重
405g
B/R
8/1
糸巻量/回転
101cm
ハンドル長
65mm
ナイロン糸巻量
16-250 / 20-200
PE糸巻量
2.5-300 / 3-250
価格
¥ 51,907

よく比較されるライバルモデル

16セルテートHD 4000Hはショアジギングや近海ライトジギングなどにぴったりなヘビーデューティーモデル

16セルテートHDについて

2016年、「全てのリールが過去になる」といったキャッチコピーと共に16セルテートが発表されました。新技術のマグシールドボールベアリング、超軽量NEW ZAIONローターを搭載し、セルテートらしい強固でタフなコンセプトのモデルでした。そんな16セルテートの中でひっそりとラインナップされたのがセルテートHDでした。当時の背景を振り返りながら、16セルテートHDについてご紹介したいと思います。

ダイワリール史上初、モノコックボディーが採用されたヘビーデューティーモデル

18イグジストの登場により脚光を浴びることになるモノコックボディーですが、実はこの16セルテートHDで初めて採用されました。16セルテートHD発売時にはそれほどフューチャーされなかったのは、LTコンセプトの試験機として採用されたせいかもしれません。この16セルテートHDを皮切りに、17モアザン 3500、17ソルティガBJとモノコックボディー採用のモデルが発売されていくこととなります。

2016年は新基準「LTコンセプト」の布石となる年だったのではない?

2016年のダイワ総合カタログの表紙には、「基準が変わる 発想が変わる 常識が変わる」とあります。当時としてはマグシールドボールベアリング以外大きな発表はなかったのですが、実は当時からLTコンセプト計画が進行していたのではないかと思います。LTコンセプトのキモとなるモノコックボディー採用の16セルテートHDとは、そういった意味では大きな役割を持ったリールだったのではないでしょうか。

16セルテートHD 4000Hの良い点

そんな16セルテートHDから、今回は4000Hをご紹介したいと思います。4000HはラインキャパシティーがPE3号を300m、巻き取り長101センチとヘビーデューティーモデルといえるスペックです。そんなハードな釣りにも耐えうるような16セルテートHD 4000Hの特徴をいくつかご紹介します。

強固なボディー構成

16セルテートHD 4000Hはアルミ合金ボディーが採用されており、モノコックボディーとの相乗効果でその耐久性やパワー、高い剛性感と防水性能は折り紙付きです。中型青物までなら問題なく対応できると思いますので、沖磯や近海オフショアシーンでも活躍してくれるでしょう。特にジギングなどのリールに負荷のかかる釣りではモノコックボディーのリールは相性が良く、5キロ以下の魚であれば主導権を与えることなくファイトできるでしょう。

マグシールドボールベアリングの採用により、ハードな使用にも耐える

16セルテートHD 4000Hでは、特に海水の侵入の確率が高いドライブギア部にマグシールドボールベアリングが採用されました。マグシールドボールベアリングはベアリング内部がオイルシーリングされており、これにより時にはリールが水没する可能性のある磯での釣りや、常に海水の飛沫を浴び続けるオフショアシーンでの釣りでも安心して使用できます。しかしいくらマグシールドが搭載されているからといって、使用後にそのまま放置するのはやめましょう。使用後はぬるま湯でしっかりと塩分を洗い流してリールの回転をキープしましょう。

16セルテートHD 4000Hの弱点

ヘビーデューティーモデル(HD)と銘打たれて発売された16セルテートHD 4000Hですが、ハードな釣り向けに設定された割には正直若干ツメが甘いと感じる点がいくつかあります。より快適に釣りをする為には改良できるところは自分でチューニングした方がよいかもしれません。

ハンドルノブがT型タイプなのでパワーの必要な場合はノブを交換したほうがよい

16セルテートHD 4000hはT型ラージノブが標準装備されていますが、沖磯でのロックショアジギングやオフショアジギングで使用する場合にはラウンド型のパワーハンドルノブタイプに交換をおすすめします。ノーマルのままでも問題なく使用はできますが、中型青物などを狙う釣りで使用する場合にはノブを交換した方が釣り人への負担も少なく、より快適に釣りを楽しむことができると思います。ハンドルノブはユーザーの好みが大きく分かれる部分だと思いますが、ラウンド型の方がパワーの伝達は良いと思います。

ドライブギアがハイパーデジギアではない

16セルテートHD 4000Hのドライブギアは16セルテートの3000番以下と同じデジギアⅡが使用されています。ヘビーデューティーモデルというのであれば正直ハイパーデジギアを採用してほしかったところですが、価格的な問題もあるのかもしれません。大型青物相手にリールに大きな負荷がかかるようなゴリ巻きファイトをしたい場合には、17ソルティガBJ 4000SH20ソルティガ 8000Hをおすすめします。やはり専用リールには敵わないなと感じる部分もあるかもしれません。

16セルテートHD 4000Hの得意な釣り

ショアジギング

PE2号以上を使用するショアジギングでは16セルテートHD 4000Hはベストマッチな1台と言えます。ラインキャパシティーもちょうどよく、巻き取り長101センチも手返し良くジグを操作して魚を狙えるでしょう。同じ番手の4000SHだと、スーパーハイギアなので潮が速いポイントで釣りをする際にハンドルの巻きが非常に重くなり釣り人への負担は大きくなります。快適に長時間釣りをするなら同じ4000でもハイギアの4000Hをおすすめしたいです。

ライトな近海オフショアジギング

PE2号程度を使用した近海でのブリ、サワラなどのジギングゲームでも16セルテートHD 4000Hは非常に活躍してくれます。安心感や耐久性はソルティガやキャタリナなどのオフショア専用リールの方が勝りますが、16セルテートHD 4000Hの方が圧倒的に軽く、長時間のジギングでも疲れずに最後まで釣りに集中できるでしょう。またショアからもオフショアでも使える汎用性の高さは特筆すべき点だと思います。

近海オフショアでのカツオ、サワラのキャスティングゲーム

ジギングでもそうでしたが、キャスティングゲームにおいてもリールの軽さはより重要になってきます。特にナブラを狙って打っていくカツオやサワラのキャスティングゲームでは、とにかく手返し良く正確に投げたい場所へルアーを落とすことが釣果に直結します。そこで16セルテートHD 4000Hの軽さが武器となり、疲れることなくキャストし続けることができるでしょう。

スジアラなどの大型ロックフィッシュゲーム

近年盛り上がりを見せているハードロックフィッシュゲームですが、一部のマニアには沖磯に出向きスジアラやクエといった大型化するロックフィッシュ専門で狙っている方もいます。スジアラは大型になると70センチを優に超え、クエに至っては20キロを超えるものも珍しくありません。そんな大型ロックフィッシュを狙うには、ハードな使用に耐える耐久性を持った16セルテートHD 4000Hがぴったりです。またこれ1台持って行けばハードロックフィッシュから青物ジギングまでできるユーティリティープレーヤーとして役立ってくれるでしょう。

16セルテートHD 4000Hはハードな状況での釣りに耐えうる汎用性の高いモデル

16セルテートHD 4000Hは「沖磯でのショアジギングも近海オフショアジギング、どちらもやりたいけどそれぞれに専用のリールを買わずに1台でやりたい」といった方や、「リールを酷使する環境での釣りが多いから頑丈なリールが欲しいけど、ソルティガやキャタリナではオーバースペックなのでは…」といった方に是非おすすめしたい1台です。良く言えばユーティリティープレーヤーと言える1台ですが、悪く言えば器用貧乏。本格的にオフショアジギング、オフショアキャスティングをやりたい方は専用機種を買うことをおすすめしますが、1台で色々とやりたいといった方にはおすすめしたいモデルです。

この記事を書いた人

ダイワマニア
YSNO

 トラウト(エリア、湖)、青物全般、ロックフィッシュ、シーバス、アオリイカ、ショアジギング、オフショアジギング、エリアトラウト、ウェーディング、ボートロック、エギング、東京湾、東伊豆(静岡県)、房総半島(千葉県)、上越地方(新潟県)、芦ノ湖(神奈川県)、本栖湖(山梨県)

セルテート関連記事

軽さを手に入れた高剛性リール!19セルテートLT2500Sについてインプレッション

19セルテート LT2500S-XHで湖や本流に潜むネイティブトラウトを狙おう

エギングにも使える軽さ!19セルテートLT2500-Hについてインプレッション

シーバスメインのアングラーにおすすめ!19セルテートLT3000-CXH

19セルテート LT3000S-CH-DHは巻きの安定しやすいダブルハンドルが標準装備

アルミモノコックボディによる内容積拡大でギヤを大口径化、さらに強くなった19セルテート LT3000は国士無双の「Next Strong」

【インプレ】ダイワ 19セルテート LT3000-XHを1年間使い倒してわかった事

【インプレ】まさに質実剛健、19セルテート LT4000-Cはローギアの強みを活かしたパワーモデル

軽量で扱いやすい高剛性リール!19セルテートLT4000-CXHについてインプレッション

高剛性なのにコンパクト!「19 セルテート LT5000D-CXH」をご紹介

【インプレ】19セルテート LT5000Dはノーマルギアの強みを活かしたSLJやロックフィッシュにぴったりな1台

ジギング、キャスティングに19セルテート LT5000D-XHがおすすめな4つの理由

16セルテートHD 4000Hはショアジギングや近海ライトジギングなどにぴったりなヘビーデューティーモデル

16 セルテート 3012Hでシーバスやライトショアジギングなどのルアーゲームを楽しもう

関連記事

【比較】ルビアスVSセルテート 超軽量リールと高剛性リールを比較!

【比較】イグジストVSセルテート ダイワが誇る超人気機種を比較!

【比較】ツインパワーVSセルテート!どちらを選ぶべき?結論、好み次第です