オフショアゲームでサワラを釣ってみよう!ロッドを中心にタックルをご紹介

作成:2021.06.30更新:2021.06.30

サワラを防波堤の地面の上において撮影

オフショアにおけるサワラの釣り方

キャスティングゲーム

オフショアサワラキャスティングは強めのロッドがオススメ

オフショアでサワラを狙う時に使用するロッド

オフショアでサワラを狙う方法として非常に人気が高いゲームとして視覚的にもエキサイティングなキャスティングゲームが魅力的です。特にサワラゲームは、ベイトを追ってナブラになることも多く、夏のキハダマグロやカツオ、シイラゲームの様な爆発力があり、良い日に当たれば短い時間にまとめて数本釣れることも珍しくありません。

船中で同時に何人ものアングラーがヒットさせるとランディングの際にタモ入れが間に合わず、抜き上げる必要が出てくることもあり、強めのロッドで強引にファイトし、船上へ抜き上げる必要が出てきます。また時に7㎏以上の大物がヒットすることもあり、主導権を渡さない為にも、ボートシーバスロッド等の柔らかめのものよりもシイラロッドやカツオロッドの様な強めのものがオススメです。

サワラキャスティグは釣り座よって最適なロッドの長さを選択しよう!

サワラキャスティングゲームは乗船する釣り座によってロッドの長さを選択する必要があります。船首(ミヨシ)ではオーバーキャストでキャスティングが出来る船宿も多い為、8フィートクラスの長めのロッドでも問題ありませんが、胴の間からのキャストの場合、キャビンなどが邪魔になりオーバーキャストが出来ないこともあります。その際はアンダーキャストが主体になりますので、6フォート後半から7.5フィートまでの長さが扱い易くオススメです。もちろん8フィートクラスのロッドでもアンダーキャストがしっかりと出来る方は、長めのロッドでも問題ありません。
※写真はパームス製シーラプチャー76ML。私のメインフィールドである相模湾のシイラ、サワラ、カツオキャスティングゲームに幅広く使用出来るユーティリティモデルです。

ダイビングペンシルよりヘビーミノーやシンキングペンシルがおすすめ

サワラのキャスティングゲームでは主にシンキングペンシルやヘビーミノーによる早巻きがオススメです。状況によってはジャーキング等のアクションも有効なこともありますが、ルアーのスピードを変化させる為、サワラが食い損ね歯がラインに当たって切れ易く、全面的にはオススメ出来ません。またダインビングペンシルによる誘い出しでもヒットすることもありますが、シンキングペンシルやヘビーミノーを早巻きで手返し良くキャストを続けた方がヒット率を上げることが出来ます。

サワラの歯を意識して太目のリーダーを!

オフショアでサワラを狙う時に使用するリーダー

サワラは歯が鋭く、釣り人の間では「サワラカッター」と呼ばれ、しばしばリーダーのカットによるルアーロストを経験することがあります。狙うサワラのサイズにもよりますが、40lb以上の太目のリーダーを装着することをオススメします。正直、シンキングペンシルやヘビーミノーでの早巻きでは、あまりラインをカットされることは有りませんが、それでも常にサワラカッターのリスクは付き纏います。状況によっては30lb程のリーダーもルアーの動きや魚からの視認性の影響で食いが良くなることもありますので、状況に応じて調整してみましょう。

ジギングゲーム

フォールで食わせられる柔らかめのベイトロッドがオススメ

ジギングゲームでサワラを狙う際は、基本的にフォールでのバイトを拾う事が多い為、フォールのアタリが取り易いベイトタックルがオススメです。激しいアクションではなく、柔らかいアクションで、フォールを意識したスロージギングに近いアクションが有効な場合が多く、また柔らかめのロッドを使用することでサワラの引きに追従したファイトが出来る為、バラシも低減できます。

オフショアサワラジギングではフロント・リアの両フックを装着しよう

ツインフックのメタルジグ

先程もご紹介しました通りサワラはフォールで食わせることが多く、その為ジグのフォール姿勢も重要になり、リア・フロント双方にフックを装着することでより安定したフォール姿勢が生み出されます。またフックをリア・フロントの双方に着けることでフッキング率も上がり、活性の低い状況でのバイトも確実に拾っていくことが出来ます。

余談ですが、フックに使用するアシストラインも細いものではサワラの歯で切られてしまうこともありますので、200bl以上のものやザイロン製のものなど強い物を使用することをオススメします。

必要とあればワイヤーを先糸に着けることも想定

個人的には常に使用することはオススメしませんが、あまりにもサワラの歯によるカットが多い場合は、リーダーの先にワイヤーリーダーを使用することでカットが低減されます。常時の使用をオススメ出来ない点として、ルアーアクションの変化や魚から視認し易くなる為か、食いが悪くなることがあるので私個人も使うことは殆どありませんが、状況に応じ使用すると思い切ったファイト等もしやすくなるので検討してみて下さい。

オフショアサワラゲームに必要なアイテム

フィッシュグリップはマストで必要

ルアーフィッシングはエサ釣りと比較し、フックが大きく、またフックの数も多い為、安全にフックを外す為にもフィッシュグリップの使用がオススメですが、特にサワラは歯が非常に鋭い為、一瞬でも肌に歯が触れるとサクッと切れてしまい、大量に出血してしまいます。写真撮影等で魚を持つ際は、特にフィッシュグリップで魚を持った方がより安全に持つことが出来ます。

大き目のプライヤーを用意しよう

サワラは釣り上げてからフックを外す際も暴れる事が多く、その際に手や足にフックやサワラの歯が当たり大怪我をすることも珍しくありません。特に返しのあるフックが手などに刺さると船上ではまず抜けず、釣行途中でも帰港するパターンを見かけたことが何回もあります。フックを外す際は釣りをしている中でも最も魚と人間が近づく瞬間です。安全で楽しい釣行をする為にも、プライヤーは大き目のものを使用して魚が暴れてもフックや歯からなるべく距離が取れるものを選びましょう。

オフショアサワラゲームは最適タックルと安全の装備で安心の釣行を!

釣って良し、食べて良しのサラワゲームは個人的にも非常にオススメの分野です。しかしながらサワラの歯やフック、またキャスティングゲームでは他の釣り人にフックを掛けてしまうなど、多くの危険を伴います。折角の楽しい休日でも怪我をしてしまっては元も子もありません。安全に帰港する為には、充分な装備と安全意識を持って安心の釣行を心掛けましょう!

この記事を書いた人

モト助のプロフィール写真

価値ある1本を求めて!
モト助

 マグロ類、青物、シーバス、ヒラメ、トラウト類、オフショアジギング、オフショアキャスティング、ショアジギング、サーフフィッシング、ワイルドトラウト、相模湾、房総半島(外房、南房)東京湾奧、中禅寺湖、1級小型船舶免許


シェア
はてなブックマークロゴ
feedlyロゴ

オフショアジギング、キャスティング用スピニングリールのサイズ、ギア比はこう選ぼう!

船の上にタックルを並べている。青空が綺麗に写っている。

オフショアジギングに最適な時期はいつ?魚種毎の最盛期をご紹介

上越でのオフショア

オフショアジギングでの服装はどうすればいい?季節毎の注意点もご紹介!

オフショアでのポイント移動中

ジグのただ巻きアクションはオフショアジギングでも効果的!その魅力とメリットをご紹介!

メタルジグを机に並べている。マリア・ジグパラ・ダイソージグなど合計6つのメタルジグ

オフショアジギングのタックルボックス収納例をご紹介。収納上手で快適な釣りを!

オフショアジギングの時、タックルボックスに入っている釣具を並べている

オフショアジギング釣行時の持ち物、あると便利なアイテムを一挙に紹介!

オフショアジギングの持ち物