オフショアジギングの鉄板!バケットマウス7000の収納例をご紹介

作成:2021.05.31更新:2021.06.02

タックルボックス全体。ロッドスタンドが四方向に設置されている。

バケットマウスの必要性とは

オフショアジギング、キャスティングゲームでは、船にルアーや小物類を持ち込む際にバッグなどではなくタックルボックスを持ち込むことが一般的です。タックルボックスと一口に言ってもバッカンの様なソフトタイプからバケットマウスの様なハードタイプまで様々なタイプがあります。

そんな中でもオフショアゲームでは、メタルジグ等の重量のあるアイテムを入れる必要がある為、耐久性の高いバケットマウスやリングスターのドカットの様なハードタイプのタックルボックスが必要です。実際に釣行をしても、バケットマウスやドカットの2アイテムのどちらかを使用するアングラーが圧倒的に多く、オフショアシーンでは非常に人気があります。

バケットマウス7000の人気の秘密《使い易く頑丈》

バケットマウスの中でもサイズの選択が可能で、オフショアシーンでは主に7000サイズと9000サイズの2つのサイズの人気が高いです。特に7000サイズは高い収納性がありながらも、9000サイズより一回りダウンサイジングされている為、車の積み込みや船であまり場所を取り過ぎる事が無く、シリーズを通してですが耐久性の高さから座ったりする事も可能です。また同タイプのタックルボックスであるドカットと比較して、使い勝手が良く、ワンタッチで開閉できる仕様やロッドホルダーの様なカスタムパーツが豊富であることも人気がある理由の一つです。

バケットマウス7000の収納例をご紹介

各ケースを使用してアイテム毎に管理

バケットマウスは関して言えば、仕切り等が無く、中身だけで見れば悪く言ってしまえばただの箱と言っても過言ではありません。通常、ルアーやリーダー等の小物類を保管する際は、私は小物ケースやジグケース、プラグケースに分けて収納することが多いです。何も仕切り等が無いからこそ、自分の使い易い様にアレンジでき、その時の釣行に合わせ、ジギングオンリーの際は、ジグを取り出し易い様に収納し、キャスティングゲームも行う場合はプラグケースも一緒に収納しています。ジギングオンリーしかやらない方で、ジグケースを立てて入れ、いつでもジグの交換をスムーズに行える様にする等アレンジ方法は様々です。

▼ジギングオンリーの場合

ジギングゲームだけ楽しむ時のバケットマウス7000の収納例

▼キャスティングゲームも行う場合

プラッギングも楽しむ時のバケットマウス7000の収納例

タックルボックス収納例については、下記の記事で詳しく解説していますので、参考にしてみて下さい。

オフショアゲームでは便利なロッドホルダーのカスタムが非常に人気!

バケットマウスにロッドホルダを設置した様子

ショア・オフショア問わずガッツリ一日中釣りをする方にとって状況や時間毎のターゲットに合わせて数タックル持参することが多くなると思います。その際、カスタムパーツのロッドホルダーを装着するとロッドやリールを直置きする必要がなくなる為、タックルの破損や傷が付き難くなり非常に便利です。またオフショアシーンでは、船を待機している時間や船によっては充分なロッドホルダー数を搭載していない船もあります。その様な状況で、タックルボックスの横にロッドを立てかけておけるのは、タックルの素早い交換などに役立つ為、非常にオススメです。

釣行時には内ブタを使うことで道具の一時保管が可能

バケットマウスの収納例

釣行中、魚の活性や状況によりジグやプラグを変えることはよくあることだと思いますが、私はその際、ルアーケースに戻すのではなく、内ブタに保管することで海水による他のルアーへの錆び等を軽減させています。こうすることでその日使ったルアーと使わなかったルアーの識別がし易く、釣行後のルアーの洗浄がし易くなります。

こんなデメリットも…

カスタムロッドホルダーが外れやすい

先程ご紹介した様にバケットマウスはカスタムパーツが多く、どのカスタムパーツも工具を使わずワンタッチで取り付けられるものが多いのが最大の特徴です。しかしその分デメリットもあり、ロッドホルダーに関して言えば車での積み込みや持ち運びの際の衝撃ですぐにロックが外れやすく、不安定な状態になり易いです。ロックが外れたからと言ってすぐにロッドが倒れたりすることは有りませんが、持ち運びの際はロッドが傾いたりと不便に感じることが多々あります。

ショア・オフショア共に使える万能ボックス

これまでご紹介致しました通り、ジギングなどのハードな釣りにおいては頑丈で使い易いバケットマウスは非常に便利です。オフショアシーンでの使用を想定して魅力をお伝え致しましたが、ロックショアジギングでは、ちょっとぶつけても壊れない、ロッドを立てて置ける、椅子として使用できる等、メリットも非常に多いです。バッカンタイプのタックルボックスも軽くて持ち運びし易いですが、特に重いジグをよく使用する方は、耐久性の面から見てもバケットマウスの様なハードタイプのタックルボックスがオススメです。

この記事を書いた人

モト助のプロフィール写真

価値ある1本を求めて!
モト助

 マグロ類、青物、シーバス、ヒラメ、トラウト類、オフショアジギング、オフショアキャスティング、ショアジギング、サーフフィッシング、ワイルドトラウト、相模湾、房総半島(外房、南房)東京湾奧、中禅寺湖、1級小型船舶免許


シェア
はてなブックマークロゴ
feedlyロゴ

オフショアジギングでの根魚ゲームの魅力を解説!引き良し、味良しの人気ターゲット!

オフショアジギングにおける根魚ゲームは近年、専門分野として確立されつつあります。強烈な引きと食べても非常に美味しい為、年々人気も上昇中です。ここではそんな根魚の魅力と特徴をご紹介していきます。

公開:2021.05.31 / 更新:2021.05.31

 合わせて読みたい オフショアで釣れたキジハタを船の床に置いて撮影

オフショアジギング、キャスティング用スピニングリールのサイズ、ギア比はこう選ぼう!

これからオフショアジギングやキャスティングを始めたい、けどリールの大きさや種類が沢山あってよくわからない、と悩んでいる方に参考にしてほしい、対象魚や釣り方別のリールの選び方をご紹介したいと思います。

公開:2021.05.31 / 更新:2021.05.31

 合わせて読みたい 船の上にタックルを並べている。青空が綺麗に写っている。

オフショアジギングでの服装はどうすればいい?季節毎の注意点もご紹介!

オフショアジギングと言っても専門的な服装は必要なく、動きやすい恰好であれば釣りは出来ます。しかしより適した服装をすればより快適に釣りができます。ここではシーズン毎のおすすめの服装などをご紹介していきます。

公開:2021.05.26 / 更新:2021.05.27

 合わせて読みたい オフショアでのポイント移動中

ジグのただ巻きアクションはオフショアジギングでも効果的!その魅力とメリットをご紹介!

オフショアジギングと言えばジグをハードにシャクるイメージがありますが、近年ではただ巻きでも釣れる釣法も確立されてきています。ここでは初心者にもオススメなただ巻きアクションのメリットをご紹介していきます。

公開:2021.04.22 / 更新:2021.04.22

 合わせて読みたい メタルジグを机に並べている。マリア・ジグパラ・ダイソージグなど合計6つのメタルジグ

オフショアジギングのタックルボックス収納例をご紹介。収納上手で快適な釣りを!

オフショア向けのタックルボックスは仕切りが無いものが多く、メタルジグや小物類等をそのまま保管すると使用する際に非常に不便です。そんなシーンに対応するタックルボックスの収納例をご紹介していきます。

公開:2021.03.31 / 更新:2021.03.31

 合わせて読みたい オフショアジギングの時、タックルボックスに入っている釣具を並べている

オフショアジギング釣行時の持ち物、あると便利なアイテムを一挙に紹介!

船宿のサービス向上や設備向上により年々始める人が増えてきたオフショアジギングゲーム。ショアゲームと違った必要、あると便利な持ち物を一挙に紹介していきます。

公開:2021.03.22 / 更新:2021.04.12

 合わせて読みたい オフショアジギングの持ち物