19 ステラ SW 8000HG

シマノ

番手
8000
ギア比
5.6
ドラグ/耐力
25kg
自重
625g
B/R
13/1
糸巻量/回転
107cm
ハンドル長
75mm
PE糸巻量
3-410 / 4-300 / 5-250
価格
¥ 105,789

できる釣法

よく比較されるライバルモデル

オフショアジギングリールの最高峰!シマノ ステラSW8000HGのインプレッション

国内釣り具メーカーであるシマノが販売するオフショアジギングリールの最高峰。中でも大型回遊魚向けに開発された「ステラSW8000HG」は他のリールの追随を許さない圧倒的な耐久性、パワー、巻き心地、ドラグ性能。ここでは主にオフショアでのジギングゲームで実際に使用したインプレとして、メリット及びデメリットをご紹介して行きます。

ステラSWとは

多くの釣り人の憧れのリールとして、広く認知している「ステラ」ですが、オフショア向けに更に高強度、高耐久に性能を振っている「ステラSW」。価格も高価ですが、中古品でも他のリールと比較しても価格があまり落ちず高値で取引されており、非常に人気が高いのも特徴です。2019年にフルモデルチェンジを果たし、今まで以上に耐久性、ドラグ性能、巻き心地、使い易さが向上しています。

パワーと滑らかさの両立

19ステラSW8000Hと旧モデルの大きな違いは巻きの軽さとローターのダウンサイジングによる自重の軽量化の2点です。まず最初に巻きの軽さですが、「インフィニティドライブ」搭載によりで滑らかな巻き心地に加え魚をを掛けた後もワンサイズ小さい魚と錯覚する程、巻きが軽く力強くなっています。2点目は自重の軽量化です。今回8000番モデルのみジギングでの使用に特化し、ローターが専用設計となりコンパクト化されています。旧モデルと比較し、ローターが約50gも軽くなっている為、一日中シャクっても疲労感が少なく、またローターの回転慣性が低減されているので、巻きのパワーが増し、ヒラマサやカンパチの突っ込みを止め、ガチンコファイトで魚の頭を上に向かせ易くなった様に感じます

耐久性の向上

今回のモデルでは特にラインローラーの耐久性が旧モデルと比較し、10倍の耐久UPとの触れ込みがあります。筆者は主に銭洲や外房、相模湾で使用することが多く、平均して月5~6回の釣行にて1年程使用しています。使用後は水洗いのみですが、10倍の数値を実感した訳ではありませんが、使用頻度の割にはラインローラーのシャリシャリ音が発生せず、問題なく使用できています。もちろんギアのゴロツキ等もなく、快適に使用できています。

ローターを大幅に軽量化

19ステラSWはシリーズ全体を通して「インフィニティドライブ」搭載による巻きの軽さを実現していますが、8000番のみ コンパクトローラーの採用により、旧モデルと比較し、50g程軽量になっています。この軽量化により、ジギングでのシャク りの軽さ、巻きの軽さに繋がっています。

下位機種ツインパワーSW8000HGとの違い

巻きの軽さ

まず初めに断っておきたいのが、ツインパワーSWもものすごく完成度の高いリールです。近海オフショアジギングで殆どのシーンで問題なく活躍できるでしょう。しかしステラSWを使用した後ツインパワーSWを使用すると、巻き心地や巻きの軽さにおいて「不具合かな?」と感じる程、違いがあります。今回新しく搭載された「インフィニティドライブ」の恩恵を強く感じました

ドラグの滑らかさ

ドラグ性能においても、少し差があるように感じました。特に感じたのが、2キロクラスのカンパチ、ヒラマサを掛けた際、少しの突っ込みでもステラSWの方がスムーズにドラグが出る様に感じます。魚の動きに忠実に追従する為、不意な突っ込みもラインへの負荷を軽くし魚とのファイトも優位に立てるでしょう。

魚を掛けた後のファイト

巻きが強いことが特徴ですが、明確に感じたのが伊豆諸島の銭洲での7キロクラスのカンパチとのファイト時です。底から5mほどのベタ底で掛けた為、根擦れを懸念しゴリ巻きしましたが、魚の頭が下に向いた状態でも巻きの力だけで上に向けることができました。「4~5キロくらいのサイズかな?」と思いましたが、魚のサイズを1ランク小さく感じる程、優秀です。

ステラSW8000HGの気になる点

スプール互換性の無さ

先ほど述べました通り、8000番のローターはジギングに特化した専用設計になっており小型化されています。その為、旧モデルでは8000番~14000番までスプールの互換性があったのですが、19ステラSWからは8000番は専用番手となり、それ以上のスプールを付けようとするとローターに接触してしまいます。※上:8000番スプール装着時、下:14000番スプール装着時(双方:ボディは8000HGを使用)

ライン放出

通常使用時はライン放出も非常に良く、問題なく使用できます。しかし深場でのジギングやライン交換時にライン残量が少なくなり、スプールキャパの半分程になるとラインがスプールエッジに引っ掛かることがあります。実際にスプールキャパが半分になった状態でキャスティングをしたりすることは多くありませんが、ダイワの最高峰:ソルティガでは同様事象は起こらなかった為、気になるところです。

価格

最高の性能を体験させてくれる素晴らしいリールですが、その分価格も非常に高価です。特にオフショアジギングは予備も含め2~3タックル船に持ち込む為、実売価格:10万円弱の価格設定は決して手軽に購入できる品ではないでしょう。

放熱機能の除外

ステラSW10000番以上の番手には搭載されている「ヒートシンクドラグ」の搭載がありません。マグロ類の走る魚には、「ヒートシンクドラグ」によりスプールの放熱性を高めてラインへの熱ダメージを少なくする方が好ましいです。ステラSW8000HGはPEライン4号:300mが巻ける為、相模湾等でのキハダマグロゲームにも使用できますが、この点では10000番以上の番手のリールの方がマグロ類には向いていると言えるでしょう。

ステラSW8000HGに向いている釣り

大型青物ジギング

ステラSW8000HGが向いている釣りとして、大型のヒラマサ、カンパチ、ブリの青物ジギングがオススメです。特にヒラマサ、カンパチの様に掛かった瞬間根に向かって走る魚にとって走りを止め、アングラー側に魚の頭を向ける作業は魚を確実にキャッチする上では非常に重要です。ドラグを締め込みゴリ巻きができ、またハイギアでありながらパワーギアの様に力強く扱える為、アングラーに有利なファイトが展開できます。

ショアジギング

大型のブリやヒラマサ向けのショアジギング(岸釣り)にも非常にオススメです。コンパクトローター採用によりリールの自重が軽くなっている為、重いジグを一日中投げ、シャクり倒すハードな釣りにおいて、タックルが軽くなることは非常に大きなアドバンテージとなります。PEライン4号:300mのラインキャパシティは、ショアからの釣りの大部分をカバーできるでしょう。

その他魚種

オフショアでの回遊魚以外にも、海外でのキングサーモンやバラマンディ等の大型淡水魚向けにも使用し易いです。過去にニュージーランドでのキングサーモンフィッシングでツインパワーSW5000XGを使用しましたが、引きが強く回遊魚並みに走るので5000番サイズでは、少しパワーが不足している様に感じました。ステラSW8000HGであればより安心したファイトができるでしょう。

総評

高価な半面、一度使用すると他のリールでは満足できなくなるほど非常に完成度が高いリールです。私自身まだ記録級のサイズを掛けた訳ではありませんが、今後の釣行で記録級の魚を掛けた際も、巻きのパワーによるファイトのやり易さを感じることができる筈だと確信しています。また釣行が多い方にとっても耐久性が高い為、ハードな釣りにもガンガン使用できる安心感が非常にうれしいポイントです。

この記事を書いた人

価値ある1本を求めて!
モト助

 マグロ類、青物、シーバス、ヒラメ、トラウト類、オフショアジギング、オフショアキャスティング、ショアジギング、サーフフィッシング、ワイルドトラウト、相模湾、房総半島(外房、南房)東京湾奧、中禅寺湖、1級小型船舶免許

19 ステラ SW 8000HGに
スペックが近いリール

20 ソルティガ 8000-H
/ ダイワ

ギア比
5.8
ドラグ/耐力
25
価格 
¥ 91,800
PE糸巻量 (号)
3-400 / 4-300

15 ツインパワー SW 8000HG
/ シマノ

ギア比
5.6
ドラグ/耐力
28
価格 
¥ 60,665
ナイロン糸巻量 (lb)
20-275 / 22-230 / 30-160
PE糸巻量 (号)
3-410 / 4-300 / 5-250

21 セルテート SW 8000-H
/ ダイワ

ギア比
5.8
ドラグ/耐力
25
価格 
¥ 58,454
PE糸巻量 (号)
3-400 / 4-300

21 ツインパワー SW 8000HG
/ シマノ

ギア比
5.6
ドラグ/耐力
25
価格 
¥ 63,580
PE糸巻量 (号)
3-410 / 4-300 / 5-250