バス釣りで実績の高い羽根モノはこれ!ビックバスを呼ぶおすすめクローラーベイト12選

作成:2024.02.04更新:2024.02.04

クローラーベイトで釣ったバス

バス釣りのトップウォータープラグとして1つのジャンルを確立した「羽根モノ」は昨今数多くのメーカーからリリースされています。高いアピール力と喰わせ能力を持ち、オープンエリアからカバー周りまで幅広いスポットで活躍してくれる羽根モノは今のバス釣りにはなくてはならない存在とも言えるでしょう。

しかし、数多くのメーカーからリリースされていることで、どの羽根モノを選べばよいのかわからない!という方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方のために羽根モノルアーのオススメを厳選してご紹介していきます。

羽根モノ(クローラーベイト)とは?

ダッジの写真

羽根モノとは、サイドに2つのウイングが付いた形のルアーで、クローラーベイトとも呼ばれています。リトリーブするとボディをパタパタと左右に揺らし、水面に落ちてもがく虫のようなアクションを演出してくれます。

バス釣りで羽根モノを使うメリットデメリット

バス釣りで羽根モノを使うメリットデメリットについてご紹介していきます。

羽根モノを使うメリット

アクションの幅が広い

ウェーダーでバス釣りをする姿を横から撮ったもの

羽根モノはスローリトリーブや高速巻き、ポーズ、シェイクといったように魚の活性やポイントにマッチした様々なアクションを引き出せることが大きな魅力となっています。

1つのルアーで多彩な動きを引き出せることは、おかっぱりのような限られたルアーでランガンする場合などにも有効です。

スポットをじっくり攻略できる

橋の下でベイトリールをリトリーブするシーン

羽根モノは基本的にスローにリトリーブすることが多く、中にはほとんど動かしていないのに、羽をパタパタと揺らせるほどに繊細なアクションが出せる製品も存在しています。そのため、極限まで移動距離を抑えて、ピンスポットを狙うことに向いているルアーと言えるでしょう。

サイズを選んだ釣りができる

ベイトリールとデカバス

羽根モノルアーはサイズ展開が豊富で、狙いたい魚のサイズに合わせてルアーサイズをセレクトすることができます。

数釣り重視の小型羽根モノ,デカバス狙いの大型羽根モノといったようにターゲットに合わせてサイズを選んでみましょう!

羽根モノを使うデメリット

ウイングが破損する可能性がある

ダッジのウイング部分

羽根モノは、ウイングと呼ばれる羽根がアクションの"キモ"となっています。しかし、何らかの衝撃で羽根や接合部が破損してしまうと、キレイに泳がなくなってしまう場合もあるのです。

今では、ウイングを取り換えられるように別売りしているメーカーもたくさんあるので、予備として備えておくのもおすすめです。

キャスト精度が低い

20メタ二ウムとダッジの写真

羽根モノは、ウイングやフェザーなど空気抵抗を大きく受けるパーツが付いています。そのため、キレイに真っ直ぐ飛ばすことが難しいことも覚えておきましょう。特に風が強いシチュエーションなどでは、キャストを常に慎重に行う必要があります。

バス釣りにおすすめの羽根モノを厳選してご紹介

クローラーベイトのパッケージ写真

バス釣りで特に実績の高い羽根モノについて厳選してご紹介していきます。どのメーカーの羽根モノを購入しようか迷われている方はぜひご覧ください。

【レイドジャパン】ダッジ

発売から8年以上経った今でも品薄状態が続くほどに人気の高い羽根モノで、SNSでは多くの釣果が上がっています。デッドスローリトリーブ時のハイピッチロールが一番の魅力となっており、プレッシャーが高いフィールドのバスでも思わず口を使ってしまうほどの高い喰わせ能力を持っています。

ウエイトは1ozと絶妙な重さで、M,MHタックルで扱いやすいことも大きな魅力と言えるでしょう。

レイドジャパン ダッジ

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【レイドジャパン】デカダッジ

オリジナルサイズのダッジの特徴とも言えるフィネス的な要素を残しつつ、よりアピール力が高く設定されています。

羽根モノが苦手としている水面が荒れた状況や濁りの激しいフィールドにおすすめのサイズ感です。

レイドジャパン デカダッジ

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【イマカツ】アベンタクローラー

スーパーデッドスローに特化して作られた羽根モノとなっており、少しの水流でも羽根をパタパタと揺らすことができるため、ピンスポットの攻略にも有効です。

アベンタクローラーは、ハイプレッシャーフィールドでの実績も非常に高く、多くのアングラーから信頼を集める羽根モノとなっています。

イマカツ アベンタクローラー

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【イマカツ】アベンタクローラーRS

デッドスローを突き詰めて作られたアベンタクローラーをウッド素材でリメイクし、よりデッドスロー化したモデルとなっています。ルアー素材やウイングのサイズ、位置を再設計することで、ルアーがほとんど移動することなく、羽を動かし続けることができるのです。

トーナメントで多くのプロが愛用するほどにハイプレッシャーフィールドで実績の高いルアーと言えるでしょう。

イマカツ アベンタクローラーRSR

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【デプス】NZクローラー

フラットワイド形状による強い水押しが特徴の羽根モノとなっています。大型のウイングによって発生するトルクフルな力強いクロールは、ビッグバスを遠くから呼び寄せる強いアピール力を持っており、ピンスポットからオープンエリアまで幅広い状況にマッチします。

サイズは全部で3タイプ用意されいるため、ご自身のフィールドにマッチしたサイズを選んでみましょう!

デプス NZクローラー

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【ディースタイル】レゼルブビッグ

ジョイント構造を採用し、ビッグサイズでありながらフィネス要素を含んだ羽根モノになっています。「止めても良し・巻いても良し・揺らしても良し」と様々な使い方ができる引き出しの豊富さが大きな魅力と言えるでしょう。

喰わせを重視した釣りには非常におすすめできる羽根モノです!

ディスタイル(Dstyle) レゼルブ ビッグ 130mm Gスパークアユ

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【メガバス】Iウイング135

超デッドスローリトリーブ時のハイピッチロールが大きな特徴で、まるで弱ったベイトに群がりついばむ小魚群のような動きが演出できます。また、ハイピッチロール以外にも"ジョイント構造によるテールウォーク"や"ウィングアクションと連動したサウンド"など様々なギミックが盛り込まれた羽根モノです。

メガバス Iウイング135

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【ジャッカル】ポンパドール

低速~高速リトリーブまで幅広い巻きスピードに対応できるオールラウンダーは羽根モノです。
金属のウイングの強烈な水押しやペラによるバブルなど、様々な側面からバスにアプローチをしてくれます。

サイズ展開は全部で3種類用意されており、アピール力やフィールドの規模によって使い分けることが可能です。

ジャッカル ノイジー ポンパドールJr.

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【ジャッカル】RVクローラー

トーナメントシーンやタフコンディションを想定して作られた羽根モノで、デッドスローリトリーブでの使用をメインとして設計されました。ウイングやボディ形状を見直し、移動距離を抑えたハイピッチのクロールアクションやピクピクアクションを演出できます。

ハイプレッシャーフィールドでの使用を検討している方にオススメの羽根モノです!

ジャッカル RVクローラー

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【ガンクラフト】ジョイントクローラー178

ジョインテットクローにウイングが付いたような見た目をしており、デッドスティッキングから高速リトリーブまで、様々なリトリーブスピードに対応したクローラーベイトとなっています。

リトリーブのスピードによって、"水面でもがく小魚"や"高速で逃げ惑う小魚"など幅広いベイトアクションを演出できることが大きな特徴です。

ガンクラフト ジョイントクローラー178

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【サニーブロス】D-4

デッドスローアクションを軸として開発されたD-4ですが、スローからハイスピードまで対応したオールラウンダーな羽根モノとなっています。水面では羽根が水中に沈むように調整されており、初動の良さやゴミの回避性能などにもこだわりを持って作られています。

野池やリザーバーといった小場所から広大なフィールドまで対応した小さすぎず大きすぎないサイズ感も魅力です。

サニーブロス D-4

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

【ダイワ】バンクフラッター

佐々木勝也プロが作り上げたおかっぱりに特化したフィネスな羽根モノです。おかっぱりで使うことを想定し、どんな状況でも足元までしっかりとアクションが継続できるように構造を見直しています。コスパ重視の扱いやすい羽根モノが欲しい!という方はバンクフラッターがおすすめです。

ダイワ バンクフラッター

各モールで詳細確認

Amazon 楽天 Yahoo

 

羽根モノでタフなポイントを攻略しよう!

ダッジで釣ったバス

今回は、バス釣りのトップウォータープラグの1つである「羽根モノ」についてメリット・デメリットやおすすめ製品をご紹介してきました。今では多くのメーカーからこだわりの羽根モノがリリースされており、どの製品もそれぞれ工夫点や特徴が変わってきます。

今回の記事をもとに皆さんのフィッシングスタイルにマッチした羽根モノをセレクトしてみてください!羽根モノを使ってアグレッシブなバイトを楽しみましょう!

記事中の紹介グッズ一覧

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

ディスタイル(Dstyle) レゼルブ ビッグ 130mm Gスパークアユ

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

イマカツ アベンタクローラーRSR

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

ジャッカル ノイジー ポンパドールJr.

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

レイドジャパン ダッジ

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

レイドジャパン デカダッジ

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

イマカツ アベンタクローラー

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

デプス NZクローラー

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

メガバス Iウイング135

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

ジャッカル RVクローラー

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

ガンクラフト ジョイントクローラー178

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

サニーブロス D-4

amazonロゴ 楽天ロゴ Yahoo!ロゴ

ダイワ バンクフラッター

この記事を書いた人

木村玄のプロフィール写真

バス釣り一筋丸10年
木村玄

 バス、たまにうなぎ、巻物、サイトフィッシング、フィネス、霞ヶ浦・北浦 野池・川・ダム(茨城県)


シェア
はてなブックマークロゴ
feedlyロゴ

合わせてよく読まれる記事

シマノのスピニングリールでバス釣りに適したモデルをすべて紹介!【2023年最新】

虫パターンでバスを狙う時に使用するタックル。リールはヴァンキッシュ。

バス釣りで反則級に釣れるルアーはあるの!?よく釣れるルアーの特徴とは?

ブラックバス釣りに使用するルアーを机の上に並べた

バス釣りカバー撃ちのコツを伝授!カバー撃ち向けタックルも紹介

釣り上げたブラックバスを持ち上げている

減水バス釣りで連発!レベルバイブブーストの信用は絶大 [インプレ]

減水時にバイブレーションで釣り上げたブラックバス

バス釣り・レイダウン攻略のためのタックル・ルアー・アクション

ブラックバスの口を左手で押さえ、口の中を撮影

夏バス釣りの虫パターンを決める法則とは?観察すべき現場のアレ

虫を演出する事で釣り上げたブラックバス

「バス釣り」関連の記事

最強ラバージグトレーラーのおすすめ20選!用途別の選び方や正しい付け方も解説!

ラバージグを並べた写真

スピナーベイトの使い方4つを徹底解剖!季節ごとのアクション法や使い分けも解説

スピナーベイトを並べた写真

【バス釣り】テキサスリグのワーム18選!付け方やおすすめ製品をご紹介!

テキサスリグをセッティングした写真

釣れる名作クランクベイト30選|全国で釣果を上げる実力派のクランクはこれ!

クランクベイトを並べた写真

釣り針用のシャープナーはこれがおすすめ!正しい使い方や選び方もご紹介

フックシャープナーとフックの写真

ワッキーリグを徹底解剖|使い方や刺し方、おすすめのワーム・フックなどをご紹介

ネコリグを手に持った写真

「ブラックバス」関連の記事

山中湖のバス釣りのルールをおさらいしよう!【2023年最新】

湖で泳ぐ二羽のカモ

バス釣りカバー撃ちのコツを伝授!カバー撃ち向けタックルも紹介

釣り上げたブラックバスを持ち上げている

バス釣り・レイダウン攻略のためのタックル・ルアー・アクション

ブラックバスの口を左手で押さえ、口の中を撮影

デカバスの釣り方(サイトフィッシング編) in 関東ハイプレッシャーレイク

見えバスがシャローエリアを優雅に泳いでいる様子

夏バス釣りの虫パターンを決める法則とは?観察すべき現場のアレ

虫を演出する事で釣り上げたブラックバス

デカバスが釣れるおすすめルアー&ワームを紹介!関東近郊バサーも大物に挑戦

ブラックバスの下あごに大きいルアーが引っかかっている

新着記事

堤防でフカセ釣りをする際に必要なアイテムと注意すべきこととは?

平塚新港はファミリーフィッシングを始めるには最適なポイント

冬のナマズ釣りを徹底解説!居場所やおすすめルアー、アプローチ方法を知ろう!

スピナーベイトで釣れたナマズ

フカセ釣りの【コツ】について考える。常に結果を残す人とそうでない人の差は何なのか?

朝の江の島表磯

アラバマリグの小型モデルおすすめ5選!野池でも使いやすいコンパクトアラバマを紹介

アラバマリグを撮った写真

ドライブスティックスティックのバックスライドが釣れる!エビ跳ねアクションが喰わせのキモ!

ドライブスティックのバックスライドセッティング

【名作】イモグラブの釣れる使い方を解説!特徴や最適なフック、使いどころなど

イモグラブ