20 ツインパワー C2000SHG

シマノ

シマノ「20 ツインパワー C2000SHG」
番手
2000
ギア比
6.1
ドラグ/耐力
3kg
自重
180g
B/R
9/1
糸巻量/回転
82cm
ハンドル長
45mm
ナイロン糸巻量
12-125 / 16-100 / 20-75
PE糸巻量
0.6-150 / 0.8-110 / 1-80
価格
¥ 34,878

搭載の機能・素材

よく比較されるライバルモデル

20 ツインパワー C2000SHG の特徴・用途・比較モデルについて

20ツインパワーで最小モデルとなる「C2000」番台。そのうちのハイギアモデルとなる「C2000SHG」は小さい番手でありながら、汎用性・操作性よりも、耐久性・手返しの良さが重視されている、釣り人の趣向に依存した、少しマニアックな要素を感じます。

20 ツインパワー C2000SHG の用途

C2000番という事でライトゲームでの使用が想定されますが、ハイエンドモデルにしては少し重量があります。耐久性を重視しているため、ライトゲームの中でも大型のサイズを中心に狙っていくような場合や、不意な大物が掛かっても安心して戦えるという事は、大きなアドバンテージとなるでしょう。また、ライトゲームだけでなく、運河でのシバースゲーム、淡水域でのブラックバス、大型のトラウトなどでも十分に戦える力を備えています。

20 ツインパワー C2000SHG と比較されるリール

ギア比は釣り人の好みの部分がありますが、同番手でノーマルギアを求めるなら「C2000S」が良いでしょう。番手は上がりますが「2500S」とも比較されている方も多いようです。別モデルでは「19 ヴァンキッシュ C2000SHG」との比較も散見されます。主に小型を狙うライトゲームを想定している方はこちらが良いでしょう。ダイワリールとはあまり比較をされていない傾向ですが、スペックから考慮するならば「20 ルビアス FC LT2000S-XH」などが比較候補として挙げられるのではないでしょうか。

この記事を書いた人

釣りクラウド運営局
釣りクラウド編集部

 オールラウンド、オールラウンド、全国

ツインパワー関連記事

シリーズの長所はライトゲームでも発揮される?20ツインパワーC2000Sを徹底インプレ

20 ツインパワー C2000SHG の特徴・用途・比較モデルについて

歴代最強、最軽量、11代目ツインパワー 2500Sが登場!

モデルチェンジで剛性低下!?20ツインパワー2500SHGについてインプレ!

20ツインパワー C3000は、パワーも巻きの滑らかさも譲らない、妥協なき万能リール!

20 ツインパワー C3000MHG の特徴・用途・比較モデルについて

20 ツインパワー C3000XG の特徴・用途・比較モデルについて

20ツインパワー3000MHGは超万能!軽さと強さを兼ね備えた絶妙のサイズ!

20 ツインパワー 4000 の特徴・用途・比較モデルについて

20 ツインパワー 4000PG の特徴・用途・比較モデルについて

シーバスやサーフゲームに最適?20ツインパワー4000MHGについてインプレッション

【半プラ】前作からどう変わった?20ツインパワー4000XGについてインプレ

20ツインパワー C5000XGは中級者からのステップアップに最適。

高剛性高耐久!15ツインパワー4000HGをインプレ!

この1台で様々な釣りに使用可能!15ツインパワー4000XGの使用インプレッションをご紹介。

関連記事

20ツインパワーのハンドルノブをゴメクサスにカスタマイズ!【画像付き手順解説】

【比較】ツインパワーVSセルテート!どちらを選ぶべき?結論、好み次第です