シーバス初心者にオススメしたい入門用のロッド・リールのタックルを紹介

作成:2021.06.11更新:2021.06.11

モアザンブランジーノ3000で釣るシーバス

これからシーバスを始めてみたいという方にとって、最も頭を悩ませることは、どのロッドやリールを揃えたらよいかわからないということではないでしょうか?今回は、大手メーカーであるダイワ、シマノを中心に初心者の方にオススメしたい入門用のタックルをご紹介します。

入門用ロッドのオススメは?

ひとえにロッドと言ってもシーバス専用と言われるものや、汎用ロッドもありますし、長さものから短いものまでとても種類が多くあるため、どれを選べばよいかわかりにくくなってしまうでしょう。はじめたばかりであれば、極端に高いものや、短すぎたり長すぎるものを選ばずに、汎用性が高いものを選ぶとよいでしょう。

ロッドの長さ

長さは、8.6ft~9.6ft程度のものが扱いやすいです。自分がどのようなフィールドに行くかで変わるところではありますが、大型の河川であれば、9.6ftのロッドの方が飛距離を出せますし、港湾部のような少し狭いフィールドでは、8.6ft前後のロッドの方が取り回しが良くなります。

ロッドの硬さ

ロッドの長さ表記の後に「ML」や「MH」などのアルファベットがありますが、これはそのロッドの硬さを表すものになります。簡単に表すと、「L」⇒「ML」⇒「M」⇒「MH」の順に硬くなっていきますし、さらに細かい調整をされているものもあります。一般的には「ML」のものが硬すぎず柔らかすぎずで使いやすい調子になります。ロッドの硬さはベイトの種類やシーバスの活性によって最適なものが異なりますが、まずは「ML」のロッドか入り、自分の釣りがわかってきたタイミングで調子も再検討という流れが良いと思います。

オススメの入門ロッド

シマノ ルアーマチック S86ML

実売7~8,000円程度のロッドで、汎用性も高くコスパで言えば最強クラスのロッドたと思われます。長さのバリエーションも豊富で特に初心者の方に人気のロッドです。グリップエンド部分が少し短いのでわきに挟むということはできなさそうですが、とても扱いやすいロッドだと思います。

シマノ ムーンショットS86ML/S96ML

実売13,000~14,000円程度のロッドになります。シーバスやヒラメ、青物を対象としたロッドで、シマノ独自の強化構造ハイパワーXをされた強さが売りのロッドです。値段は1万円前後ですが、高いロッドにもヒケを取らない良いロッドです。

ダイワ リバティクラブ シーバス86ML/96ML

実売8~9,000円程度のロッドで、ダイワのシーバスエントリーモデルになります。86MLは、湾奥・運河・小河川でのラン&ガンスタイルに適したサイズですし、96Mはシーバスに最適なモデルであると同時に、ライトショアジギングにも使える仕様ですので、低価格の上に汎用性が高いモデルです。

ダイワ シーバスハンターX 86ML・R/96ML・R

実売14,000~15,000円程度のロッドになります。シーバス用の重たいルアーでも遠投できるよう、捻じれに強く軽量なカーボンブランクを採用しています。シーバスを軸に、サーフゲームのヒラメ・マゴチ、堤防でのライトなショアジギングにも対応できます。

入門用のリールのオススメは?

シーバスの入門用のリールとしては高級なものは必要ないでしょう。中にはシーバス専用リールと言われるモデルもありますが、最初は必要ないと思います。サイズも数多くあるため悩みがちですが、シマノであれば、C3000番、ダイワであればLT3000か4000番を選んでおけば良いと思います。ロッドとの重量バランスも大切ですが、釣具屋で購入する際には店員さんに自分の持っているタックルを伝えれば、試しに合わせてもらえるかもしれません。

シマノ 17サハラC3000HG

実売6~7,000円程度のリールで、エントリーモデルとして抜群のコスパを誇るでしょう。剛性の高い「HAGANEボディ・ギア」や軽やかなリーリングを実現する「X-SHIP」も搭載されています。

シマノ 16ナスキーC3000HG

実売8~9,000円程度のリールで、17サハラより上のグレードに位置するモデルになります。搭載されている機能も17サハラにあるものはもちろん、防水性能を上げる「コアプロテクト」が搭載されています。

ダイワ 20レブロスLT3000-CH

実売7~8,000円程度のリールで、モデルチェンジされてLT化されたことにより、エントリーモデルながらとても上質なリールに生まれ変わりました。性能と金額を考えても、とてもコスパの良いリールです。サイズ表記ですが、ロッドが8ft台であれば「LT3000-CH」で、9f台ならば「LT4000-CH」がロッドとリールのバランスが程よく取れるでしょう。

ダイワ 18レガリスLT3000-CXH

実売8~9,000円程度のリールで、18レブロスの上のグレードに位置します。魚の引きに追従して機能するドラグシステムである「ATD」が搭載されています。このドラグシステムは非常に魅力的であるため金額を出してもよいと思います。こちらもロングロッドを使用する場合には、「LT4000D-CXH」も試してみることをオススメします。

入門用タックルを揃えてシーバスを釣りに行こう!

初心者の方が最初にタックルを揃えるのに高級機種は必要ありません。まずは慣れが必要だと思いますので、上記のようなオススメタックルを参考に、自分に合いそうな道具を選んでみてください。かといってあまりにも安すぎるものは逆に使いにくいため、注意が必要です。シーバスはタックルだけでなく、ルアーやテクニックも大切ですが、まずは始めてみるのが大切ですのでチャレンジしてみてください。

この記事を書いた人

ぶらっくまんばのプロフィール写真

リール大好き人間
ぶらっくまんば

 シーバス、マダイ、タチウオ、青物、メバル、アオリイカ、シーバス、タイラバ、ライトショアジギング、メバリング、タチウオジギング、岡山県、兵庫県、瀬戸内海


シェア
はてなブックマークロゴ
feedlyロゴ

シーバス初心者が揃えておきたい!釣行にあったら便利な道具を紹介

釣りにおいて、これだけは揃えておきたいという道具は共通して存在しますし、魚種によっては専用の道具もあります。今回は、シーバス釣行時に持っておきたい道具を初心者の方向けに一挙ご紹介します。

公開:2021.06.11 / 更新:2021.06.11

 合わせて読みたい ナイトゲームで釣り上げたシーバス

シーバス初心者が知っておきたい、季節別のベイトとパターンをご紹介

ベイトとパターンを見極め、以下に合わせることができるかで釣果に差が出るシーバス。この記事では、初心者の方にもわかりやすく、月ごとのベイトとパターンをご紹介します。

公開:2021.05.24 / 更新:2021.05.24

 合わせて読みたい シーバスを狙う際に使用するルアー。様々な大きさや色などがあり、使い分けが重要。

【釣り餌にグミ!】青物や根魚、シーバスも狙えるコスパ最強の釣り方

釣り餌をグミ(2019年11月末時点で販売中)にして根魚のメバル、カサゴ、シーバス等を釣る方法から販売終了した「ひもQ」に代わるグミの紹介まで徹底解説します。

公開:2019.11.22 / 更新:2021.05.10

 合わせて読みたい 釣り餌に最適なグミが4種類並べられている。

サヨリパターンでトップウォーターのランカーシーバスを釣る!狙うは干潟 水深50cm

なんとなく攻略が難しいイメージが定着しているサヨリパターン。実はそんなに難しいパターンではありません。またサイズ、コンディション、数ともに出やすいパターンでの攻め方を解説します。

公開:2019.10.02 / 更新:2021.05.13

 合わせて読みたい ナイトゲームにてサヨリパターンで釣り上げた大型のシーバス

スナップラップは青物やシーバス、タチウオ等に効果抜群!使い方とタックルを解説

スナップラップはアングラーも愛用するハードルアー。ツバスやサゴシ等の青物、カサゴやメバル等の根魚、クロダイやシーバス、タチウオ等様々なフィッシュイーターを狙えます。スナップラップの操作方法やタックル、カラー選びを徹底解説。

公開:2019.09.01 / 更新:2021.05.10

 合わせて読みたい スナップラップを釣り場で撮影。背景の海がスナップラップの色を引き立てている。

シマノのスピニングリールでバス釣りに適したモデルをすべて紹介!【2021年最新】

多くのスピニングリールをリリースしているシマノですが、その中でバス釣りに適したモデルはどれなのでしょうか?今回はスピニングリールの選び方と併せてバス釣りに最適なモデルを紹介していきます。

公開:2021.06.14 / 更新:2021.06.14

虫パターンでバスを狙う時に使用するタックル。リールはヴァンキッシュ。