ロックフィッシングにはナイロンラインがおすすめ!? ナイロンの特徴から考える

作成:2021.08.24更新:2021.08.24

ナイロンラインの特性を活かしてロックフィッシュを攻める

ロックアングラーの皆さま今回はロックで使用するラインについてです。とは言ってもラインの強度、細さ、軽さや飛距離から考えてPEに勝るものはないのでほとんどのアングラーはPEにリーダーを結束している方が多いと思います。私もそうでした。特にナイロンは飛ばないし伸びるし良いこと無いと思われがちです。しかしロックフィッシュに限ってはそんなデメリットもメリットになるんです。ナイロンラインを使用してみると意外な利点が多くなんと釣果アップに繋がります。なぜナイロンラインがロックフィッシュに有効なのか詳しくご説明します。

ナイロンラインの特徴と特性とは

まずナイロンラインの特性です。説明するまでもないと思いますが…あらためて再認識してみましょう。あとでなるほど!確かに!と思われるはずです。お楽しみに!

各ラインとの特徴比較

同じ強さ(lb) ナイロン PE フロロ
カーボン
エステル
素材 ポリアミド ポリエチレン
繊維
ポリフッ化
ビニリデン
ポリエステル
太さ 太い 細い 細い 細い
軽さ 軽い 軽い 重い 軽い
ヨレ易さ ヨレる ヨレない 少し 少し
擦れ 強い 弱い 強い 普通
伸び 伸びる 伸びない 伸びない 伸びる
屈折率 ある ない ある ある
価格 安い 高い 高い 高い

上記の比較を見ていただいてもナイロンラインはあまりいいことないですね(笑)

ロックフィッシュで必要なメインラインの条件とは?

ナイロンの特徴は分かりましたというか知ってますよね。ではロックフィッシュのメインラインに必要な条件とは一体何でしょう?いろいろありますね。例えば岩やテトラ帯が多いので擦れに強くないといけないとかバイトの際に伸びが必要など様々です。そんなロックフィッシュでの条件をナイロンラインに当てはめてみましょう。

やはりナイロンラインは擦れに強い!

ロックフィッシュでPEを使用しているアングラーが多いと思います。PEラインは擦れに非常に弱いのでショックリーダーを結束していると思います。ショックリーダーにはフロロカーボンかナイロンラインのどちらかと思います。フロロカーボンは擦れには強いのですが高価ですね。特にロックフィッシュは根掛かりが多いのでコスト的にもナイロンラインを使用している方も多いでしょう。ショックリーダーでナイロンラインを使用できるということで擦れに強いことは証明されますので問題ありません。

ナイロンラインの伸びがロックフィッシュに有効!?

ロックフィッシュは口が大きい魚が多いのでチェイスしてくる時はワームの尻尾をハミハミしてなかなか飲み込みません。少し我慢してフック部分が口の中に入ってからフッキングさせますので基本的に遅合わせ(バイトしてから数秒後にフッキングさせる)になると思います。でもビクビクッとチェイスがあるとつい早合わせ(即合わせ)してしまいバレてしまいがちです。その点ナイロンラインの伸び率はラインの中でも一番なので早合わせしても伸びますので自動的に遅合わせになります。

これは初心者の方には超おすすめです。玄人アングラーの方だと自分で遅合わせする方がいいという方も多いでしょう。そんな玄人アングラーでもよそ見して気を抜いている時にかぎって大物が来るものです。しかもそういう時に限って鬼合わせ(焦って思いっきり早く合わせる)しちゃってフッキングしないなんてことありませんか?逃がした魚は大きく感じますね。私もそうですが意外とPEに慣れ過ぎてるアングラーにはこのナイロンの伸びる感覚はかなり刺激的で新鮮なロックフィッシングになると思います。お試しくださいませ。

リーダーがないからたくさん釣れる?

最近ショックリーダーを結束するのがつらくなってきていませんか?特に夜間は見えづらく昼間結束するより余計に時間が掛かるわりにはきちんと結束できていなくてスッポ抜けたり結束部分で切れたなど増えてきてませんか?初心者の方は特にそうだと思いますがロックフィッシュでの結束する時間はPEの場合だとPEとショックリーダーを好みのノットで結束しジグヘッドとワーム付けてキャストします。テキサスリグの方はもっと時間がかかりますね。このようにPE+ショックリーダー結束は時間がかかります。慣れている人で3分。遅い人で5分ぐらいは掛かるでしょう。

ところがメインラインがナイロンラインであれば直結しますのでリーダーが不要です。ナイロンラインの場合はスナップ(スイベルなど)に結束してしまえばジグヘッドとワーム付けるだけなので20秒ぐらい時間でキャストできてしまいます。テキサスリグでもストッパーとシンカー、ビーズを通してフックに結束するだけですのでかかっても1分ぐらいでしょうか。スナップ(スイベルなど)を使用していないで直結の場合はもっと短いですね。

この作業をロックフィッシングの釣行時に何度行っていますか?特にロックフィッシュは根掛かりが多い釣りです。例えば10回行ったとするとPE+ショックリーダーで3分×10回で30分。ナイロンの場合30秒×10回で5分。なんと25分違います。釣行時間や結束回数が増えればもっと差が出ます。あなたなら25分あったら何回キャストできますか?ロックフィッシュではこの結束時間を短縮することでキャスト回数が増えるので魚をキャッチする回数が増えるというわけです。

ナイロンは見えない?

PEとの大きな違いがもう一つあります。それはラインの光の屈折率です。ナイロンは透明ですがPEは撚り糸なので透明ではありません。だから何?って思われると思いますがロックフィッシュのターゲットになる魚は根魚が多いですね。基本的に岩やテトラの陰で暗い場所に居付いています。その分目が良いんです。特にメバルは魚の中でも目が良いとされています。ということはラインも見えているわけです。光の屈折率が高いのはフロロ⇒ナイロン⇒エステル⇒PEの順ですのでナイロンはPEよりは見えづらいということになり魚の警戒されづらいわけです。

なんと言っても安い!

擦れに強く直結できて見えずらい。これだけではありません。一番の利点はコストパフォーマンスです。1.0号で比べるとフロロカーボンで1mあたり10~15円。PEラインで1mあたり12~20円です。なんとナイロンラインは1mあたり大体5.0~7.5円程度ですので約半分の値段です。

場所にもよりますがPEやフロロを使用している時に根掛かりした場合はもったいないのでどうにかして外れてほしいとロッドを振ったりするなど試行錯誤して時間がかかりますがロックフィッシュだと外れることは少なく7割ぐらいはロストしますね。そんな時ナイロンラインだとすぐ諦めがつきます(笑)。そのため根掛かった時の回収時間が短くなりますのでキャスト時間が増えます。躊躇なく根掛かり覚悟でガンガン攻められるので気持ちに余裕が生まれるという利点もあります。

ロックフィッシュでナイロンラインを使用した場合のデメリットは?

ナイロンラインのデメリットも押さえておく必要があります。デメリットについては解消方法がありますのでご説明します。

やっぱり飛距離がでない

ナイロンラインは性質上どうしても巻き癖が付きやすいです。キャスト時にリールからラインが放出されるときにロッドガイドに当たりやすいため飛距離が出ないんですよね。でもロックフィッシュって50mとかキャストしますか?磯場やテトラ帯、堤防で狙うポイントまではキャストしても30mほどです。意外とロックフィッシュは近い距離で勝負しますね。そうなると遠くにキャストする必要がないので飛距離の問題はクリアできます。しかも最新のナイロンラインで巻き癖が付きにくい製品が登場していますので巻き癖が気になる方にはおすすめです。また重いジグヘッドをキャストするのであればナイロンラインでも結構飛びます。

ラインが伸びすぎる

ナイロンはフィッシングラインの中で一番伸びます。30cm台のメバルやソイなどは問題ありませんが40cmオーバーの根魚が掛かるとキャッチするまで結構苦労します。その点PE+リーダーは伸びが少ないので巻取り時に伸びが無いので軍配が上がります。釣行するポイントによりますがアベレージサイズが25cm前後の場合はナイロンの伸びもほとんど感じず十分に戦えます。大物が出やすいポイントでは少しだけ太めのナイロンラインを使用すると伸びも押さえられ強さも上がりますので効果はあると思います。ロックフィッシュとのファイトを味わうという意味ではナイロンは楽しいかもしれません。

おすすめロックフィッシュ用ナイロンライン

実釣経験でのおすすめナイロンラインと最新のナイロンラインの特徴を詳しくご紹介します。ロックアングラーの皆さんの好みに合うナイロンラインがきっとあるはずです。

サンヨーナイロン ナイロンライン アプロード ZO6

¥ 2,378※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

サンヨーナイロンからアプロードの【ZO6 ズィーオーシックス】摩耗の耐久性能はフロロカーボンを凌ぐレベル。そしてポンド数もプラスαのLBを誇る強力ナイロンラインです。ラインナップは0.5~5.0号で安価な100m巻きや300m巻き、超お得な600m巻きまであります。ラインカラーはナチュラルなグリーンクリスタルです。

VARIVAS(バリバス) ナイロンライン ソルトウォーター VEP

¥ 1,029※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

トップラインメーカーのVARIVASから【ソルトウオーターVEP】ソルトウォーター専用のナイロンライン。ロックでは当たり前の岩礁帯やテトラ、防波堤などでの擦れロックフィッシュの鋭い歯やヒレなどでの摩耗にめっぽう強い。その耐摩耗性能は通常のナイロンラインの約20倍というナイロンラインの中でもトップレベルの性能です。VARIVAS独自のVEP製法によるナイロン原糸とスーパーフッ素(SP-F)加工によってキャスト時のロッドガイドの滑りも抜群で飛距離性能も向上しています。ラインアップは1.7~4.3号で150m並行巻きです。ラインカラーは海水に溶け込むソルティーブルーです。

VARIVAS(バリバス) ナイロンライン メバルゲート

¥ 740※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

同じくVARIVASから【メバルゲート】をご紹介します。メバル専用のナイロンラインとして販売されていますがライトソルトでのロックフィッシュルアー全般で使用可能なナイロンラインです。VARIVASのクオリティーの高い技術がメバルとのやり取りに適した伸びとしなやかさを備えたナイロンラインです。ロックフィッシュ全般に使用できるため初心者から玄人アングラーまで安心のナイロンラインです。ランアップは0.5~1.2号で100m巻きです。ラインカラーは夜間にも見やすいミルキーピンクです。

ヤマトヨテグス(YAMATOYO) ライン メバルスーパーナイロン

¥ 548※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

昭和元年創業の老舗ラインメーカーのヤマトヨテグス(山豊テグス)。子供のころは釣りのラインなんて呼んでおらず【テグス】といっていました。テグスは「天蚕糸」と書きます。もともとは天蚕(てんさん)などの幼虫から取れる絹糸腺を引き伸ばして作られた糸のことだそうです。そんな日本で一番ナイロンラインを作り続けているヤマトヨテグス(山豊テグス)から【メバルスーパーナイロン】のご紹介です。

その名の通りロックフィッシュのメバルを狙うためにラインの張りやコシのバランスが良く他のナイロンラインよりも伸びが少ない低伸度のナイロンラインでメバルのコツコツという小さなチェイスにも反応可能です。ラインの表面が特殊加工されておりロッドガイドの滑りも良くキャスト時の抵抗が少ないナイロンラインです。ラインアップは0.6~1.0号で100m巻きです。ラインカラーは夜間でも視認しやすいスーパーオレンジです。

Rapala ナイロンライン RAPizm-MONO ラピズム モノ

¥ 672※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

フィッシングブランドとして有名なRapalaから【RAPizm-MONO ラピズム モノ】このナイロンラインを使用しているアングラーは多いのではないでしょうか?素材はもちろんナイロンなのですがフロロカーボンと同じ伸び率という低伸度ナイロンラインです。今回ご紹介しているナイロンラインの中で最も巻き癖が付きにくいラインです。2015年に発売されて既に6年経っていますがなかなかこのナイロンラインを超えるラインがありません。

ナイロンラインは巻き癖が嫌なんだよねぁというアングラーの方は使ってみる価値ありです。触った感触はこれってフロロだよね?となると思います。使用してみるとナイロンのしなやかさがあり他のナイロンラインは使えなくなるかも?ラインナップは0.3~1.5号で150m巻きなのでお得です。ラインカラーはクリアです。

ユニチカ ライン ナイトゲーム ザ・メバル ナイロン

¥ 1,100※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

ナイロンといえばユニチカ。ナイロンラインに限らず繊維業界では知らない人はいないでしょう。そんなユニチカのナイロンライン【ナイトゲーム ザ・メバル】このナイロンラインもヨレが少ないラインです。名前にナイトゲーム ザ メバルと謳うほどロックフィッシングに特化したしなやかなナイロンラインです。ラインアップは0.6~1.5号で150m巻きです。ラインカラーは視認性に優れた蛍光イエローダルでナイトフィッシングに最適です。

久しぶりにロックフィッシュでナイロン使ってみませんか?

さて、今回はロックフィッシングでのナイロンラインに焦点を当ててみました。最近のナイロンラインの質が上がっているので昔使用していたナイロンの感覚と違うことも実感できると思います。折角いろんなラインがあるのですからラインチェンジして新しいロックフィッシングの世界を楽しむのも面白いですよ。さぁロックフィッシングを楽しみましょう!

この記事を書いた人

釣りは一生できる趣味!
Z@KU

 ネイティブトラウト全般(ソルト・ナチュラル)、アイナメ、ソイ、メバル、ルアー全般(ショア・ナチュラル)、ロックフィッシュ、エギング、北海道全域:湖(支笏湖、屈斜路湖など)・河川(尻別川、千歳川など)・ダム湖・サーフ・磯

その他の記事

ロックフィッシュを始める人必見!スピニングリールはフィールドシーンで選ぶ!

ロックフィッシュを始めたいけどスピニングリールは何を選べば良いか教えてほしい!あなたに合うスピニングリールの選び方をわかりやすくご説明していきます。

公開:2021.02.15 / 更新:2021.08.20

ロックフィッシュのシンカーの重さ選びをポイントやタックル別に解説

ロックフィッシュのシンカー選びの中でも非常に大切な重さについて解説。初心者から上級者まで大切なシンカーの重さ選びのポイントを解説していきます。

公開:2020.08.25 / 更新:2021.08.20

ロックフィッシュのシンカーは素材・形状、そしてシルエットの対比に注目

ロックフィッシュに必要不可欠なシンカー選びにおける素材・形状と、シルエットやカラーまで掘り下げて解説します。

公開:2020.06.03 / 更新:2021.08.20

ロックフィッシュのリーダーはラインシステムの要!釣果アップのセッティング

ロックフィッシュのショックリーダーについて、エキスパートアングラーのセッティングを元に解説します。ショックリーダーの精度を上げる参考をいくつかご紹介します。

公開:2020.05.23 / 更新:2021.08.20

ロックフィッシュのフック選びのポイントと熟練者のおすすめオフセットフックを解説

ロックフィッシュの釣果を想像を超えて大きく変えるのがフック選び。4人のロックフィッシュ名うてのベテランにオフセットフックの選び方とおすすめを教わります。

公開:2020.03.05 / 更新:2021.08.20

ロックフィッシュに効果的なバスロッドを実釣解説!流用するワケとは?

バスロッドのロックフィッシュ海釣りへの流用にはただの代用にとどまらない魅力があります。北海道のアングラー2名の実釣からその利点とノウハウを探ります。

公開:2019.12.21 / 更新:2021.08.20