アカハタ・オオモンハタ狙いのハードロックフィッシュゲームの仕掛けを解説!

作成:2022.09.30更新:2022.09.30

ハードロックゲームに使えるルアー

近年流行しているハードロックゲーム。その中でも人気が高いのがアカハタ・オオモンハタ。アカハタは食味の良さ、オオモンハタは強烈な引きでアングラーを魅了します。主に西日本で人気のターゲットですが、近年は関東でも狙えるようになっています。今回はアカハタ・オオモンハタ狙いのハードロックゲームの仕掛けについて解説します。

まずは2種の仕掛けを覚えよう

ハードロックフィッシュゲームで基本となる仕掛けは以下の2つです。

  • ジグヘッドリグ
  • テキサスリグ

まずはこの2種を覚えれば良いでしょう。

ジグヘッドリグ

ハードロックゲームジグヘッドリグ

ジグヘッドと言うオモリとハリが一体になった道具とワームを組み合わせた仕掛けをジグヘッドリグと言います。ジグヘッドリグはハードロックフィッシュゲームだけでなく、あらゆるルアーフィッシングで使用される、ワーム使用時において最も基本となる仕掛けです。非常にシンプルで使い勝手が良く、様々な釣りが展開できる仕掛けですが、根が荒いポイントでは根掛かりのリスクが高くなります。

▼オオモンハタ狙いのジグヘッドを詳しく解説した記事はコチラ

合わせて読みたい
ショアから釣った良型オオモンハタのブツ持ち画像

スイミングでオオモンハタを狙いたい!ジグヘッドごとの特徴を解説!【変人級】

テキサスリグ

ロックフィッシュ用のテキサスリグ

中通しオモリとオフセットフックという特殊な形のハリをセットする仕掛けです。ハリ先をワームに隠すようにセットするので、根掛かりのリスクが小さくなるのが最大の特徴です。しかしハリ先を隠すことでフッキング率も落ちるという事は覚えておきましょう。

それぞれの仕掛けの使い方

上で紹介した仕掛け2種の基本的な使い方を解説します。

ジグヘッドリグの使い方

ジグヘッドリグの基本的な使い方はスイミングとリフト&フォールです。スイミングは至って簡単、巻くだけです。巻いてある程度巻いたら沈めなおす。至ってシンプルです。スイミングで探る場合は巻く回数がカギになります。オオモンハタ狙いの時は10~20回、アカハタ狙いの時は3~10回程度が基本ですが、魚の活性次第で巻き数を増やしたり減らしたりして調整できるようになるとより釣果が伸ばせるようになります。

リフト&フォールはロッドを立てて仕掛けを持ち上げ、立てたロッドを倒しながら糸を巻き取るという動作になります。持ち上げた分沈めるのが基本ですが、知らず知らずのうちに仕掛けが浮き上がってきてしまうと思うので、時々仕掛けをしっかりと底まで沈めなおした方が良いでしょう。

テキサスリグの使い方

テキサスリグの使い方はボトムバンプやズル引きです。ボトムバンプとは底でピコピコ跳ねさせて魚にアピールするアクションです。小さく跳ねさせることでより障害物の周りを攻めることが出来ます。ズル引きはその名の通り、底をズルズルと引き摺るように動かします。底を這う甲殻類をイメージして動かすと良いでしょう。

それぞれの仕掛けに合わせるワーム

基本的にワームは好きなものを使えば良いと思っていますが、それぞれの仕掛けに向き・不向きがあるので簡単に紹介します。

ジグヘッドリグに向いているワーム

ジグヘッドリグ向きのワーム
  • シャッドテール系
  • カーリーテール系
  • ストレート系

スイミングで使うようなワームがメインです。

テキサスリグに向いているワーム

テキサスリグ向きのルアー
  • クロー系
  • フラット系
  • カーリーテール系

底を這う甲殻類を意識したワームがメインです。

その他ハードロックフィッシュゲームで使われる仕掛け

上で基本の2種を解説しましたが、他の仕掛けもあるので簡単に紹介します。

フリーリグ

エスケープチビツインのフリーリグ

ブラックバスフィッシングで一世を風靡した?フリーリグ、通称フリリグはロックフィッシュゲームでも非常に有効です。根掛かりのリスクが非常に低くかなり際どいところまで攻められます。僕はテキサスリグよりもフリーリグの方が好きですね。ワームを使うときはほぼジグヘッドリグしか使わない僕が極まれに使う唯一の仕掛けです。使い方はテキサスリグと同じで構いません。

合わせて読みたい
メバルがピンクカラーのフリーリグを咥えている

フリーリグの火付け役はロックフィッシュ!?今更聞けない基礎知識と使い方

ハードルアー

ハードロックゲームに使えるハードルアー

ハードロックゲームではワームがメインで使われますが、ワームじゃないと釣れないわけではありません。僕はメタルジグはよく使いますし、状況や水深次第ではバイブレーションやヘビーミノーを使うこともあります。ワームでの釣りに慣れてきたら使ってみるのも面白いですよ。

この記事を書いた人

キノピーのプロフィール写真

マルチアングラー
キノピー

 アジ、アオリイカ、メッキ、カマス、アカハタ、オオモンハタ、ヒラスズキ、メバル、アジング、エギング、ライトワインド、ハードロック、南紀(和歌山県)


シェア
はてなブックマークロゴ
feedlyロゴ

合わせてよく読まれる記事

スイミングでオオモンハタを狙いたい!ジグヘッドごとの特徴を解説!【変人級】

ショアから釣った良型オオモンハタのブツ持ち画像

おすすめアカハタ料理と正しい魚の処理方法をご紹介!釣れたアカハタを美味しく食べたい方必見!

アカハタのアクアパッツァ

目指せ50センチオーバー!オオモンハタを狙って釣るにはこんなルアーがおすすめ!

須崎沖で釣れた47センチのオオモンハタ

アカハタの釣り方はワームが最高!選び方やを工夫して、ランカーサイズを狙おう!

ランカーサイズのアカハタを釣り上げた時の2ショット

「ロックフィッシュ」関連の記事

ハードロックフィッシュ用のベイトリールはどう選ぶ?気にすべき点を解説!

ベイトタックルで釣ったオオモンハタ

ハタ系ロックフィッシュにおすすめの仕掛け!リグとワームの組み合わせを解説!

須崎沖のオフショアで釣れたアカハタ

これでもう迷わない!オフショアでロックフィッシュが釣れるリグ、仕掛けについて徹底解説

須崎沖で釣れたマハタ

ロックフィッシングにはナイロンラインがおすすめ!? ナイロンの特徴から考える

ナイロンラインを巻いたリール

ロックフィッシュを始める人必見!スピニングリールはフィールドシーンで選ぶ!

EMMSでメバルを上げた

バグアンツのおすすめカラー6つをアイナメの熟練アングラーが解説

レッドカラーのバグアンツで釣れたアイナメ

「ロックフィッシング」関連の記事

スイミングでオオモンハタを狙いたい!ジグヘッドごとの特徴を解説!【変人級】

ショアから釣った良型オオモンハタのブツ持ち画像

アカハタ・オオモンハタ狙いのハードロックフィッシュゲームの仕掛けを解説!

ハードロックゲームに使えるルアー

新着記事

ウキフカセ釣りは撒き餌なしでもできるのか? こういうケースなら可能性はなくはない!?

コマセバッカンにはスズメバチが寄り付きやすい。寄ってきたスズメバチは刺激せず無視が最適。

ぶっこみ釣りには夢がある!ぶっこみ釣りのイロハと釣れる魚を紹介します!

ぶっ込み師は岩場にピトンを打ち込み、ロッドを掛け、置き竿でアタリを待つ

バス釣りの新釣法「ホバスト」を徹底解説!厳寒期やスレバス攻略にはホバストが超おすすめ!

ホバストを手に乗せた写真

フィッシュグリップはバス釣りにも必須!?バスに必要な理由から選び方、おすすめモデルまで解説

フィッシュグリップでバスを持った写真

ジリオンsv twをインプレ!ジリオンは巻き・撃ち両方に文句の付け所がない高性能な仕上りに

21ジリオンsv twを横から取った写真

バス釣りの日焼け対策はフェイスガードがおすすめ!日焼けや虫対策、おしゃれとしても大活躍

スピニングタックルでファイト後バスを取った写真