21 ルビアス エアリティ FC LT1000S-P

ダイワ

21 ルビアス エアリティ FC LT1000S-P
番手
1000
ギア比
4.9
ドラグ/耐力
5kg
自重
150g
B/R
11/1
糸巻量/回転
61cm
ハンドル長
-
ナイロン糸巻量
2.5--95
PE糸巻量
0.3-200
価格
¥ 46,200

狙えるターゲット魚種

搭載の機能・素材

よく比較されるライバルモデル

フィネスゲームに新たな刺客!21ルビアス エアリティ FC LT1000S-Pをインプレ

約20年ぶりに「エアリティ」の名を冠したモデルが登場!

かつてのダイワ汎用スピニングリールのフラッグシップモデル「トーナメント」シリーズ、そのトーナメントシリーズを徹底的に軽量化したモデルが「トーナメントエアリティ」。当時としては超軽量と言える自重195g(1500番)、まさに空気のような軽さをもったリールでした。その名を冠された21ルビアスエアリティとはどのようなモデルなのかをご紹介します。

名機トーナメントエアリティと同じエアメタルを使用したモノコックボディー

21ルビアスエアリティFCLT1000S-Pのボディーアップ

21ルビアスエアリティにはエアメタル(マグネシウム合金)のモノコックボディーが採用されています。エアメタルモノコックボディーは非常に剛性が高く、軽量化に一役買っています。そして21ルビアスエアリティではほとんどのモデルが18イグジストよりも5g程度の軽量化がされています。フラッグシップモデルを超える軽さを手に入れた、まさにエアリティの名にふさわしいモデルとなっています。ボディーの形状は18イグジストとほぼ同等ですが、21ルビアスエアリティではストッパーレスボディーとなっており、防水性能がアップしています。

ZAIONエアローターで巻き出しの軽さはピカイチ

21ルビアスエアリティ FCLT1000S-PのZAIONエアローターのアップ

もはやダイワスピニングリールでは定番となったZAIONエアローターが搭載されています。ローターの軽さは巻き感度の良さに直結し、リールから得られる情報量の多さは釣果に結びつきます。21ルビアスエアリティはフラッグシップモデルに匹敵する巻きの軽さと感度で、特に繊細なライトゲームでのゲーム性アップは間違いないでしょう

マシンカットタフデジギア搭載でシルキーな巻き心地

21ルビアスエアリティ18イグジスト19セルテートと同じく超々ジュラルミンのマシンカットタフデジギアが搭載されています。一昔前のダイワスピニングリールのようなスカスカの巻き心地ではなく、しっかりとした巻きごたえのあるマシンカットタフデジギアは、滑らかな巻き心地と巻き上げパワーを両立したドライブギアです。

21ルビアス エアリティ FC LT1000S-Pと18イグジスト FC LT1000S-Pを徹底比較

21ルビアスエアリティと18イグジストがロッドホルダーに置かれている

スペック的にはほぼ同等といえる両機種ですが、どのような違いがあるのでしょうか。細かな点が多いですが、相違点を見ていきましょう。

ボディーの違いはストッパーの有無

ボディーの素材はどちらもエアメタルのモノコックボディーですが、18イグジストにはついていたストッパーが21ルビアスエアリティにはありません19セルテート以降はストッパーレスボディーがスタンダードになってきましたが、21ルビアスエアリティでも採用されました。今後のダイワスピニングリールではこの傾向になりそうですね。

ローター、ドライブギア、マグシールドの箇所は共通

こちらも近年のダイワスピニングリールではスタンダードとなっているZAIONエアローター、そして上位機種にのみ搭載されているマシンカットタフデジギア、そしてFCシリーズはシャフト部のみのマグシールド採用と、この辺りは両機種共に共通となっています。ボールベアリングの数は18イグジスト FC LT1000S-Pが12個、21ルビアス エアリティ FC LT1000S-Pは11個、ルビアスエアリティはスプール受け部のベアリングがプラスチックカラーになっています。使用感は18イグジスト FC LT1000S-Pと変わらない印象でしたが、21ルビアスエアリティはまだアタリがついていない状態での使用でした。今後使い込んでグリスが馴染んでいけば、もしかすると18イグジスト以上になる可能性も秘めているかもしれません。

21ルビアス エアリティ FC LT1000S-Pはハンドルノブがフィネスノブに

21ルビアスエアリティ FCLT1000S-Pのフィネスノブのアップ

これは21ルビアスエアリティでも1000番と2000番のみですが、超軽量ハイグリップタイプのフィネスノブが採用されています。巻き感度が求められるエリアトラウトやアジング、メバリングでは、ハンドルノブを非常に軽く握るケースが多いです。実際にエリアトラウトで使用しても握り心地もよく、強いアタリがあってもハンドルノブから指が離れるようなことはありませんでした

21ルビアス エアリティ FC LT1000S-Pは実売価格で約2万円ほど安い

18イグジスト FC LT1000S-Pは値引きなしの実売7万円前後ですが、21ルビアス エアリティ FC LT1000S-Pは5万円前後と2万円ほど安くなっています。18イグジストが欲しいけど高くて手が出しづらい、なんて思っていた方にはスペックなども十分な21ルビアスエアリティはおすすめですね。

21ルビアス エアリティ FC LT1000S-Pはフラッグシップと遜色ないクオリティ

東山湖の石碑前から見る富士山

実質18イグジストのマイナーチェンジバージョンの21イグジストと言っても過言ではない21ルビアスエアリティ、特にFC LT1000S-Pは細かな点が改良されて更にフィネスな釣りを楽しめるようになっています。エリアトラウト、アジング、メバリングといった繊細な釣りにはぴったりなモデルです。ただしライトラインを使用する釣りなので、シャフト部のプラスチックカラーをベアリングに変更をした方がATDの効果をより発揮できるようになるでしょう。

この記事を書いた人

YSNOのプロフィール写真

ダイワマニア
YSNO

 トラウト(エリア、湖)、青物全般、ロックフィッシュ、シーバス、アオリイカ、ショアジギング、オフショアジギング、エリアトラウト、ウェーディング、ボートロック、エギング、東京湾、東伊豆(静岡県)、房総半島(千葉県)、上越地方(新潟県)、芦ノ湖(神奈川県)、本栖湖(山梨県)


シェア
はてなブックマークロゴ
feedlyロゴ

ルビアス エアリティ関連記事

フィネスゲームに新たな刺客!21ルビアス エアリティ FC LT1000S-Pをインプレ

運河の手すりに置かれた21ルビアスエアリティ FC LT1000S-P

21ルビアスエアリティ LT3000でパワフル&スローな展開のルアーゲームを攻略しよう

ダイワ最軽量!超絶ハイエンドの「21ルビアス エアリティLT4000-CXH」をご紹介

21ルビアスエアリティLT4000CXH

関連記事

ダイワのレバーブレーキリール全種類を安い順に紹介!

18鏡牙LBDのデザイン

ダイワスピニングリールのメンテナス方法は!?基本的なやり方をご紹介します

19セルテートの分解。スプールのみが外されている状況。

ダイワEM MSの魅力 - 2021年現在でも買うべきか?

タフデジギアとは - 具体的な説明と搭載されているダイワのリール機種一覧

ダイワリールを高級順に並べたランク表(2021年最新版)

ダイワのリール2つ(エメラルダスとカルディア)

シマノ・ダイワリールの番手を比較!比較表2021年版

複数のリールを並べている

amazonで開きますか?

※ リンク先へ移動した場合、サイト利用規約に同意したこととなります。