ヒイラギは究極の外道。しかし実は最高に旨い魚。釣り方と食べ方をご紹介!

作成:2021.08.24更新:2021.08.24

ヒイラギ

シロギス釣りや、アジ・サバ・イワシ狙いのサビキ釣りの際、ツボにはまるとゲンナリするくらいたくさん釣れるヒイラギは、大きくもならず、体表を覆う大量のヌルヌルと、背びれ、胸びれ、腹びれ、尻びれの鋭い棘が嫌われ、ショア釣りの究極の外道として、アングラー達から疎まれている魚です。しかし、ヒイラギは、キチンと処理をしてさばけば、メチャクチャ美味しい魚です。私はヒイラギを専門に狙うことはしませんが、釣れたヒイラギは必ず持ち帰り、美味しくいただいています。味が大変良いため、家族にも非常にウケが良いヒイラギ釣りについて解説いたします。

ヒイラギの生態

ヒイラギ釣り1

ヒイラギは、スズキ目ヒイラギ科ヒイラギ属に分類される魚で、本州以南~九州南岸の広い範囲の沿岸の浅場に分布します。朝鮮半島以南の東アジア南岸にも多く生息します。河口部などの汽水域および波の穏やかな内湾に多い魚です。日本では西日本に多く、東日本は神奈川県には多く見られるものの、千葉県外房以北は極端に少なくなります。サイズは大きくなっても15cm程度で10cm前後の個体がほとんどです。アジに似た、折りたたまれた大きな吻(ふん)を伸ばして底砂を掘り、多毛類や甲殻類等を旺盛に捕食します。食堂付近には、発光バクテリアを取り込んで共生させ、暗所で腹部が発光します。

また、咽頭歯をこすり合わせてギーギー鳴く魚としても知られています。産卵期は初夏で、5月頃から7月頃にかけて、直径1mmに満たない小さな浮遊卵を放出します。鱗はほとんどなく(下半身に細かい鱗があるがほとんどわからない程度)、全身を粘液で覆われて身体を護っています。また、背びれ、胸びれ、腹びれ、尻びれには鋭く硬い棘があり、外敵から保護する役目を果たしています。棘とヌルヌルの処理が面倒なうえ、小さい魚であるため、東日本ではほとんど食用とはせず、商業流通も一切していませんが、大変美味な魚であるため、西日本(高知県を筆頭に、島根県、福岡県など)では、様々な調理法で食べられています。ぜひ一度食してもらいたい魚ではありますが、別の釣りの外道では、食べるのに満足する数が稼げませんので、この際ですから、ヒイラギ狙いはいかがでしょうか? 簡単に釣れますので、ちゃんと狙えば数を稼ぐのは難しくないと思います。

ヒイラギ釣りのタックル

ヒイラギ釣り仕掛け

ヒイラギ釣りは、内湾の浅い砂泥底、汽水域などを好みますが、おすすめのポイントは、大規模河川の河口部からの胴突き投げ釣りです。川幅の半分程度の距離(最深部)まで仕掛けを投げて、少しずつ仕掛けを引きながら、置き竿でカケアガリの部分を狙いましょう。以下のタックルは、川幅100m程度の河口部で、50m程度の距離をキャストをする前提でのタックルとなります。

ロッド

ちょい投げ釣りでハゼを狙う際に使用するロッド

ヒイラギ釣りに使うロッドは、錘負荷20号程度のちょい投げロッドもしくは、遠投対応の磯竿3号(錘負荷15号程度)を使いましょう。長さは出来れば長めのものが使いやすいでしょう。ちょい投げロッドであれば3.6m~3.9m、遠投磯竿であれば4.5m~5.4m程度が良いです。基本、置き竿でアタリを待つスタイルになりますので、15号前後のシンカーのキャストに耐えるパワーさえあれば、ロッドの硬さ自体は柔らかいものの方がアタリを捉えやすく面白いでしょう。

ダイワ(DAIWA) ちょい投げ・振出投げ竿 リバティクラブ ショートスイング

¥ 8,580※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

リール

アブガルシア cardinal C104

ヒイラギ釣りに使うリールは、汎用スピニングリールの2000番若しくは2500番が良いでしょう。ドラグ機構は基本使いませんので、キャスタビリティ優先で選べば良いでしょう。外道でクロダイやキビレが掛かる可能性のある時はドラグの使用が必須となりますので、ドラグ性能も考慮したリール選びとなります。

ライン

ナイロンライン 3号 500m

ヒイラギ釣りのラインもあまりこだわる必要はありません。使用するシンカーがキャストできる強度があれば何でも構いません。標準として、ナイロンライン3号を使用します。テーパーライン(力糸)は必要ありません。

サンライン(SUNLINE) ナイロンライン クインスター 600m 3号 ピンク

¥ 880※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

トリプルサルカン

カワハギ投げ釣りの胴突き仕掛けに使用するトリプルサルカン

道糸からエダスを出すために使用する、ライン接続部が3つついたサルカンです。針の本数分使用します。上下の環に道糸を、横の環にハリスを接続します。

トリプルサルカン C-タイプ #10

¥ 265※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

シンカー

カワハギ投げ釣りの胴突き仕掛けに使用するシンカー

ナス型オモリ若しくは六角オモリの15号を標準とし、流れが速い場合は18号、20号とサイズを上げていきます。ロッドの錘負荷を超えるサイズのシンカーは使用してはいけません。

フジワラ 夜光ビニール 六角 15号

¥ 571※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

ハリス

黒鯛をフカセで狙う時に使用するフロロカーボンハリスの1.5号。最低でも1.5m以上、3m程度は欲しい。

ヒイラギ釣り用のハリスはフロロカーボンの1号を使用しますが、河口などの汽水域にはクサフグが入りやすく、クサフグが多いときはハリスをひっきりなしに切られますので、そんな時は1.5号〜2号を使用します(それでもハリスは切られます)。針やハリスは必ず予備を多めに持ち込みましょう。

サンライン ハリス スーパートルネード HG フロロカーボン

¥ 801※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

ヒイラギ釣り専用の針というものは存在しませんが、ヒイラギの吻は薄く切れやすいので、針は刺さり性を重視し、細身のものを使用します。標準は丸セイゴ針を数サイズ用意しておけば良いですが、より針掛かり性の良いアジ針を使えば、向こう合わせで勝手に針掛かりします。アジ針は非常に細い線材を使った針のため、太いハリスは適さないので、アジ針を使う場合は、ハリスは0.8号以下にします。

がまかつ 極アジ ケイムラパール

¥ 346※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

ヒイラギ釣りのポイント

相模川河口付近

ヒイラギは基本、塩分濃度の高くない砂泥底を好みます。そのため、河口部や内湾の河川接続場所周辺が高ポイントとなります。大規模河川の河口部からヒイラギを狙う際は、川の流芯部(水深があり、流れの一番速い場所)を探ります。

まずは仕掛けを川幅の真ん中くらいまでキャストします。小規模河川なら向こう岸の少し手前まで飛ばしましょう。シンカーが着底したら、一定のスピードで、ゆっくりリールを巻き、シンカーを底でズル引きさせます。ズル引きしていて、突然、ハンドルが軽くなる場所があります。そこは下り坂になっている場所です。さらに仕掛けをズル引きすると、今度は一転、ハンドルか重くなる場所に当たります。ここは上り坂です。この下り坂の部分、上り坂の部分はともにカケアガリ部ですのでこのあたりに仕掛けをとどめ、置き竿にします。大規模河川の場合は、こういうカケアガリがいくつかありますので、丹念に探りましょう。

アタリは明確に出ます。「グイッ!、グイグイッ!!」という感じで竿先を揺らしてくれます。強くアワセを入れる必要はありません。ヒイラギの口は切れやすいので、軽くロッドをあおり、あとはゆっくりリールを巻き上げましょう。釣ったヒイラギは、大量の粘液を出しますので、素手で触らず、タオルや魚ハサミで掴みながら針を外し、他の魚や氷と触れないように、チャック付きポリ袋などに入れ、速やかにクーラーボックスに収容しましょう。活け締めの必要はありません。

ヒイラギの下処理について

ヒイラギ102匹

ヒイラギは、小魚であること、大量の粘液を出すこと、各ヒレに鋭い棘があることなどから、持ち帰って食べる人は一部の地域を除きほとんどいないと思いますが、大変おいしい魚ですので、ぜひ一度食べてみて下さい。ここからは、釣ったヒイラギの処理とおいしい調理法について紹介します。

①粘液を洗い流す

ヒイラギのヌメリを洗い流す

まずは、ぬるぬるドロドロになっている、ヒイラギの体表の粘液を洗い流します。タライなどにヒイラギを入れて、塩を大量に振りかけ、ヒイラギをよくこするようにしてヌルヌルを取ります。簡単に落ちますので、確実に洗い流しましょう。尚、ヒイラギのヒレには鋭い棘がありますのでくれぐれも慎重に。厚手のゴム手袋をはめて作業すれば安全です。

②頭を落として内蔵を抜く

ヒイラギの頭を落として内蔵を抜く

小型の出刃包丁で、頭を落として内蔵を抜きます。内臓は非常に少ないです。食べても害はありませんが苦いので、完全に取り去り、キレイに洗い流しておきましょう。煮付け、素揚げ、南蛮漬けなどで食べる場合は下処理はこれで終了です。また、素揚げの場合は頭も美味しく食べられますので、揚げる場合は無理に頭を落とす必要はありません。

③三枚におろす

ヒイラギの三枚おろし

刺身で食べる場合は頭を落としたヒイラギを三枚におろします。こんな小さくて薄っぺらい魚を三枚におろすのは大変と思うでしょうが、ヒイラギはびっくりするほど身離れが良く、小骨も全くないので、サクッと簡単に三枚おろしができます。

④皮を引く

ヒイラギの皮を引いたところ

ヒイラギは身離れが良いだけでなく、皮も簡単にはがせます。皮が下になるように置き、尻尾側のギリギリのところに包丁を入れ、左手で身を押さえながら右手で包丁を倒しながら動かすと皮が一発ではがれます。

絶品!ヒイラギの美味しい食べ方

ヒイラギの素揚げ

ヒイラギを食べる習慣のある地域では、刺身、握り寿司、酢締め、塩焼き、煮魚、吸い物、素揚げ、南蛮漬けなどなど、様々な調理法で食べられています。酒豪が多いと言われる高知県ではヒイラギは「にろぎ」と呼ばれ、酒の肴に大変喜ばれています。

ここでは、私の家族にも大評判の素揚げ、南蛮漬け、そして、一度食べたらヒイラギのイメージが180度変わると断言できる刺身を紹介します。

素揚げ

ヒイラギの素揚げ・頭付き

ヒイラギを一番簡単に、おいしく食べることができるのはやはり素揚げです。衣も使いません。前項②の状態まで処理したヒイラギはキッチンペーパーで水気を十分に拭き取り、130℃前後の低温の油に投入します。そして、150℃を越えないように注意しながら5分〜6分じっくり揚げます。そして、一旦油から上げ、数分間放置し、予熱で火を中まで入れます。その後は180℃の油に再投入して1〜2分、手早くあげ色がつくまで2度揚げします。揚げ上がったら、塩こしょうを振って、熱いうちにワシワシ食べましょう。鋭いヒレの棘から骨から全部いただけます。ビールに最高に合います。

南蛮漬け

ヒイラギの南蛮漬け

素揚げのまま食べてももちろん美味しいのですが、南蛮漬けにすれば保存も出来ます。タマネギ6、ニンジン2、パプリカ2を細切りにし、お好みで鷹の爪をタッパーなどの容器に入れます。そこに、素揚げのヒイラギを乗せ、タレをドボドボ入れます。タレは、酢、醤油、砂糖酒、みりんを合わせてひと煮立ちさせて冷ましたものを使います。ヒイラギの素揚げにタレがひたひたになるように注ぎ、蓋をして密閉し、冷蔵庫で1日置けば骨まで柔らかくなった南蛮漬けの出来上がりです。おつまみにしても、おかずとしても抜群の存在感で、野菜と魚の栄養をたっぷり摂れます。

刺身

ヒイラギの刺身

ヒイラギの刺身は、一度食べたらヒイラギのイメージが全く逆転する、衝撃的な美味です! チマチマと面倒くさいのですが、手間を惜しまずに作業をこなした者だけが堪能出来る甘みと旨味は、生姜醤油との相性は完璧、また、昆布締めにしても、酢漬けにしても大変おいしくいただけます。さらに、酢飯を作って握り寿司にすれば、ひとくちにして一躍光モノのトップに躍り出る味わいです。1匹から薄く小さな身が2枚しか取れませんが、神経を集中させ、丁寧に調理する価値がある魚です。ぜひ一度食べていただきたいと、声を大にして言いたくなるのがヒイラギです。素揚げ用に20匹、南蛮漬け用に20匹、刺身用に20匹、合計60匹くらい釣れれば、家族の分も含め食べ甲斐がありますね!

もう外道とは言わせない!

そもそも、ヒイラギ釣りの記事の需要自体があるとは思えません。ヒイラギが釣れるとほとんどの釣り人は疎み、嫌い、捨ててしまいます。ヒイラギは「猫またぎ」とも言われ、猫も食わずに素通りするほどの雑魚というイメージが定着しきっています。しかし、それは、ヌルヌルが気持ち悪い、棘が痛い、調理が面倒といったイメージが先行し、「食わず嫌い」の人間がヒイラギに植え付けたイメージの濡衣を着せられているだけなのですよ。ちゃんと調理して食べたら、もう外道とは言わせない実力を秘めた小魚なのであります!

この記事を書いた人

ショアおやじのプロフィール写真

初心者歴40余年!
ショアおやじ

 メジナ、クロダイ、アイナメ、カサゴ、メバル、カワハギ、シロギス、イシモチ、カレイ、ハゼ…ベラ、フグ、ヒイラギw、ウキフカセ釣り、投げ釣り、穴釣り、江ノ島周辺(湘南大堤防、表磯、裏磯、片瀬漁港)、福浦岸壁、大磯サーフ、逗子・葉山界隈、城ヶ島(神奈川県)


シェア
はてなブックマークロゴ
feedlyロゴ

合わせてよく読まれる記事

堤防でちょい投げ釣りをのんびり楽しむ、最高の休日を!

堤防ちょい投げ釣りのポイント

穴釣りで釣れない? 釣れない理由はただひとつ。魚がいないところを攻略しているのだ!

横浜市福浦岸壁、穴釣りで釣ったムラソイ

魚たちのマンション、堤防でのフカセ釣りのコツと注意点について解説します。

堤防からウキフカセ釣りをしている時のウキの写真

穴釣りでは大物は釣れない? 少しの知識でそんな常識を覆そう!

穴釣りでの大物の釣果

タコをテンヤで狙う釣り方を紹介!堤防から狙うコツやテクニックを生態から考えてみよう!

岩にへばりついているタコ。8本の足を大きく広げている。

浅場のタチウオを河川で釣る!穴場の河川で釣るメリットと狙い方

川で釣り上げたタチウオ

新着記事

ヒラマサキャスティングロッドに必要な性能は?初心者にも扱い易いロッドの選び方などをご紹介

ヒラマサ キャスティングタックル

ライトショアジギングにおけるアシストフックの重要性とは?おすすめのフックセッティングを解説

アシストフック

フカセ釣りに最適な道糸は? 主な釣糸4種の特性とフカセ釣りの適性を徹底解説!

梵天の磯 釣り

目指せ50センチオーバー!オオモンハタを狙って釣るにはこんなルアーがおすすめ!

須崎沖で釣れた47センチのオオモンハタ

フリックシェイクのネコリグをシンカーやフック、オススメカラーまで徹底解説!

フリックシェイクを正面から撮影したもの

ゴミ袋は釣り人が持つべき必需品!釣りの邪魔にならないコンパクトなゴミ袋入れをご紹介!

釣り場のゴミ