サーフゲームで人気ターゲットのヒラメ、マゴチにおすすめのルアーや狙い方をご紹介

作成:2022.01.25更新:2022.01.25

サーフゲームで人気のフラットフィッシュ

フラットフィッシュのメインターゲットとなるヒラメとマゴチ。両魚種とも海底に潜みベイトフィッシュを待ちかまえますが、似ている様で習性が異なります

ヒラメ

日本人には高級魚として馴染みが深い魚で、サーフゲームで一番のメインターゲットとなります。見た目に似合わず回遊性が強く、ベイトフィッシュに付いて回り、ルアーにも果敢にアタックしてきます。普段は砂底に潜んでベイトを待ち構えていますが、遊泳力が高い為、5m程の上までベイトを追うこともあり、時には海面をジャンプする姿も見られます。常に頭上を通るベイトを意識しており、ルアーをボトム付近のみ引いてくるのではなく、少しボトムよりも上のレンジを引いてくるとバイトを得易いです。またどの魚でもそうですが、時合いに釣果が偏りがちで特にヒラメは朝マズメや夕マズメに釣果が集中しがちなのも特徴です。

マゴチ

ヒラメと並んでフラットフィッシュの代表格として人気のターゲットです。マゴチも獰猛にベイトフィッシュを捕食する為、ルアーゲームに最適なターゲットと言えます。ヒラメと比較すると海水域のみならず汽水域にも入り込むことがあり、また20㎝程の水深があれば積極的にベイトを追うこともあります。ヒラメと比較すると遊泳力はそれほど高くなく、ボトムから1m以上ある水面付近までベイトを追うことはあまりありません。また砂底付近でベイトを待ち構えながら頭上及び横方向に視野を広げている為、ボトム付近にルアーを通すことが釣果を出す上で重要になってきます。ヒラメと比較すると日が上がりきってからの日中にも釣れる為、一日中安定的に狙うことが出来ます。

サーフで使えるヒラメ、マゴチにおすすめのルアーをご紹介

ご紹介してきた両魚種ですが、双方を狙う場合はどのようなルアーがおすすめなのか使い分け方と合わせてご紹介していきます。

両魚種とも狙うならシャッドテール系ワームがおすすめ


ヒラメ、マゴチを両方狙う場合、個人的にはシャッドテール系ワームが非常に有効だと感じています。まずジグヘッドを使用する為、ボトムから中層以上までレンジコントロールをしながら使用できる点、またワーム独特の自然なアクションから高い食わせ力が非常に優れている点がフラットフィッシュゲームに非常にマッチしています。そしてリフト&フォールで魚にアピールできる点もヒラメやマゴチには有効なアクションです。ブルーブルーのジョルティやデュオのビーチウォーカーハウル、エコギアのパワーシャッド等が高い実績があります。

Blue Blue ワーム ジョルティ

¥ 1,408※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

DUO ワーム ビーチウォーカー ハウル

¥ 941※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

エコギア パワーシャッド

¥ 694※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

アピール力のあるシンキングミノー

サーフでの釣りにおいて飛距離、アクション共に非常に使い勝手が良く、ヒラメやマゴチゲームに最適です。ヒラメをターゲットにする場合は、中層以上のレンジを引いても問題ありませんが、マゴチを狙う場合はボトムから70㎝以内程のレンジを引いてくることをおすすめします。マゴチを狙う場合はあまり速いスピードで巻くと追いきれないこともありますので、若干遅いくらいのスピードでじっくり見せるアクションを意識するとヒット率がアップします。シマノのヒラメミノーやサイレントアサシン等がおすすめです。

シマノ 熱砂 ヒラメミノー フラッシュブースト 135F

¥ 1,936※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

シマノ ミノー エクスセンス サイレントアサシン フラッシュブースト

¥ 2,535※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

飛距離とナチュラルなアクションで食わすシンキングペンシル

ミノーと並びお馴染みのルアーの1つであるシンキングペンシルですが、サーフゲームでも大いに活躍します。サーフで使用するシンキングペンシルの場合はシーバスゲームに使用するものと比較するとヘビーウェイトで風がある日や遠投が必要なシーンでも使用でき、魚がミノー等の激しい動きに反応しない状況で有効です。シマノのウィングビームやジャンプライズのぶっ飛び君等が扱い易くおすすめです。

シマノ 熱砂 ウイングビーム

¥ 1,436※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

JUMPRIZE シンキングペンシル ぶっ飛び君

¥ 2,010※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

ゆっくり見せられるスロー系ジグも有効

サーフゲームでは定番となっているジグですが、フラットフィッシュには上下アクションでスローな誘いが出来るスロー系のジグも非常に有効です。深めのサーフはもちろん、遠浅サーフにも有効で深くなっているポイントや魚が居着きやすいポイントをじっくりと攻める事が出来ます。ミノーやワームのアクションで反応しない状況で効果を発揮することが多々ありますので、釣りの幅が広がるルアーです。

ヒラメ、マゴチを釣るそれぞれの狙いレンジ

冒頭にご紹介しましたがヒラメ、マゴチは同じ海底に潜んでいる魚と言っても習性が異なります。まずヒラメを狙う場合はボトムより少し上のレンジを意識してルアーを引いてくることが重要ですが、多少レンジがズレてもヒットし易い傾向があります。反対にマゴチの場合はあまりボトムより上のレンジを通すと積極的に追って来ず、ヒット数が減ってしまいます。ボトム付近をしっかりと通せるコントロールが必要です。またジグで狙う場合は、青物を釣る様な早いアクションでは魚が追って来れないですので、しっかりとフォールを入れて食わせのアクションを意識して下さい。

釣って良し食べて良しの魚を釣ってサーフゲームを楽しもう

サーフからのヒラメ、マゴチを釣り上げることは実はそこまで簡単ではありません。しかし経験を重ねて流れや地形の変化がわかるとヒット率も上がり徐々に効率の良い釣りができる様になります。また多くの方がご存知の通り、高級魚であるヒラメを始め、マゴチ共に食べても非常に美味しい魚で、サーフゲームの醍醐味を味わうには最適なターゲットです。専用タックルがあれば尚便利ですが、シーバスタックルがあれば誰でもトライ出来ますので是非一度試してみて下さい。

この記事を書いた人

価値ある1本を求めて!
モト助

 マグロ類、青物、シーバス、ヒラメ、トラウト類、オフショアジギング、オフショアキャスティング、ショアジギング、サーフフィッシング、ワイルドトラウト、相模湾、房総半島(外房、南房)東京湾奧、中禅寺湖、1級小型船舶免許

合わせてよく読まれる記事

サーフから高級魚ヒラメをルアーで狙おう!ルアーの種類や使用用途、おすすめ品をご紹介

「サーフ」関連の記事

春のサーフフィッシングは何が釣れるかわからない、お宝は水温の上昇と共にやって来る!

「ヒラメ」関連の記事

サーフから高級魚ヒラメをルアーで狙おう!ルアーの種類や使用用途、おすすめ品をご紹介

サーフゲームで人気ターゲットのヒラメ、マゴチにおすすめのルアーや狙い方をご紹介

「マゴチ」関連の記事

サーフゲームで人気ターゲットのヒラメ、マゴチにおすすめのルアーや狙い方をご紹介

新着記事

オフショアジギングで釣れるアクションとは?青物や根魚などの魚種別のアクションなどを徹底解説

穴釣りの餌は何が良い? 最強の餌は何だ?

ソリッドティップのバスロッドってどうなの?メリット・デメリットやオススメモデルまで徹底解説

海釣りの仕掛けは種類が多いと思った方、タイプは違っても基本は全部一緒です!

【バス釣り】スピニングタックルとベイトタックルの使い分けをご紹介!どう使い分けるとベスト?

エギングにもショックリーダーは必要?その理由と選び方について解説!