ハゼ釣りで最も楽しいのは間違いなくミャク釣り! プルプルプルルの快楽に溺れよう!

作成:2021.10.18更新:2021.10.18

横浜市・野島公園のハゼ

夏から秋にかけて、大規模河川の下流部、湾奥部の浅い入り江、漁港の船着き場などに出向いて、場合によってはひざ丈位までの深さまで立ち込んで、リールもつけない延べ竿のミャク釣り仕掛けでのんびりとハゼを狙う姿が江戸前の風物詩でした。今でもそれは変わりないのですが、現在はハゼを専門に狙う釣り人は少なくなってきたかなと感じています。

私の地元神奈川県でも、2011年まで40年近く続いていた、相模川河口付近で毎年10月に行われていた「湘南潮来ハゼ釣り大会」が、2012年以降開催されていません。環境破壊による資源の減少及び、主催者である平塚市環境協会の事業計画の変更が理由です。老若男女、多くの参加者が集い、竿の本数も仕掛けのタイプも餌も自由というルールで、午前8時から午後2時までの6時間で、参加者が釣ったマハゼのうちサイズの良い10匹を選び、10匹の総重量を争う、のんびりした中でもエキサイティングな由緒あるハゼ釣り大会でした。いつの日か、復活してほしいと切望しています。

それはさておき、ハゼ釣りの魅力は、何と言っても「風情」、「釣りやすさ」、「食味の素晴らしさ」、いわゆるプレフィッシングからアフターフィッシングまで、すべてをひっくるめた「釣りの醍醐味」すべてを堪能できるターゲットであるということです。その中でも、ハゼの小気味良い「プルプルプルッ!」という引き味を味わえるのは、何と言っても延べ竿を使った「ミャク釣り」です。今回は、究極のシンプル仕掛けを使った、昭和情緒たっぷりの、ハゼのミャク釣りについて解説します。

ハゼのミャク釣りとは?

良型のハゼが台の上に乗っている

ミャク釣りは、「脈釣り」と書きます。湾奥の水深1m未満の浅い場所を中心に行う釣りで、ウキを使わず、仕掛けを常に張った状態にして、魚のアタリをダイレクトにハリス、道糸、ロッドを通じて感じ取り(脈を感じ取り)、すかさずアワセて針掛かりさせる、非常に単純な釣りです。道糸に目印をつけて、道糸の横方向への動きも感じ取る渓流釣りとは異なり、目印も使わず、魚の鼻先にエサを持って行くようにチョンチョンと仕掛けを動かしながら探ります。

ハゼが食いつくと、プルプルと手元にアタリが伝わってきますので、すかさずアワセを入れます。フッキングすると、ハゼが首を振って針を外そうとしますが、この時のプルプルプルッ!という引き味が最高に気持ち良く、ハゼ釣り師を一瞬で虜にしてしまいます。このハゼのプルプルダンスを最も堪能できるのが、繊細で柔らかい延べ竿を使ったミャク釣りなのです。

ハゼのミャク釣りに必要なタックル

ハゼ釣り 脈釣り仕掛け
延べ竿のリリアンへの道糸の結び方

それでは、ハゼのミャク釣りに必要なタックルを紹介して行きます。このタックルは、水温が高い真夏から秋の初め頃にかけて、最もハゼが浅場に溜まっている時期に適した仕掛けです。リールを使わないため、ポイントがショアから遠くなってしまったら使えませんので、秋が深まってきたらリールを使ったちょい投げ仕掛けに切り替えます。

ロッド

万能竿4.5m

ハゼのミャク釣りに適したロッドは、細身で軽量の万能延べ竿の4.5m〜5.4mが良いでしょう。ミャク釣りは、ロッドの届く範囲でしか探ることができないため、長いロッドのほうが有利ですが、あまり長すぎると取り回しが難しくなったり、腕が疲れたりします。初心者は3.6m〜4.5m程度をおすすめします。調子は、ハゼからの魚信を感じ取りやすい先調子の柔らかいロッドが良いでしょう。

ライン

ナイロンラインの超ロングセラー、東レ・銀鱗

ハゼのミャク釣りに使うラインは、ナイロンラインの0.8号〜1号です。よりハゼの小気味よい引きを味わいたければ、0.6号を使っても良いですが、ちょっとでも仕掛けを根や草に引っ掛けてしまうと切れるリスクが高くなりますので、あまり細くしすぎないほうが良いでしょう。因みに私はハゼのミャク釣りの場合はナイロン1号を道糸に使っています。

サルカン

道糸とハリスの接続に使います。一番小さいサルカンで問題ありません。サルカンを使わず、道糸とハリスを直結すればより感度が高くなりますが、道糸にヨリ癖がつきやすくなります。サルカンを使って、仕掛けのヨリがつきにくくする方が、ハゼ釣りには得策です。道糸側はユニノット、ハリス側はクリンチノットで結びましょう。

自動ハリス止め

サルカンの代わりに自動ハリス止めを使う人もいます。ハゼやタナゴなど、小物釣りの場合、サルカンにハリスを結ぶことすら面倒な場合があります。そんな時便利なのが自動ハリス止めです。サルカンのハリス側の環が潰れた形状になっていて、潰れた環の中にハリスを挟み込むだけで、ハゼ程度の小魚であれば結ばずともハリスが外れることなく使える便利なツールです。

オモリ

片天秤とタイコオモリ

中通し式のナツメオモリ1号をつけます。流れのない場所であれば、6B程度のガン玉だけでも十分です。小型の片天秤を使う場合は、ナス型1号〜2号を使いましょう。また、ハゼ釣り専用のタイコ型オモリというものもありますので、ハゼ釣り専用の自動ハリス止め付き超小型天秤を使う場合はタイコ型オモリを使うと良いでしょう。

ハリス

フロロカーボンハリス1.2号

ハリスはフロロカーボンの0.8号以下を使います。なければナイロンでも構いません。ハリス長は20cmもあれば問題ありません。細いハリスを小さな針に結ぶのは大変なので、ハリス付き針を購入して、ハリスを短く切って使うのもおすすめです。

「ハゼ針」という、ハゼ用の細身で柔らかい針が売っています。ハゼはエサには果敢に攻撃して来ますが、意外と針掛かりさせるのは技術の差が出ます。特に、ちょい投げ仕掛けによく使われている流線形針は、芯材が太くて硬いため、ハゼのフッキングにはあまり向いていません。「ハゼ針」、もしくは「競技用キス針」、「早掛けキス」など、細くて柔らかいけれど、先端は鋭くフッキングさせやすい針を使いましょう。

エサ

カレイの投げ釣りに使うアオイソメ。太くて活きが良い。

エサは虫エサであれば何でも構いません。青イソメ、岩イソメ、石ゴカイ(ジャリメ)などを短く切って使います。タラシは2cm程度あれば充分です。価格を考えれば、最も安価に入手できる青イソメをおすすめします。

ハゼのミャク釣りのポイント選び

 ハゼ釣りは内湾の湾奥が狙い目、深浦湾

延べ竿仕掛けによるハゼのミャク釣りは、当然、竿が届く範囲しか探ることができません。また、竿の長さよりも深い場所も狙うことができません。ポイント選びにはちょっとしたコツが必要です。ハゼは水深の浅い場所でも生息します。流れが全くないような場所でも生息しています。こういう、一見誰も狙わないような、足元周辺のポイントを探しましょう。

船着場

 ハゼ釣りの好ポイント、船着場

漁船でもプレジャーボートでもヨットでも、係留されている船舶の真下は絶好のハゼポイントです。船舶自体や、係留ロープに仕掛けをぶつけないように、慎重に船の下に仕掛けを送り込んでみましょう。光が届く場所と届かない場所の境目付近にハゼが溜まっていることが多いです。岸壁と船の間の隙間などもチャンスです。

橋の下

ハゼ釣りの好ほ、橋の下 平潟湾シーサイドライン下

橋の下には様々魚が集まります。橋脚周辺は特にチャンスです。いわゆるストラクチャー周りを重点的に探りましょう。炎天下の日中などは、浅場では水温が上がりすぎてハゼの活性が下がってしまっているときは、橋の真下で日光の影響が緩和され、水温がわずかに低くなっている日陰を狙いましょう。

水門付近

ハゼ釣りの好ポイント、水門 相模川

小規模河川にはなかなかないかも知れませんが、大規模河川では、大雨が降って一時的に大量に溜まってしまった周辺の水を河川本流に流したり、灌漑用水の汲み上げなどのために河川本流に接続する支流に水門が設けられている場合があります。普段は水門が閉じられていて、取水/排水が必要な時だけ解放されます。ここにもハゼが溜まりやすくなっています。鉄扉の根元周辺を重点的に探ってみましょう。

運河

ハゼ釣りの好ポイント、運河 福浦橋

運河は埋め立て地に多く作られる、水運のため、或いは排水のための人工的な水路です。ここは底面も壁面もコンクリートで固められているため、生物の生息はあまり多くはないのですが、こういう場所に入り込んでくる小魚を追ってシーバスやメッキなどのフィッシュイーターが入ってきます。ハゼはこういうばしょにも良く入ってきます。排水口から水が流入している場所の周辺の壁際に仕掛けを落としてみましょう。

水道

ハゼ釣りの好ポイント、水道 野島公園

水道とは、2つの陸地に挟まれて狭いエリアに海水が入り込んでいる運河状の地形です。整備された運河とは異なり、底面は天然の浅い地形となっている場合が多く、干潮時には両岸付近からかなり底が露出します。こういう場所では、立ち込んで釣りができる場所も多くあります。立ち入りが禁止されていないことを確認したうえで、干潮時にひざ下位まで立ち込んで竿を出してみるのも面白いでしょう。こういう場所にもハゼがたくさん潜んでいます。

岸壁の足元

岸壁の足もとはきちんと狙おう、根岸港

岸壁の足元の壁際は、すべての魚が集まる場所です。決して侮ってはいけません。特にクロダイやカサゴなどは思わぬ大物が、壁際についている甲殻類などを捕食にやってきます。当然ハゼもそうした小動物を捕食していますので、丹念に足元をチョンチョン誘ってみましょう。

ハゼのミャク釣り、仕掛けの投入から誘い方・フッキングまで

ハゼの大量釣果

ハゼのミャク釣りの方法は至って簡単です。しかし、ハゼの鼻先にエサを持って行ってやる必要があります。ハゼはよほど活性の良い時は別として、エサを探して活発に泳ぎ回る魚ではありません。仕掛けを投入したら少しずつ仕掛けを動かしながら誘いをかけてやりましょう。

①仕掛けを静かに投入する

日の当たる場所と当たらない場所の境目、係留されている船の下、橋脚まわり、排水口まわり、岸壁のキワなど、ハゼが潜んでいそうな場所に狙いを定めたら、静かに仕掛けを落とします。勢いよくボチャンと投入してしまうと、水深が浅いためハゼがびっくりして散ってしまいます。そ~っと投入しましょう。

②道糸をピンと張って数秒待つ

仕掛けを投入したら、道糸をピンと張ってアタリを待ちましょう。仕掛けを投入した場所にハゼが居ればすぐに食いついてきます。15秒程度待ってもアタリがなければ、仕掛けを少しずつチョンチョン動かして、ハゼが食いついてくるのを誘ってみましょう。底でじっとしているハゼの鼻先をエサが通過すればハゼはすかさず食ってきます。

③アタリがあったら手首を軽く起こすようにアワセる

ハゼが食いついてくると、最初は「コツッ、コツコツッ!」と、鋭く小さなアタリが来ます。これは、エサを見つけて咄嗟に食いついたときにあらわれるアタリです。ここでアワセることができれば、ハゼの上唇に正しくフッキングできるでしょう。100点満点のフッキングです。アワセる際は、竿を大きくあおるのではなく、手首をクイッと上に向けるような感じで軽く竿を立てます。フッキングが決まれば、そこから取り込みまでは、「プルプルプルプルプルプルッ!」と、得も言われぬ快感を存分に味わいましょう。

ここでのアワセに失敗してしばらく放置していると、次に「プルプルプルッ!」とハゼが首を振って針を外そうとする際に出るアタリがあることがあります。この時点で合わせると遅い場合が多く、すでに針を飲まれてしまっていることが多いです。最初のアタリでフッキングできなかったときは、一度仕掛けを回収して、再び同じ場所に仕掛けを投入した方が良いでしょう。

④ハゼ釣りのエサは再利用可能

ハゼ釣りの場合、一度ハゼが釣れて、針を外した際にエサを吐き出す場合があります。シロギス釣りなどでは、他の魚に齧られてしまったエサには食いついてきませんが、ハゼの場合は、どんな状態のエサでも、針に残ってさえいればそのまま投入すればまた別のハゼが釣れます。もちろん、新しいエサの方が反応は良いですが、かなり齧られてボロボロになったエサにも食いついてきますので、手返しよく数釣りを目指しましょう。結果としてエサの節約にもつながります。

たくさん釣れたら天ぷらに挑戦しよう!

ハゼの天ぷら

私が子供の頃は、ハゼ釣りといえば、一束(いっそく=100匹)釣りは当たり前と言われた時代でした。子供でも簡単に数が釣れるターゲットでした。現在は数が減ってしまったのか、なかなか一束釣りは難しいターゲットになってしまいました。それでも、一日粘れば半束(50匹)は行けるのではないでしょうか? 半日であれば25匹〜30匹を目標といったところでしょうか? ショアからのミャク釣りでも、足で稼げはサイズはともかく、それなりの数釣りはできるはずです。

たくさん釣れたら、ぜひ天ぷらに挑戦してみてください。ショアからの釣りモノで、最高の天ぷらダネと言えば、江戸前ではシロギス、ハゼ、メゴチ、アナゴが代表的でしょう。その中で、ハゼの天ぷらの味わいは格別です。シロギスより味が濃く、アナゴよりクセがありません。小さなものは素揚げして塩コショウをまぶしてビールのツマミに最高ですが、10cmを超えるサイズがある程度まとまったら、絶対に天ぷらでいただくべきです。そんな記事書いていたら、ハゼ釣りに行きたくなってきました!

この記事を書いた人

ショアおやじのプロフィール写真

初心者歴40余年!
ショアおやじ

 メジナ、クロダイ、アイナメ、カサゴ、メバル、カワハギ、シロギス、イシモチ、カレイ、ハゼ…ベラ、フグ、ヒイラギw、ウキフカセ釣り、投げ釣り、穴釣り、江ノ島周辺(湘南大堤防、表磯、裏磯、片瀬漁港)、福浦岸壁、大磯サーフ、逗子・葉山界隈、城ヶ島(神奈川県)


シェア
はてなブックマークロゴ
feedlyロゴ

合わせてよく読まれる記事

ハゼ釣りは夏の風物詩、小型リールとちょい投げロッドを持って、のんびりと最高の休日を!

良型のハゼが台の上に乗っている

新着記事

真冬の海釣りは、アツいファイトが最大の魅力。バッチリ防寒対策しましょう!

真冬の江ノ島表磯の夜明け

エギングに行くときの服装は?季節ごとのおすすめの服装を解説!

冬エギングの時に中に着ると暖かいダウン

冬の釣りといえばワカサギ釣り!必要なものや便利グッツとは?

ワカサギ大量

人気のティップランエギングで秋から冬のアオリイカを釣る!タックルやルアーを詳しく解説します

タモに入ったキロアップのアオリイカ

スーパーライトジギングに意外な仕掛け?困った時のお助けアイテム「ジグサビキ」で釣果アップ!

SLJで釣れたワラサ

スキッピングしやすいおすすめワームはどれ?まずはこのワームでスキッピングを練習しよう!

ファットイカのパッケージ写真