20 ソルティガ 10000-H

ダイワ

©ダイワ「20 ソルティガ 10000-H」
番手
10000
ギア比
5.8
ドラグ/耐力
25kg
自重
655g
B/R
12/1
糸巻量/回転
118cm
ハンドル長
80mm
PE糸巻量
4-400 / 5-300
価格
¥ 89,315

できる釣法

搭載の機能・素材

よく比較されるライバルモデル

ダイワの最強SWスピニングリール・ソルティガ 10000-Hは、やるかやられるかの大勝負を繰り広げるに相応しい超高剛性と、取り回しの良さが魅力!

ダイワのSW用スピニングリールの中で、最もタフであり、最も過酷な状況で勝負出来るリールといえば、ソルティガシリーズですが、ソルトウォーター専用の大型スピニングリールには、圧倒的な防水性能と、段違いにタフなボディとギアが要求されます。ソルティガシリーズは、素材選定、構造設計、加工技術など、全ての要素に於いて最高のパフォーマンスを発揮することを求められています。近海のキハダマグロ、ヒラマサ、GT(ジャイアント・トレバリー:和名ロウニンアジ)などのモンスター魚を獲るためだけに存在するソルティガシリーズは、2020年にモデルチェンジを果たし、あらゆる点でパワーアップしました。今回は、新しくなった20ソルティガのラインアップ中では汎用的に使用できる、ソルティガ 10000-Hについて紹介します。

モノコックボディによる最高水準の防水構造と剛性を誇る!

ソルティガの生命線、というより、ソルトウォーターでのビッグフィッシュ用リールの生命線である、高い防水性能を獲得するためには、水の侵入経路を完全に塞ぐ必要があります。しかし、回転体であるリールには、可動部と非可動部の境目にはどうしても隙間ができます。この隙間を100%シールドすることは現実には不可能ですが、ダイワは、磁性流体を隙間に封入し、磁力で閉じ込める「マグシールド」をボディ、ラインローラーに採用し、さらに各所の回転軸受に採用しているボールベアリングもマグシールドベアリングを採用し、考えられる最高水準の防水機構を備えています。さらに、物理的にパーツの分割線を減らし、水の侵入経路を最小限にするために、20ソルティガでは、アルミ合金「スーパーメタル」を使用し、ボディとボディカバーをワンピースで成形した「モノコックボディ」を採用し、水との接点を極力減らしています。金属製モノコックボディの成形には、高い金型設計技術、高い金型加工技術が必要です。ソルティガのスーパーメタルモノコックボディはダイワテクノロジーの集大成と言える技術なのです。

金属モノコックボディの利点は計り知れない!

モノコックボディの利点は、パーツ同士を組み合わせるためのビスもいらず、機械強度を高めたまま薄肉化出来ることです。同じボディサイズの場合、モノコックボディは内容積を大きく出来ます。結果、ドライブギアの大口径化が出来、なおかつギアの歯数を増やすことで、より精度の高い噛み合わせを実現し、ハンドルを介しての入力のパワーを大きくしつつ、リーリングのフィーリングも向上できます。また、ギアの厚肉化も可能となり、前モデルの15ソルティガと比較し、ギアサイズは12%大きくなり、厚みは55%厚くなりました。ギア強度はなんと2倍以上に強化されています。そして、このドライブギア、ピニオンギアを支えるボディも、分割のないスーパーメタル製モノコックボディがガッチリ支え、大型ターゲットとの突然のファイトに対しても、たわみやねじれの力にも負けない、パワフルなリーリングが可能となります。

ソルティガ 10000-Hの基本スペック

ソルティガ 10000-Hの基本スペックを見てみましょう。ギア比は5.8、ハンドル1回転あたりの最大巻き長さは118cmのハイギアタイプです。20ソルティガでは全く新しいドラグシステムが搭載されています。最大ドラグ釣力は25kg、この強力なドラグを、放熱性の高い大口径アルミラジエーションドラグノブと、15ソルティガでは6枚だったドラグワッシャーを、20ソルティガでは14枚にまで増やし、熱によるラインの劣化を軽減するとともに、絶妙なドラグの滑り出しと細やかな制御を実現しています。この新しいドラグシステムは、前モデルの15ソルティガと比較し、10倍以上の耐久性を実現しています。そして、20ソルティガでは、ローター材質も変更されています。15ソルティガのZAION(カーボン長繊維強化樹脂)製ローターに対し、20ソルティガでは、アルミ製エアローターに変更され、撓み剛性が約2倍に向上しています。このように、20ソルティガは15ソルティガとは全く別のモデルに進化しています。

15ソルティガと20ソルティガの呼び番手に関する注意点

15ソルティガ20ソルティガを比較するにあたって、注意することがあります。番手の呼び方が変更されています。20ソルティガ 10000-Hは、15ソルティガでは5000-Hに相当します。20ソルティガ 20000番は15ソルティガの8000番に相当します。15ソルティガと20ソルティガの間で、スプールやハンドルアーム、ドラグノブの互換性は残念ながらありませんので注意してください

PE5号を300m巻いてキハダマグロにチャレンジしたい!

ソルティガ 10000-Hのラインキャパは、PE4号(64lb)で400m、PE5号(80lb)で300mあります。もちろん、PE5号を巻いて、近海オフショアでビッグベイトをフルキャストし、30kg程度のキハダマグロやメーター超えのヒラマサに挑みたいです。ソルティガ 10000-Hはそれらをターゲットにしたパワーフィッシングにピッタリのタックルです。ソルティガのボディ剛性、ギア剛性、ローター剛性、ハンドル剛性のすべてが、全力ファイトをサポートしてくれるはずです。

ソルティガ 10000-Hとの頂上決戦はシマノ ステラSW 10000PG!

ソルティガ 10000-Hがダイワのオフショア用大型スピニングリールの頂点ならば、ライバルはズバリ、シマノのソルトウォーター専用の大型スピニングリールである、ステラSW 10000PGでしょう。どちらも金属ボディに超高剛性ギアユニットを組み合わせ、さらに摩擦熱を逃がし、ラインの熱劣化を抑えるヒートシンク機構を備えたスプールを持っています。また、どちらも最高レベルの防水機能を備えており、タフなソルトウォーターゲームシーンにおいて、長期にわたる耐久性を発揮します。ラインキャパも同じです。自重は、ソルティガ 10000-Hの655gに対して、ステラSW 10000PGは670gとなっています。どちらも30kgクラスのキハダマグロ、メータークラスのヒラマサがターゲットとなります。どちらもソルトウォーター用スピニングリールの最高峰ですので、好みで決めて何の問題もありません。

アングラーの飽くなき夢を追い求めるために、絶対に必要なタックルだ!

ソルティガ 10000-Hは、オフショアゲームの最高峰の入り口として、是非とも手に入れたいアイテムです。近海でのオフショアゲームであれば、このクラスを持っていれば不足はないでしょう。小笠原や五島列島、海外遠征などで、クロマグロやカジキマグロなどさらなる大物を狙う場合は、最大サイズの20000-Hを手に入れ、究極のパワーフィッシングを体感しましょう!

この記事を書いた人

初心者歴40余年!
ショアおやじ

 メジナ、クロダイ、アイナメ、カサゴ、メバル、カワハギ、シロギス、イシモチ、カレイ、ハゼ…ベラ、フグ、ヒイラギw、ウキフカセ釣り、投げ釣り、穴釣り、江ノ島周辺(湘南大堤防、表磯、裏磯、片瀬漁港)、福浦岸壁、大磯サーフ、逗子・葉山界隈、城ヶ島(神奈川県)