シマノ

アルテグラ

SHIMANO - ULTEGRA

アルテグラは1991年、アルテグラGTとして誕生しました。Ultimate(究極)とIntegrate(統一)を掛け合わせてULTEGRAという名前になったと言われています。1991年に発売されて以降、細かくモデルチェンジを繰り返し、アルテグラアドバンスや海上釣り堀用でハンドルが2本ついたアルテグラシーリアにも派生しました。21アルテグラはロングストロークスプール・マイクロモジュールギアⅡ・サイレントドライブなど、上位機種にしか搭載されていなかったシマノ最先端のテクノロジーが盛り込まれ、更にボディにはCI4+が採用されたことにより前作よりも軽量化されました。軽量化により操作性が高まったことはもちろん、ロングストロークスプールによる飛距離の向上やマイクロモジュールギアⅡ・サイレントドライブによる巻きの滑らかさとノイズの無さなど実釣性能が大幅に向上した21アルテグラは初心者からステップアップしたい方向けの非常にコストパフォーマンスに優れたリールです。

アルテグラの歴代別
スペック

SPEC

アルテグラのライバル
比較対象モデル

RIVAL

フリームス

ダイワのロゴ

アルテグラと同価格帯のフリームスはアルテグラ最大の来バスと言って良いでしょう。2021年モデルには新素材「ZAION V」が搭載されました。ボディ・ローターにZAION Vが搭載されたことにより、重量を軽くしながらも大幅な剛性UPが実現。前モデルのフリームスの弱点であったボディのたわみが改善され、非常に使いやすいリールとなりました。21フリームスにはストッパー(ローター逆転機能)が搭載、ストッパーを使いたい方には嬉しいリールですね。

カルディア

ダイワのロゴ

2021年にモデルチェンジしたカルディアは新素材「ZAION V」を纏い登場。ZAION V製のモノコックボディが搭載され、前モデルより軽量化。ローター素材にもZAION Vが搭載され軽量化されたことにより、レスポンス・巻き感度もUPしました。ボディ剛性・ローター剛性ともに高まっているので巻き上げパワーもUPしており、前モデルの弱点が見事にカバーされています。剛性・軽量性ともにアルテグラを上回ります。

ストラディック

シマノのロゴ

コアソリッドシリーズに属する、アルテグラの1ランク上のリールです。2万円前後の価格でありながら、ロングストロークスプール・マイクロモジュールギアⅡ・サイレントドライブなどシマノ最先端のテクノロジーが盛り込まれた超ハイコストパフォーマンスなリールです。アルミが採用されたボディは高剛性で、カチッとした巻き心地をもたらします。アルテグラに劣る部分はないので、予算が許すならストラディックを買う事をおすすめします。

アルテグラに関する
質問投稿

Q & A

メバリングで使うスピニングリールにおいて、アルテグラか月下美人かで悩んでいます。実際にお持ちの方のご意見をお聞きしたいです!

アルテグラは自分でベアリング化するべきでしょうか?

メーカーTOPへ