シマノ

ストラディック SW

SHIMANO - STRADIC-SW

ストラディックは2015年にバイオマスターの後継機として誕生しました。バイオマスターは1992年に発売され以降、長く愛され2010年にはSWモデルも発売されました。バイオマスターがストラディックとして生まれ変わって以降はSWモデルもストラディックSWとして生まれ変わっています。現行モデルである20ストラディックSWはストラディックSWとしては2代目のモデルです。廉価版モデルでありながらHAGANEギア・HAGANEボディ・Xシールド・XプロテクトなどSWリールに求められるテクノロジーは一通り搭載されています。さらに、これまではステラSWにしか搭載されていなかったインフィニティドライブが搭載され、回転時の抵抗を大幅に抑えられました。非常に軽い巻き心地になり、高負荷でもしっかりと巻き上げられるリールに仕上がっています。ロックショアやオフショアを主戦場とするアングラー向けの初・中級者におすすめのリールです。

ストラディック SWの歴代別
スペック

SPEC

  • 20ストラディック SW
  • 18ストラディック SW
品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格

基本情報

ボディ
アルミ素材
ローター
高強度樹脂素材
スプールリング
  • ステンレス素材
  • チタンコート表面処理
ハンドル
  • ネジ込式取付
  • CI4+ラウンドノブ
ピニオンギア
超高強度真鍮素材
ドライブギア
HAGANE素材

搭載機能・機構

  • HAGANEギア
  • X-SHIP
  • HAGANEボディー
  • インフィニティドライブ
  • サイレントドライブ
  • Xシールド
  • Xプロテクト
  • Gフリーボディ
  • AR-Cスプール
  • S A-RB

HAGANEギア

硬く、粘り強さを兼ね揃えた、シマノを代表する高性能のギアです。ギアの緻密さは、リールの巻き心地に大きく関わります。ギア同士のかみ合わせの正確さは勿論のこと、小さい部品であるが故の耐久性も求められます。シマノでは金属の塊を約200トンもの力で圧縮することでギアを生成しますが、その際にミクロン単位の精密な設計が行える技術を持っています。そのため圧縮後の細かい切削加工は一切不要であり、より強度の高いギア...を作り上げることができます。滑らかな巻き心地と強い耐久力を持つ「HAGANEギア」はシマノが誇る技術力の一つです。

X-SHIP

リールを回転させる駆動ギアの仕組みを見直し、より精度の高いバランスとパワーを兼ね揃えた設計です。大きな違いは、従来のモデルよりもギアを太くする事によってギアの精度を向上させたことです。ギアは太いほど力強く、噛み合わせもしっかりとしたものになります。またその太くなったギアの配置位置を最適な所に見直す設計する事で、太くても爽快なリーリングが保たれています。この頑強なギアの噛み合わせ・ギアの最適配置こそ...が、負荷に強く、気持ちの良い巻き心地を実現する仕組みです。

HAGANEボディー

シマノのスピニングリールに使われている金属ボディの総称の事です。軽量で剛性の高いアルミニウムやマグネシウムなどの金属を使うことで、リールのたわみや歪み、ネジレをしっかりと抑制するために設計されています。全てが金属の場合もありますが、一部を樹脂やカーボンにする事で軽さも兼ね備えているモデルもあり、そちらも「HAGANEボディー」と呼びます。大型の魚を狙うことが想定され、より強度が求められるリールに対...して採用されています。

インフィニティドライブ

インフィニティドライブは、X-SHIP(EXtra Smooth & HIgh Power)と連動する機構です。X-SHIPでは、その機能の一つに、ピニオンギアのベアリングによる2点支持がありますが、インフィニティドライブは、さらにメインシャフトの支持機構を変えています。これまで、メインシャフトは、ピニオンギアの内径部に差し込むことで支持されていました。ピニオンギア内部にはグリスが封入されています...が、ピニオンギアの長さ分、メインシャフトは接触支持構造となっています。これを、ピニオンギア上下端に噛ませた特殊低摩擦ブッシュのみで支持する構造に変更し、メインシャフトの接触がほぼなくなり、結果、回転抵抗30%低減を実現、よりシルキーな巻心地になりました。

サイレントドライブ

サイレントドライブは、上位機種に採用されているマイクロモジュールギアⅡと連動する機構で、マイクロモジュールギアⅡの精緻なドライブモジュールの配置、固定構造から、ボディ全体の基本構造、影響を受ける駆動関連部品全ての関係性を見直し、部品間の微細なガタや隙間、揺れを完全に解消する構造です。対象部品は、ドライブギア、ウォームシャフト、ウォームシャフトピン、ウォームシャフトギアなど多岐にわたり、よりなめらか...な回転性能と静粛性を発揮します。ステラ、ステラSW、ヴァンキッシュ、ツインパワー、ヴァンフォード、ストラディック、ストラディックSWに採用されてます。

Xシールド

シマノの防水技術には、コアプロテクト、Xプロテクト、Xシールドの3つがありますが、Xシールドは、物理的なシール処理を加える唯一の防水処理です。コアプロテクト、Xプロテクトは外部からの水をリールの中に浸入させないようにする非接触防水の技術ですが、Xシールドは、ボディやフタの合わせ面、ハンドル取り付け軸受部、スプール受け部、ドラグノブ接触部など、あらゆる水の浸入経路を遮断する強力なシール処理です。ステ...ラSW、ツインパワーSW、ストラディックSW、バイオマスターSW、スフェロスSWといった、ハードなソルトゲームに使う上級機種に搭載されている技術です。

Xプロテクト

Xプロテクトとは、シマノの防水機構である、「コアプロテクト」の非接触防水機構の進化版です。コアプロテクトの撥水処理による水の浸入防止に加え、中・小型リールの場合は、水の経路を何度もクランク状に折れ曲がるラビリンス構造により、水がギア内部まで入れない構造にしてあります。大型リールの場合は、この構造に加え、撥水グリスを封入した物理的なシールド加工も施されています。Xプロテクトは撥水機能がなくならない限...りは原則メンテナンスフリーで、オイル等の注油は禁止されています。シマノ純正の特殊撥水グリース「DG-18」のみ使用が許可されています。

Gフリーボディ

ボディ内の部品の位置を変える事で、タックルの重量バランスを大幅に改善した設計手法です。そもそもリールはロッドと組み合わせなければ使用できない物なので、ロッドとのバランスが考慮されたリール設計が重要です。Gフリーボディは、「ウォームシャフト(ハンドルの回転をスプールの上下運動に切り替えるギア部品)」をロッド側に配置させる事で、タックル全体の重心バランスが安定しやすくなりました。これによりキャスト時の...疲労を軽減することができるため、幾度もキャストを繰り返すような釣法には有り難い機能です。

AR-Cスプール

AR−Cスプールとは、「All Round-Cast」スプールの略で、飛距離を確保しつつ、ライントラブルを激減させるラインの出方をさせる工夫がなされたスプールです。スプールの形状は、例えば飛距離が最優先事項のサーフキャスト専用リールなどは、スプールの手前側から先に向かって径が細くなる「順テーパー」、飛距離よりもライントラブルレス重視の磯フカセ用リールなどは、逆テーパーが良いとされています。AR-C...スプールは、スプール前ツバのリングに特殊な形状を与え、キャスト時のライン放出の際、ラインが適度にスプールエッジにあたり、整流効果を発揮し、飛距離に影響を与えずにライントラブルを軽減するスプールです。

S A-RB

特殊な防錆処理が施されたベアリングです。リールにおいて、回転部に必ず入っているパーツが「ベアリング」です。この部品のおかげで、ハンドルの回転を滑らかにしたり、ラインローラー部ではラインの巻き取りをスムーズにする事ができます。この巻き心地に関わる重要な部品は非常に繊細で、少し水が入り込むだけも錆びやすいです。S A-RBというものは、特殊防錆処理をベアリング自体に施すことで、錆びに対する耐久性が大幅...にアップしているため、リール自体を長持ちさせることに繋がります。

品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格

基本情報

ボディ
アルミ素材
ローター
高強度樹脂素材
スプールリング
  • ステンレス素材
  • チタンコート表面処理
ハンドル
  • ネジ込式取付
  • CI4+ラウンドノブ
ピニオンギア
超高強度真鍮素材
ドライブギア
HAGANE素材

搭載機能・機構

  • S A-RB
  • X-SHIP
  • Xプロテクト
  • ワンピースベール
  • カーボンクロスワッシャ
  • ウォームシャフトオシュレーション

S A-RB

特殊な防錆処理が施されたベアリングです。リールにおいて、回転部に必ず入っているパーツが「ベアリング」です。この部品のおかげで、ハンドルの回転を滑らかにしたり、ラインローラー部ではラインの巻き取りをスムーズにする事ができます。この巻き心地に関わる重要な部品は非常に繊細で、少し水が入り込むだけも錆びやすいです。S A-RBというものは、特殊防錆処理をベアリング自体に施すことで、錆びに対する耐久性が大幅...にアップしているため、リール自体を長持ちさせることに繋がります。

X-SHIP

リールを回転させる駆動ギアの仕組みを見直し、より精度の高いバランスとパワーを兼ね揃えた設計です。大きな違いは、従来のモデルよりもギアを太くする事によってギアの精度を向上させたことです。ギアは太いほど力強く、噛み合わせもしっかりとしたものになります。またその太くなったギアの配置位置を最適な所に見直す設計する事で、太くても爽快なリーリングが保たれています。この頑強なギアの噛み合わせ・ギアの最適配置こそ...が、負荷に強く、気持ちの良い巻き心地を実現する仕組みです。

Xプロテクト

Xプロテクトとは、シマノの防水機構である、「コアプロテクト」の非接触防水機構の進化版です。コアプロテクトの撥水処理による水の浸入防止に加え、中・小型リールの場合は、水の経路を何度もクランク状に折れ曲がるラビリンス構造により、水がギア内部まで入れない構造にしてあります。大型リールの場合は、この構造に加え、撥水グリスを封入した物理的なシールド加工も施されています。Xプロテクトは撥水機能がなくならない限...りは原則メンテナンスフリーで、オイル等の注油は禁止されています。シマノ純正の特殊撥水グリース「DG-18」のみ使用が許可されています。

ワンピースベール

ベールとラインローラー部を一体化させることにより、強度と滑らかさを実現した技術です。一般的に、部品は一つにまとまっていた方が強度が増します。また、ラインが接触する部分には滑らかさが求められるため、部品同士の繋ぎ目が無い「ワンピース構造」が良いとされています。ベールにおいては、ラインローラーの接続部がダイレクトにラインが接触する箇所となります。本来ベールとラインローラー部は別々の部品ではありますが、...ここを一体化させることによって、リーリング時のラインの絡まりを大幅に軽減し、ベール自体の強度が増加しました。

カーボンクロスワッシャ

ドラグの耐久性を上げる機能です。ドラグの仕組みは、ドラグ締めるとスプールとメインシャフトの隙間が塞がるため、スプール自体の回転が抑制されます。この隙間を埋めているのは、フェルトのような柔らかい素材で、ドラグを緩めた際にはスプールが円滑に回るための役割を果たしています。一方で不意な大物が掛かった際には、このフェルト素材が耐えきれずに破損してしまうリスクがあります。そこで、このフェルト素材をカーボンク...ロスという素材にする事で、耐熱性と耐久性を高められたドラグシステムが、このカーボンクロスワッシャです。

ウォームシャフトオシュレーション

オシレーションとはスプールを上下運動させることを指します。オシレーションをさせるには、「カム式」と、直接ギアを噛み合わせる「クロスギア式」というものがあります。ウォームシャフトオシュレーションというものは、「クロスギア式」でオシュレーションをさせる機構です。ギアの力をダイレクトに伝えるこの方式は、「カム式」と比較をして、力が分散してくれるようになるため、魚が掛かっても巻きが重くなりにくいというメリ...ットがあります。これは、ギア製造の技術力の高いシマノだからこそ成せる技術です。一方でこの機能は非常に複雑であるため、製造コストが上がってしまうというデメリットがあります。低価格のエントリーモデルには導入することができない機能の一つです。

ストラディック SWのライバル
比較対象モデル

RIVAL

スフェロス SW

シマノのロゴ

シマノのSWリールの最下層に位置するリールです。最下層に位置する非常に安価なリールですが、Xシップ・Xプロテクト・Xシールド・ねじ込みハンドルなど、必要最低限のテクノロジーは搭載されています。この価格帯でありながらボディはアルミニウムが使用されたHAGANEボディと樹脂のハイブリッド。アルミニウムが使用されていることにより大幅に剛性が高まっています。ストラディックSWに及ぶ点はありませんが、安さを求めるならスフェロスSWという選択になるでしょう。

ブラスト LT

ダイワのロゴ

ダイワの中価格帯のSWリールです。アルミニウムが使用されたスーパーメタルボディでありながら、ローターが剛性の低いDS4のエアローターであることでボディ剛性が活きていません。高負荷が掛かるとたわむため巻き上げパワーが低く、アングラーに相当の負担が掛かります。ストラディックSWよりも大幅に軽量であり、レスポンスも良いですが、剛性や耐久性が求められるシチュエーションではブラストLTの出番はないでしょう。

ヴァデル

ダイワのロゴ

ダイワの低価格帯のSWリールです。安価でありながらボディにはアルミニウム製のスーパーメタルボディが採用されています。しかしローターが剛性の低いDS4製のエアローターであることからボディの剛性が活きていません。高負荷が掛かるとたわむため巻き上げパワーが低く、アングラーに相当の負担が掛かります。パワーや耐久性が求められるシチュエーションでの出番はないでしょう。