ダイワ

レガリス

DAIWA - LEGALIS

"ダイワのリール"

レガリスはダイワのスピニングリールの低価格帯に位置するリールで、非常に安価でありコストパフォーマンスが高いことから、入門者を中心に人気があります。レガリスは発売以降3度モデルチェンジをし、現行モデルである18レガリスに至ります。LTコンセプトをもとに作られた18レガリスは、2000番以下のモデルで200gを切るほどの超軽量に仕上げられています。非常に軽量であることと、圧倒的なレスポンスの良さは、ダイワに所属していないプロも絶賛するほどの性能を持っています。ライトゲームに使用するリールとしては、クラス最強と言っても過言ではないでしょう。しかしボディ剛性が非常に低く、PEラインを使用する釣りには向かないという事も付け加えておきます。レガリスは圧倒的な軽さとレスポンスの良さが特徴で、ライトゲーム向きの初心者におすすめのリールです。

レガリスの
スペック

SPEC

  • 18レガリス
品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格

基本情報

ボディ
DS4素材
スプール
薄肉アルミ素材
ハンドル
  • アルミマシンカット素材
  • 折りたたみ式取付

搭載機能・機構

  • タフデジギア
  • エアローター
  • LC-ABS
  • エアベール
  • ATD

タフデジギア

タフデジギアは、2018年にダイワが発表した、リールの新設計基準「LTコンセプト」に採択された技術です。LTコンセプトとは、「Light(軽さ)」と「Tough(強さ)」という、相反する特性を両立するための指標です。タフデジギアの材質である亜鉛ダイカストもしくは超々ジュラルミン製ギアの構造解析の精度をさらに高め、冷間鍛造によりドライブギアの薄肉化、大口径化を果たし、これまでのデジギア、デジギアⅡよ...りも、ギアの剛性と耐久性を高めつつ、軽量化も実現しています。2018年以降に発売された「LTコンセプト」採用リールには基本、タフデジギアもしくはマシンカットタフデジギアが使われています。

エアローター

ローターの形状を変える事で、操作性の高いリーリングが可能となりました。ローターはリールの巻き心地とアクションに関わる非常に重要なパーツであり、ここの技術革新は、リール性能を飛躍的に伸ばす事に繋がります。従来は防水の観点からローターの形状は変えられないとされてきました。しかしダイワの防水技術「マグシールド」が開発された事によって、ローターの形を変える事ができるようになりました。ローターの外観を、滑ら...かな曲線を描くアーチ型に設計する事で、回転時の負荷が分散・軽量化され、「軽やかな巻き心地」「巻き始めの速さ」を実現する事ができるようになりました。殆どの釣りにおいてはリールの俊敏さが求められるため、この技術革新は大きな前進と言えます。

LC-ABS

スプール形状を変える事で、ライントラブルを最小限に抑えつつ、且つ飛距離を担保した技術です。通常のABS(アンチバックラッシュシステム)では、ライントラブルは大幅に軽減するものの、テーパー型のスプールと比べ、飛距離が低下してしまうという課題がありました。そこでダイワが新しく開発したこの「LC-ABS」では、スプールの軽量化は勿論のこと、スプールとラインが接触するスプールリング部をライン放出側(前方)...に突き出すことにより、キャスト時にラインとスプールが接触しにくくなる形状を設計しました。これにより、従来モデルと比較して、飛距離が5%UPする事に成功しました。

エアベール

ベールからラインローラーまでの段差を無くす事で、ライントラブルを軽減させる技術です。従来では、ベール側で受け取った糸をラインローラーまで渡す際に、つなぎ目の凹凸が邪魔をして、度々ライントラブルを招いていましたが、つなぎ目の無い滑らかな形状に設計する事で、この課題をクリアしました。更に、設計的な理由からベールを太く・中を空洞にする必要があったのですが、これが副産物となり、従来のものよりも歪みにくい強...度の高いベールを実現しました。

ATD

ドラグに掛かる力を自動調整をしてくれる技術です。従来のドラグシステムでは、予期せぬ大物などが掛かると、ドラグが緩過ぎてしまい上手く合わせらなかったり、逆に強く締めすぎるとラインが切れてしまうため、常にドラグを調整しながら戦わなければなりませんでした。このATDという機能は、自分で調整したドラグ値を大幅に上回る負荷が発生した際、自動的にドラグをキツく締めてくれるものです(自動車のシートベルトと似てい...ます)。これによりフッキングの際のバラし率を軽減するだけでなく、格闘中の細かいドラグ調整が不要となりました。

レガリスのライバル
比較対象モデル

RIVAL

ナスキー

シマノのロゴ

レガリスと同価格帯であるナスキーはレガリス最大のライバルと言えるでしょう。安価でありながら、Xシップ・コアプロテクト・HAGANEギア・Gフリーボディ・AR-Cスプールなど、様々なテクノロジーが搭載されており、高い防水性、滑らかな巻き心地が実現されています。軽さやレスポンスの面ではレガリスよりも大きく劣りますが、剛性やパワーはレガリスを上回ります。ライトゲームやトラウトならレガリス、それ以外の釣りはナスキーと使い分けると良いでしょう。

サハラ

シマノのロゴ

安価でありながら、Xシップ・HAGANEギア・Gフリーボディ・AR-Cスプールなど、様々なテクノロジーが搭載されており、滑らかな巻き心地が実現されています。軽さやレスポンスの面ではレガリスよりも大きく劣りますが、剛性やパワーはレガリスを上回ります。ライトゲームやトラウトならレガリス、それ以外の釣りはサハラと使い分けると良いでしょう。

クレスト

ダイワのロゴ

2020年にモデルチェンジし、前モデルより大幅に性能UPしました。大幅に軽量化され、巻き心地も良くなりました。しかし、上位モデルに当たるレガリスに性能面で勝る点は全くありません。軽さ・レスポンスの良さ・巻き心地などあらゆる面でレガリスが圧倒します。とにかく安さを求めるならクレストですが、そうでない方はレガリスを選んだ方が、より快適に釣りを楽しめるでしょう。