釣り具が邪魔とは言わせない

ロッドをオシャレに収納する方法

AbuGarcia

REVO ALX THETA

ABUGARCIA - REVO-ALX-THETA

Revo ALX THETAは2020年にアブガルシアから発売されたスピニングリールです。DURAMETAL™ (高強度アルミ鋳造合金)を採用したボディ構造であるDURAMETAL™ 一体ボディによるボディ剛性の高さと、カーボン繊維で強化されたエンジニアリングプラスチックであるC6カーボンで構成されたC6カーボンローターによる自重の軽さ・レスポンスの良さが魅力的です。ギアボックスは1ピース構造になっているので、軸心がブレません。(ダイワのモノコックボディに近い構造)カーボンマトリックスドラグによる非常に粘り強いドラグも魅力的。魚を弱らせることに長けており、浮かせるまでの時間が短縮できます。Revo ALX THETAはあらゆるルアーフィッシングに対応できる、ルアーフィッシング中級者におすすめの1台です。

REVO ALX THETAの
スペック

SPEC

品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格

REVO ALX THETAのライバル
比較対象モデル

RIVAL

カルディア

ダイワのロゴ

ボディにはZAION、ローターはDS5製のエアローターが搭載されている、軽さとレスポンスが重視されたリールです。LTコンセプトに基づいて設計されているので、非常に軽量に仕上がっており、Revo ALX THETAよりも圧倒的に軽いことが魅力です。アジング・メバリングなどのライトゲームやエリアトラウトなど、自重の軽さやレスポンスを重視する釣りではカルディアがおすすめです。

ストラディック

シマノのロゴ

2万円前後の価格でありながら、ロングストロークスプール・マイクロモジュールギアⅡ・サイレントドライブなどシマノ最先端のテクノロジーが盛り込まれた超ハイコストパフォーマンスなリールです。発売前は「ほぼステラ」と言われ話題になりました。コアソリッドシリーズに位置し、しっとりとした滑らかな巻き心地が特徴です。巻き心地の良さ・軽さ・滑らかさ・飛距離などあらゆる面でRevo ALX THETAを上回ります。

Revo ALX

AbuGarciaのロゴ

Revo ALXはREVO ALX THETAと名前も特徴も似ています。サイズによってボディ構成が違うのが特徴で、2000番~3000番はカーボン素材とアルミ素材のハイブリッド、4000番~5000番はアルミ素材となっています。発売されたのが2016年と古いリールで、搭載されているテクノロジーも古いので、今買うのであれば新しいREVO ALX THETAの方がおすすめです。