ダイワ

トーナメント ISO LBD

DAIWA - TOURNAMENT-ISO-LBD

"ダイワのリール"

トーナメントISO LBDはダイワの磯用レバーブレーキリールのフラッグシップです。最大のウリは従来のブレーキよりもハイレスポンスかつ倍のブレーキ力を誇るBITURBO ブレーキが搭載されていることです。軽い力でブレーキを掛けられる分、ファイトが楽に冷静に行えます。また、ブレーキのレスポンスが良いことにより、掛けた瞬間に魚を止められるので根ズレを防止できます。ワンウェイオシレーション・ZAIONエアローター・チタンベールの効果によるスムーズな糸送りも魅力的です。トーナメントISO LBDには競技モデルもラインナップされています。最軽量・巻き取りスピードが速い・ハンドルがワンタッチタイプ・ベールリターンがオート式など、競技に求められる性能を突き詰めています。エキスパート向けに特化したモデルなので、実力がないと使いこなすことは難しいでしょう。トーナメントISO LBDは磯釣りを極めようとする上級者向けのリールです。

トーナメント ISO LBDの歴代別
スペック

SPEC

  • 18トーナメント ISO LBD
  • 15トーナメント ISO LBD
  • 12トーナメント ISO LBD
品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格

基本情報

ボディ
ZAION素材
ローター
ZAION素材
スプール
薄肉アルミ素材
ブレーキレバー
アルミ素材
ハンドル
ワンタッチ取付
ベールリターン
マニュアル

搭載機能・機構

  • マグシールド
  • マシンカットデジギア
  • LC-ABS
  • エアベール
  • ATD
  • クイックオンオフLBシステム
  • ワンウェイオシレーション
  • CRBB

マグシールド

搭載箇所:ボディ(ハンドル軸×2)、ボールベアリング

磁力のある液体を使った防水技術です。従来の防水技術では、リールの隙間にゴムパッキンを挟む事で水の進入を防いでいました。ところが、この仕様ではリールの回転時に摩擦が強く発生してしまうため、ハンドルの回転が重くなってしまう事が課題とされていました。そこでダイワが目をつけたのが、磁石にくっ付いて、水は弾く「磁性流体」という素材です。まず、水が進入してしまう箇所の周りに磁石を配置し、その隙間にこの「磁性流...体」を流し込みます。すると、この液体は周辺の磁石にくっ付き、絶妙なバランスで隙間を塞いでくれるようになります。ゴムパッキンのように固定されるものでは無く、液体の膜が張られているだけなので、摩擦の抵抗を極限まで少なくすることに成功しました。磁力のある液体の壁「Magnet(磁石)Sealed(壁)」を略して「マグシールド」と呼びます。

マシンカットデジギア

※ 3000LBDと3000SH-LBDはハイパーデジギア

冷間鍛造という、金属に熱をかけずに、常温下で2000t前後の非常に高い鍛造プレスにより、素材の金属が持つ弾性限界を超える外的な力を加え、金属に永久ひずみを生じさせて成形したギアは、高熱をかけながらプレスして鍛える熱間鍛造よりも、寸法精度の良い製品ができます。それをさらにマシンカット(NC加工機)で表面の平滑度を高め、バリやボイド(巣)などが一切ない高精度のギアで、シミュレーションの結果をより忠実に...再現できる高性能のギアです。

LC-ABS

スプール形状を変える事で、ライントラブルを最小限に抑えつつ、且つ飛距離を担保した技術です。通常のABS(アンチバックラッシュシステム)では、ライントラブルは大幅に軽減するものの、テーパー型のスプールと比べ、飛距離が低下してしまうという課題がありました。そこでダイワが新しく開発したこの「LC-ABS」では、スプールの軽量化は勿論のこと、スプールとラインが接触するスプールリング部をライン放出側(前方)...に突き出すことにより、キャスト時にラインとスプールが接触しにくくなる形状を設計しました。これにより、従来モデルと比較して、飛距離が5%UPする事に成功しました。

エアベール

※ チタン製

ベールからラインローラーまでの段差を無くす事で、ライントラブルを軽減させる技術です。従来では、ベール側で受け取った糸をラインローラーまで渡す際に、つなぎ目の凹凸が邪魔をして、度々ライントラブルを招いていましたが、つなぎ目の無い滑らかな形状に設計する事で、この課題をクリアしました。更に、設計的な理由からベールを太く・中を空洞にする必要があったのですが、これが副産物となり、従来のものよりも歪みにくい強...度の高いベールを実現しました。

ATD

※ 3000LBDと3000SH-LBDはATDタフ

ドラグに掛かる力を自動調整をしてくれる技術です。従来のドラグシステムでは、予期せぬ大物などが掛かると、ドラグが緩過ぎてしまい上手く合わせらなかったり、逆に強く締めすぎるとラインが切れてしまうため、常にドラグを調整しながら戦わなければなりませんでした。このATDという機能は、自分で調整したドラグ値を大幅に上回る負荷が発生した際、自動的にドラグをキツく締めてくれるものです(自動車のシートベルトと似てい...ます)。これによりフッキングの際のバラし率を軽減するだけでなく、格闘中の細かいドラグ調整が不要となりました。

クイックオンオフLBシステム

リールの逆回転のオンオフを指先で簡単に行えるパーツです。大型の魚を狙う磯釣りなどでは、竿と道糸がまっすぐな棒引き状態になる(のされる)と、竿の弾力を生かしきれずに魚を取り逃してしまうことが往々にしてあります。このような場合は竿を立て直さなければなりませんので、一時的にベールを上げてラインをフリー状態にするか、リールを逆回転をさせることで対応をします。この動作を片手で円滑に行うためのパーツこそ「レバ...ーブレーキ」というものです。取り込み時のタモで両手が塞がっているような時や、泳がせ釣りなどの一時的にラインをフリー状態にすることが多い釣法においては、搭載されていると非常に便利な機能です。

ワンウェイオシレーション

逆回転時にスプールが上下する動き止めることで、魚のキャッチ率を向上させるための技術です。スピニングリールの巻き取り時は、スプールが上下に動くことで、ラインを全体にムラなく巻き取る事ができます。同様にリールを逆回転させる時もスプールは上下に動きます。これはリールの構造上仕方のないことなのですが、実はラインを巻き取らない逆回転時のこの動きは全くの無駄であり、むしろこの振動が魚に伝わる事で、暴れ出してし...まい、キャッチ率の低下も招いています。そこでダイワは逆回転時にはスプールが上下に動かないように設計しました。この動きを無くすことにより、ライン放出をスムーズにする事ができ、魚への影響を極力少なくすることができました。簡単なように思えて、基本設計であるギアの動きを止めるという事は勇気のいる設計であり、細部までのこだわりを感じる、革新的な技術です。

CRBB

12個中9箇所に搭載

「Corrosion Resistant Ball Bearing」の略で、サビに強いボールベアリングのことです。ボールベアリングはリールの回転する箇所(ハンドルの付け根やラインローラー部など)に設置される事が多く、回転をより滑らかにする重要な部品です。一方繊細な部品であるが故に、少しでもキズやサビが発生すると、リールの性能が著しく低下してしまいます。CRBBは、このボールベアリングに特殊な防錆処...理を施すことにより、リールを長期間使っても、巻き心地の低下を防ぐ事を可能にしている部品です。

品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格
品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格

トーナメント ISO LBDのライバル
比較対象モデル

RIVAL

BB-X テクニウム

シマノのロゴ

BB-Xテクニウムはシマノのレバーブレーキリールのフラッグシップです。最大の特徴はSUTブレーキが搭載されている事です。ローター逆転時はローターとハンドルの回転が切り離されることにより、よりスムーズに逆転します。瞬時に体勢を立て直すことが出来るので、ラインブレイクの可能性を抑えることが出来ます。またE.I.やバリアフィニッシュなどごく一部のリールにしか搭載されていないテクノロジーが搭載されており、他のリールにはない高級感があります。

BB-X ハイパーフォース

シマノのロゴ

BB-Xハイパーフォース最大の特徴はSUTブレーキが搭載されている事です。ローター逆転時はローターとハンドルの回転が切り離されることにより、よりスムーズに逆転します。瞬時に体勢を立て直すことが出来るので、ラインブレイクの可能性を抑えることが出来ます。トーナメントISO LBDにはないパワーギアモデルがラインナップされているので、巻き上げパワーが欲しい方はハイパーフォースを選ぶこととなるでしょう。

インパルト

ダイワのロゴ

インパルトLBDはトーナメントISO LBDの1ランク下に当たるダイワのレバーブレーキリールです。インパルトにも競技モデルがラインナップされており、自重・巻き取り量・ブレーキ力などは全く同じです。ラインナップのすべてがハイギアかスーパーハイギアとなっており、ノーマルギアがないので、ノーマルギアを求めるならトーナメントISO LBDを選ぶことになります。