AbuGarcia

Revo STUDIOUS

ABUGARCIA - REVO-STUDIOUS

Revo STUDIOUS(スチュディオス)は2014年にアブガルシアから発売されたスピニングリールです。ネットショップで軒並み在庫切れであることや、店頭で見かけないことを考えると、メーカーサイトには載っているものの、もう生産していない可能性も考えられます。Revo STUDIOUSはトーナメントを有利に戦うために1から1つ1つの機能を考え直されています。ドラグは負荷範囲を絞ってシンプルにすることで、滑らかにラインを送り出すことに成功。スプールは肉抜きして軽量化、テーパーを工夫することでライントラブルの削減も実現しています。逆転ストッパーを排除することでローラークラッチ関連のトラブルは皆無となりました。デフォルトでZPI製のハンドルノブが付いているのも嬉しいですね。しかし7年前のリールなのであらゆる性能で最新機種には及ばないので、2021年において敢えて買う理由はないでしょう。

Revo STUDIOUSの
スペック

SPEC

品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格

Revo STUDIOUSのライバル
比較対象モデル

RIVAL

ルビアス

ダイワのロゴ

ルビアスはダイワ初のZAIONモノコックボディが採用され話題となりました。ZAIONモノコックボディとZAION製のエアローターによる自重の軽さとレスポンスの良さが特徴です。モノコックボディによる剛性の高さと、大口径のギアによる巻き上げパワーの高さが魅力的です。防水性能や巻き心地も良く、あらゆる面でRevo STUDIOUSを上回ります。5年も新しいので当然と言えば当然ですが、性能差は非常に大きいと言えます。

ヴァンフォード

シマノのロゴ

クイックレスポンスシリーズに属するヴァンフォードは、非常に軽量でハイレスポンスです。ロングストロークスプール・マイクロモジュールギアⅡ・サイレントドライブのどシマノ最先端のテクノロジーが搭載されており、飛距離・巻き心地が抜群です。レスポンスと巻きの軽さは、慣れるまでは気持ち悪いとすら思えるほどハイレベル、あらゆる面でRevo STUDIOUSを上回ります。

Revo MGXtreme

AbuGarciaのロゴ

Revo MGXtremeはアブガルシアのフラッグシップ機です。マグネシウムボディ・CMgローター・Duracarbon ™ハンドルによる自重の軽さとレスポンスの良さが特徴です。ボディとローターにマグネシウムが採用されていることにより、抜群の感度を誇ります。巻き心地は決して良いとは言えませんが、巻き感度が非常に高く、水中から得られる情報は非常に多彩です。最新のテクノロジーがいくつも盛り込まれていることもあり、あらゆる面でRevo STUDIOUSを上回ります。