「釣りガール」見たことある?

気になる釣りガール達の生態に迫る

AbuGarcia

Revo LT

ABUGARCIA - REVO-LT

Revo LTは2014年にアブガルシアから発売されたスピニングリールです。ネットショップで軒並み在庫切れであることや、店頭で見かけないことを考えると、メーカーサイトには載っているものの、もう生産していない可能性も考えられます。ラインナップは2000番と2500番のハイギアのみなので、ライトソルトゲームやエギング、バスフィッシングなどが向いています。発売が2014年と古いため最新のテクノロジーは搭載されておらず、最新のリールと比べると性能も劣るため、2021年において敢えて買うという選択肢はないでしょう。程度の良い中古品や在庫処分などで1万円以下で販売されているなら、購入を考えてみるのも良いかもしれません。

Revo LTの
スペック

SPEC

品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格

Revo LTのライバル
比較対象モデル

RIVAL

カルディア

ダイワのロゴ

2021年にモデルチェンジしたカルディアは新素材「ZAION V」を纏い登場。ZAION V製のモノコックボディが搭載され、前モデルより軽量化。ローター素材にもZAION Vが搭載され軽量化されたことにより、レスポンス・巻き感度もUPしました。さらに剛性も高まっているので巻き上げパワーもUPしており、前モデルの弱点が見事にカバーされています。7年も新しいので当然ですが性能差は非常に大きいと言えます。

ストラディック

シマノのロゴ

2万円前後の価格でありながら、ロングストロークスプール・マイクロモジュールギアⅡ・サイレントドライブなどシマノ最先端のテクノロジーが盛り込まれた超ハイコストパフォーマンスなリールです。発売前は「ほぼステラ」と言われ話題になりました。コアソリッドシリーズに位置し、しっとりとした滑らかな巻き心地が特徴です。巻き心地の良さ・軽さ・滑らかさ・飛距離などあらゆる面でRevo LTを上回ります。

Revo PRM

AbuGarciaのロゴ

Revo PRMはRevo LTと同価格帯ですが、Revo LTよりも新しく、設計や搭載されているテクノロジーが違います。剛性と軽量性を兼ね備えたIM-C6 ボディ、とにかく強度を求めたX-クラフティックアロイボディ。ドライブギアを1部品で保持することによる軸心のブレなさによるフィーリングの良さはRevo LTにはありません。しかし発売が2016年と新しいリールでもなく、最新のリールには及ばないので、敢えてRevo PRMを選ぶ理由はないでしょう。

メーカーTOPへ