ダイワ

プレッソ

DAIWA - PRESSO

"ダイワのリール"

「管理釣り場でトラウトを狙う」という、他にはない特異性をもつエリアトラウトは、第二次世界対戦の戦後から始まったとされている、現在でも人気の高いスポーツフィッシングです。2008年、そんなエリアトラウト専用のブランドとして「プレッソ」が誕生しました。2017年には、上級者向けであるプレッソを、誰でも手の届きやすいものに実現した「プレッソ LTD」もリリース。そして2021年12月、プレッソは過去最高モデルとして生まれ変わりました。21プレッソでは大幅な軽量化を実現。スプールのデザインもマットブラックカラーの美しい仕上がりとなっています。プレッソブランドはスピニングリールに留まらず、ロッド、ルアーをはじめ、ライン、ロッドスタンド、ケースと多岐に渡ります。プレッソは、エリアトラウトの上級者のみが持つことを許されるエリアトラウトの最高峰ブランドとも言えるでしょう。

プレッソの歴代別
スペック

SPEC

プレッソのライバル
比較対象モデル

RIVAL

カーディフ CI4+

シマノのロゴ

プレッソのライバルとして忘れてはならないのが、シマノのカーディフCI4+です。トラウトを含めたライトゲーム専用に開発されたこのリールは、14プレッソには勝っていたでしょう。しかし、21プレッソの発売によってその地位は墜落したと言えます。軽さを中心とした、全体的な機能性を加味するならば、プレッソに軍配が上がります。

プレッソに関する
質問投稿

Q & A

プレッソに関する
質問を投稿しよう!

プレッソを実際に持っている人や詳しい人に、例えば下記のような質問してみよう。購入時のヒントになるかもしれません!

  • プレッソで実際に釣れた魚は?
  • 他モデルとの具体的な違いは?
  • 購入するときの注意点は?

メーカーTOPへ