リールごとの細かい解説や
インプレ記事の一覧

21ルビアスエアリティ LT3000でパワフル&スローな展開のルアーゲームを攻略しよう

21ルビアスエアリティはフラッグシップモデルを超えた超軽量リール! 2021年、ダイワ汎用スピニングリールに新モデル「ルビアスエアリティ」が追加されました。その全貌はフラッグシップモデルである「イグジスト」を凌ぐほどのスペックを持ち、歴代ダイワ汎用スピニングリール史上最軽量モデルとして誕生しました。その特徴をご紹介したいと思います。 18イグジストと同クラスのエアメタルモノコックボディ

公開:2021.07.29

シャローエリアやドテラ流しなどパワー重視のジギングは21セルテートSW 8000-Pで決定

20ソルティガの弟分的存在、21セルテートSWシリーズの実力は? スーパーメタル製モノコックボディーにG1ジュラルミン製MCタフデジギア [img id=2819] 21セルテートSWには20ソルティガと同等のアルミモノコックボディーにG1ジュラルミンのマシンカットタフデジギアが採用されています。その巻き上げトルクは15ソルティガ以上であり、モノコックボディーにより剛性感も大幅にアッ

公開:2021.07.26

21 セルテート SW 8000-P

ツインパワー C3000は、パワーも巻きの滑らかさも譲らない、妥協なき万能リール!

シマノのミドルクラスの汎用スピニングリールの中で、発売から30年もの長きの間愛され、人気、実力ともにシマノを代表するロングセラーモデルであるツインパワーが、2020年にフルモデルチェンジを行いました。前モデルの15ツインパワーも、高剛性、高耐久を具現化した高性能の製品ではありましたが、20ツインパワーでは、剛性、耐久性、防水性、巻きの静粛性など、あらゆるファクターがブラッシュアップされ、さらに高性

公開:2021.07.26

サーフベーシア45が7年ぶりのモデルチェンジで、19トーナメントサーフ45に肉薄!

ダイワの大型サーフキャストリールのハイエンド機といえば、19トーナメントサーフ 45ですが、サーフ ベーシア 45は、その次のグレードに位置するモデルです。19トーナメントサーフ 45は、競技会専用リールとして、飛距離最優先の設計で、大口径ロングストロークテーパースプールを備え、ZAION製ボディとZAION製エアローター、ワンピースエアベールなどで武装し、最高のライン放出を実現しています。

公開:2021.07.21

ストラディックCI4+の後継機はヴァンキッシュに迫るハイスペックモデルに変貌!

もともとシマノのスピニングリールの高性能ミドルエンド機として人気の高かった、16ストラディック CI4+が、2020年にフルモデルチェンジし、ヴァンフォードと名を変えて生まれ変わりました。シマノの軽量高感度スピニングリール製品群・クイックレスポンスシリーズの最高峰機種であるヴァンキッシュを意識したネーミングのインパクトと、16ストラディック CI4+比での機能の大幅な進化、それ

公開:2021.07.19

21フリームスはFCモデルもラインアップ、より手軽に本格ライトゲームを楽しもう!

エントリークラスながらコスパの高い人気モデルであった18フリームスがフルモデルチェンジし、21フリームスとしてリリースされました。今回のモデルチェンジの大きな要素には、新素材「ZAION V」の採用があります。ダイワのカーボン長繊維強化樹脂である「ZAION」と、カーボン短繊維強化樹脂「DS5」の間を埋める素材として、ZAION同等の剛性を持ちつつコストを抑えたZAION Vは、今後エントリーエン

公開:2021.07.19

Next page