リールごとの細かい解説や
インプレ記事の一覧

超小型お手軽スピニングリールのMR 750に1000番が追加、機動力が大幅アップ!

ハゼ釣りや穴釣りなどの小物釣りを、思い立った時にすぐに始められる、超コンパクトスピニングリール、ダイワ・MR 750から、2021年4月、1000番が発売されました。非常にニッチな商品で、釣具店の店頭でもほとんど見ることがないリールではありますが、初心者のみならず、小物釣りを究めるアングラーにとっても、コンパクトながら塊感があり、ツールとしての造りはかなりしっかりしていて、価格以上の造形に驚かれる

公開:2021.06.18

オフショアでは敵なし! ライトジギングなら何が来ても主導権は渡さない!

ソルトウォーター専用リールは、ソルトウォーター対応のノーマルモデルよりも、より過酷な使用環境を想定して開発されたリールであるため、防水性能が高くなっていたり、想定されるターゲットのサイズが大きいので、ギア剛性がより高くなっていたり、パワーの入力がしやすいようにハンドルバーが長くなっていたり、ハンドルノブが握りやすくなっていたりと、様々な部分でスペシャルチューンが施されています。 中でも、20

公開:2021.06.17

近海オフショアから離島でのショアジギングまで、青物を狙うなら16 キャタリナ 4000H!

ビッグゲーム向けでありながら手の届きやすいシリーズ「キャタリナ」 [img id=2679] ダイワのオフショアビッグゲーム向けといえばソルティガシリーズが有名です。しかしソルティガはダイワスピニングリールの中でもハイエンドモデルであり、スペックは当然文句のつけようがないのですが、価格が高価な為なかなか手が届きづらいもの事実です。そこでソルティガの廉価版モデルとして登場したのがキャタリナシ

公開:2021.06.14

REVOシリーズのフラッグシップ機、MGXtremeはその軽さと造形美を味わう逸品!

「美しい」。釣具に美しさは必要か? と言われれば、必ずしも答えは「YES」ではないかも知れません。しかし、アブガルシアの製品には、日本メーカーのモノ造りが得意とする「機能性」「耐久性」「合理性」と言った、いわゆる「実用的」で「質実剛健」なものづくりとは一線を画す「圧倒的なデザインの美しさ」があります。 極端に言えば、「釣りには使わず、部屋にずっと飾っておきたい」「持ってるだけで満足」と言った

公開:2021.06.14

「エア」の名に相応しい、最軽量高感度エギング専用機。刮目してラインに集中せよ!

ダイワのエギング専用リールのフラッグシップモデル、21エメラルダスエアシリーズの中でも、最軽量の「フィネスカスタムモデル」、エメラルダス エア FC LT2500Sは、2021年6月現在、エギング専用リールとしては最軽量、最高剛性、最高感度のスペックを誇るモデルです。エメラルダス エア FC LT2500Sは、ベースモデルである20ルビアスの基本性能の高さに加え、ベアリングの追加、ラインローラーの

公開:2021.06.10

21アルテグラは業界震撼、フルモデルチェンジで超絶進化を遂げた問題児!

2021年にフルモデルチェンジしたスピニングリールには、ダイワ・バリスティックやカルディア、シマノ・ツインパワーXD、ツインバワーSWなどがありますが、2021年のフルモデルチェンジ機種はみな、大きな変貌を遂げています。そんなニューモデルの中で、ひときわ大きな変貌を遂げ、話題となっているのは21アルテグラであると言って間違いありません。21アルテグラは、メーカー希望小売価格16,300円〜20,5

公開:2021.06.08

Next page