AbuGarcia

Revo MGX

ABUGARCIA - REVO-MGX

Revo MGXは2017年にアブガルシアから発売されたスピニングリールです。X-Mag™ (軽量マグネシウム合金) で構成されたOne piece X-Mag™ ギアボックスは剛性の高さと軽さをもたらします。またアブガルシア独自の新素材C6カーボン(カーボン繊維で強化されたエンジニアリングプラスチック)で構成されたC6カーボンローターが軽さとレスポンスの良さを生み出します。ギアボックスは1ピース構造になっているので、軸心がブレません。(ダイワのモノコックボディに近い構造)カーボンマトリックスドラグによる非常に粘り強いドラグも魅力的。魚を弱らせることに長けており、浮かせるまでの時間が短縮できます。Revo MGXは3000番までのラインナップなので比較的ライトな釣りに向いた中級者におすすめのシリーズです。

Revo MGXの
スペック

SPEC

品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格

Revo MGXのライバル
比較対象モデル

RIVAL

ルビアス

ダイワのロゴ

ルビアスはダイワ初のZAIONモノコックボディが採用され話題となりました。ZAIONモノコックボディとZAION製のエアローターによる自重の軽さとレスポンスの良さが特徴です。モノコックボディによる剛性の高さと、大口径のギアによる巻き上げパワーの高さが魅力的です。巻きの軽さや滑らかさ、レスポンスやパワーなどあらゆる面でRevo MGXを上回ります。巻き感度はRevo MGXが上回るので、用途に応じて使い分けると良いでしょう。

ヴァンフォード

シマノのロゴ

クイックレスポンスシリーズに属するヴァンフォードは、非常に軽量でハイレスポンスです。ロングストロークスプール・マイクロモジュールギアⅡ・サイレントドライブのどシマノ最先端のテクノロジーが搭載されており、飛距離・巻き心地が抜群です。レスポンスと巻きの軽さは、慣れるまでは気持ち悪いとすら思えるほどハイレベル、あらゆる面でRevo MGXを上回ります。巻き感度はRevo MGXが上回るので、用途に応じて使い分けると良いでしょう。

Revo MGX THETA

AbuGarciaのロゴ

Revo MGX THETAはRevo MGXと名前も特徴も似ていますが、発売が2020年と新しいリールで、設計も違います。Friction-Freeが搭載されたことにより、巻き上げが軽くなったので、高負荷時でも楽に巻くことができ、またRevo MGXではボディと別パーツであったリールフットが、Revo MGX THETAでは1つのパーツとなっているので、剛性・感度が向上しています。どちらかを選ぶなら間違いなくRevo MGX THETAの方が良いでしょう。