ダイワ

エクセラー

DAIWA - EXCELER

ダイワのリール

エクセラーは、2014年に初めて発売されたダイワのエントリークラスに属するリールです。入門機にありがちな剛性や耐久性の低さを克服しているため、初心者向けとしてはもちろん中級者以上のサブ機としても人気を集めました。2代目となる2017年発売の「17エクセラー」は滑り出しを安定させるドラグシステム「ATD」、ダイワの防水技術「マグシールド」といった最新技術も搭載され、エントリーモデルにしてはコストパフォーマンスが非常に高くなっています。ラインナップも汎用性の高い番手で揃えているので、様々な釣法にも対応できるでしょう。正にこれから釣りを始める最初の一台に相応しいブランドです。

エクセラーの歴代別
スペック

SPEC

  • 17エクセラー
  • 14エクセラー
品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格

基本情報

ボディ
アルミ素材
ローター
DS4素材
スプール
アルミ素材
ハンドル
  • アルミマシンカット素材
  • 折りたたみ式取付

搭載機能・機構

  • マグシールド
  • デジギアⅡ
  • エアローター
  • ABSⅡ
  • エアベール
  • ATD

マグシールド

搭載箇所:ボディ

磁力のある液体を使った防水技術です。従来の防水技術では、リールの隙間にゴムパッキンを挟む事で水の進入を防いでいました。ところが、この仕様ではリールの回転時に摩擦が強く発生してしまうため、ハンドルの回転が重くなってしまう事が課題とされていました。そこでダイワが目をつけたのが、磁石にくっ付いて、水は弾く「磁性流体」という素材です。まず、水が進入してしまう箇所の周りに磁石を配置し、その隙間にこの「磁性流...体」を流し込みます。すると、この液体は周辺の磁石にくっ付き、絶妙なバランスで隙間を塞いでくれるようになります。ゴムパッキンのように固定されるものでは無く、液体の膜が張られているだけなので、摩擦の抵抗を極限まで少なくすることに成功しました。磁力のある液体の壁「Magnet(磁石)Sealed(壁)」を略して「マグシールド」と呼びます。

デジギアⅡ

デジギアⅡは、デジギアの発表から20年近い歳月を経て登場した、旧デジギアの進化版です。デジギアⅡでは、構造解析の精度が格段に上がっています。コンピュータの進化による演算回数の増大と、そこから弾き出された計算結果を寸分違わず形にする加工技術(加工機)の進化により、デジギアでは実現できなかった、よりなめらかな巻き心地を可能にした技術です。現代のモノづくりにおいて必須の、CAE(Computer Aid...ed Enginering:コンピュータ支援による製品や工程の事前検討)、FMEA(Failure Mode and Effect Analysis:潜在的故障モードとその影響の分析)による設計及び生産工程構築手法などの進化の賜物といえます。

エアローター

ローターの形状を変える事で、操作性の高いリーリングが可能となりました。ローターはリールの巻き心地とアクションに関わる非常に重要なパーツであり、ここの技術革新は、リール性能を飛躍的に伸ばす事に繋がります。従来は防水の観点からローターの形状は変えられないとされてきました。しかしダイワの防水技術「マグシールド」が開発された事によって、ローターの形を変える事ができるようになりました。ローターの外観を、滑ら...かな曲線を描くアーチ型に設計する事で、回転時の負荷が分散・軽量化され、「軽やかな巻き心地」「巻き始めの速さ」を実現する事ができるようになりました。殆どの釣りにおいてはリールの俊敏さが求められるため、この技術革新は大きな前進と言えます。

ABSⅡ

スプール形状を変える事で、ライントラブルを最小限に抑えた技術です。従来のスプールは、先端に近づくにつれて直径を細くする事で、飛距離を伸ばしやすくする工夫がなされていました。しかしこの形状では、ライン放出時に周りの糸も巻き込んでしまう、バックラッシュというライントラブルが度々発生します。これは、リーリング時の巻き取りが緩いという原因もありますが、比較的軽いルアーなどを使う場合は、どうしても巻き取りが...緩くなってしまうという事実もあります。そこで、逆に先端に近づくにつれてスプールの直径を太くする事(「逆テーパー」と呼びます)で、周りの糸が巻き込まれにくくなり、このバックラッシュを大幅に軽減することができるようになりました。また、スプールの直径を全体的に広げる事で「糸クセ」を軽減し、ラインとスプールの接触部(スプールエッジ)の形状も滑らかに加工する事で、飛距離という課題もクリアしています。

エアベール

ベールからラインローラーまでの段差を無くす事で、ライントラブルを軽減させる技術です。従来では、ベール側で受け取った糸をラインローラーまで渡す際に、つなぎ目の凹凸が邪魔をして、度々ライントラブルを招いていましたが、つなぎ目の無い滑らかな形状に設計する事で、この課題をクリアしました。更に、設計的な理由からベールを太く・中を空洞にする必要があったのですが、これが副産物となり、従来のものよりも歪みにくい強...度の高いベールを実現しました。

ATD

ドラグに掛かる力を自動調整をしてくれる技術です。従来のドラグシステムでは、予期せぬ大物などが掛かると、ドラグが緩過ぎてしまい上手く合わせらなかったり、逆に強く締めすぎるとラインが切れてしまうため、常にドラグを調整しながら戦わなければなりませんでした。このATDという機能は、自分で調整したドラグ値を大幅に上回る負荷が発生した際、自動的にドラグをキツく締めてくれるものです(自動車のシートベルトと似てい...ます)。これによりフッキングの際のバラし率を軽減するだけでなく、格闘中の細かいドラグ調整が不要となりました。

品番 番手 ギア
最大ドラグ
・耐力
自重 B/R ハンドル
糸巻量 ナイロン
糸巻量(lb)
PE
糸巻量(号)
価格

エクセラーのライバル
比較対象モデル

RIVAL

レガリス

ダイワのロゴ

17エクセラーの翌年に発売された18レガリスは、ダイワ内の同じエントリーモデルとして一番のライバルと言えるでしょう。レガリスは軽さを重視しているという事が特徴で、同じサイズ感の番手で比較すると50g前後の差があります。一方「剛性」や「耐久性」という面ではやはりエクセラーの方が上になるので、自身の釣法や狙う魚種に合わせて選択をするのが良いでしょう。

フリームス

ダイワのロゴ

もうちょっと背伸びしたリールが欲しいという事であれば、このフリームスが比較となるでしょう。一番の違いはボディー素材が「DS5」であるため、エクセラ以上の強度が期待できます。またフリームスの方が軽い設計になっているため、魚のアタリを感じとる感度も高かったり、細かいアクションを繰り返すような釣法においても疲れにくいでしょう。初級者のみならず、中級者からも人気のあるリールです。

ナスキー

シマノのロゴ

同じ価格帯で比較をするとなれば、シマノのナスキーも忘れてはいけないでしょう。「回転の滑らかさ」という事であれば、ギアの技術力の高いシマノのナスキーの方が上という意見も多いです。一点残念な事として、ナスキーは「ワンピースベール」では無いため、ベールとラインローラーの接続部が凹凸になっており、ライントラブルを招きやすいというリスクがあります。そのような意味では、ダイワのエクセラーの方が全体的にバランスが取れているような印象ではあります。