人気のティップランエギングで秋から冬のアオリイカを釣る!タックルやルアーを詳しく解説します

作成:2021.11.29更新:2021.11.29

ティップランエギングとは

ここ数年非常に取り扱う遊漁船も増えてきているティップランエギング、特に関東近郊では11月ごろのロックフィッシュが釣れなくなってくる時期から開始する船が多いです。おかっぱりから届かない水深20~30m辺りのラインにいる冬場のアオリイカやコウイカなどがターゲットになります

船のスタイルとしてはドテラ流しが多く、船の流れを利用してイカのいるポイントを流すところがほとんどだと思います。風がない時はおかっぱりのようにキャスティングで狙うこともあるので、バーチカルに狙う用のタックルだけでなくキャストしやすいタックルもあった方がよいです。

ティップランエギングの基本的な作法は

  1. バーチカルに狙う場合には潮は払い出しの状態で真下にエギを落とし、そのままフリーフォールさせます。着底がわかりづらい時には手でスプールからラインを送り出しながらエギをフォールさせると良いでしょう
  2. エギが着底したら軽くラインスラッグを取りながらシャクリます。アクションさせる回数は5~10回くらい、最初は探りながらアタリの出る回数を探りましょう
  3. シャクったらエギをボトムまでフリーフォールさせます。フォール中はロッドティップやラインに変化が出ないか注視しましょう。ティップランエギングのアタリは非常に繊細です。わずかな変化を感じたら、少しきき合せをしてみてもよいかもしれません
  4. イカが乗ったら、バラさないように慎重に寄せましょう。所謂「イカパンチ」という触腕で触ってきてフッキングしている場合には非常にバレやすいです。またあまり強引に寄せようとすると身切れを起こしてしまうので、ドラグは少し弱めに調整しましょう

以上がティップランエギングの基本的な流れになります。まずは「アタリの出やすいシャクり回数を見つける」「細かなアタリも見逃さないようにする」「ドラグ調整をしっかりして慎重に寄せる」、この3点に注意しましょう

ティップランエギングで使用するタックル

ロッド

ティップランエギングで使用するロッドは6~7ft半ばくらいまでのものが使いやすいです。バーチカルに狙う用は6ft前後のロッドがシャクりやすく、アタリも取りやすいです。潮が流れていない時や風が弱くて船が流れない時には7ftくらいの少しキャストして広範囲を探れるロッドもあった方が良いでしょう。使用できるエギのMAXが60~80gくらいのロッドがあれば、ある程度の状況には対応できると思います。

ティップはカーボンソリッドティップやチタンなどのメタルトップのロッドがアタリがわかりやすくおすすめです。「ティップラン」という名前からわかるように、この釣りではロッドティップが非常に重要な役割を果たす釣りです。アタリを見やすいようにティップに色がついているロッドがおすすめです。おすすめのロッドはバーチカル用はシマノ セフィアSS 511ML、キャスティング用はダイワ エメラルダスMX BOAT 72L/MH-Sです。

シマノ セフィアSS 511ML

¥ 22,999※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

ダイワ エメラルダスMX BOAT 72L/MH-S

¥ 120,780※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

リール

リールサイズはシマノでは2500~C3000クラス、ダイワではLT2500~3000-C(旧規格2500番辺り)のものが使いやすくて良いです。ティップランのようにアタリが繊細な釣りが感度が命です。その為予算の許す範囲内でできるだけ軽いリールを選ぶようにしましょう。ロッドも軽量化されているものが多いので、タックルバランスのしっかり取れるものにしましょう。

次にリールのギア比ですがこれは完全に好みがわかれます。エギを小気味良く動かしたり回収を速くしたい場合はハイギア、逆にエギをあまり大きく移動させずにしっかりと馴染ませたい場合にはノーマルギアのリールが良いです。あとはラインメンディングのやりやすさで言えば短いロッドではノーマルギア、長いロッドではハイギアがやりやすいです。ティップランエギングではそこまで深い水深を狙うことはあまりないので、迷ったらノーマルギアを買うことをおすすめします。おすすめのリールはダイワ 19エメラルダス LT2500S-DHシマノ 18セフィアBB C3000SHGです。

合わせて読みたい

【比較】エメラルダスとセフィアどっちを選ぶ?ダイワ・シマノのエギングリールを比較!

ライン

ティップランエギングではPE0.5~0.6号と非常に細いPEラインを使用します。それは水深20mよりも深いところのイカの繊細なアタリを取る為であり、潮流の速さにできるだけ影響を受けない為でもあります。リーダーは8~10lb(2~2.5号)くらいのものをFGノットで結びましょう。ラインが細いので、リールはできるだけドラグ性能の良いものを選びましょう

ラインが細くなるとライントラブルが増えます。特にルアーのテンションがかかりにくいエギングではラインがスプールにふわふわに巻かれやすいので、4本巻きのものよりも8本巻きのPEラインの方がトラブルは少なくストレスなく釣りができると思います。おすすめのラインはシマノ セフィア8 0.6号×200mです。

シマノ セフィア8 0.6号×200m

¥ 2,950※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

ルアー

エギはおかっぱりで使用するものよりも重いエギを使用します。一般的に使用頻度が高いのは30~40gくらいですが、海域によってベストなエギの重さは違います乗船予約時に船長に水深や使うエギの重さ、アタリカラーなどを聞くようにしましょう
ティップランではエギの重さというのは非常に重要で、その日の潮流や風、水深を加味したうえでベストな重さをチョイスしなければいけません。アクションの味付けも各メーカーごとに違うので、色々なエギを試してみて自分にあったものを見つけましょう。おすすめのエギはDUEL EZ-Q フィンプラスTRです。

DUEL EZ-Q フィンプラスTR

¥ 1,239※ Amazon情報を表示

Amazon 楽天 Yahoo

 

釣果を左右するアタリの取り方

ティップランエギングはアタリの取り方で大きく釣果に差が出る釣りです。非常に繊細なアタリが多く出るので、そこに気づくことができれば竿頭も夢ではありません。ではどのようなアタリがあるのか、ここで解説したいと思います。

エギを引っ手繰るようなアタリ

フォールしているエギを抱いてそのまま持っていくような、一番わかりやすいアタリがこれです。フォールの着底前に当たっている場合が多く、次のアクションに移ろうとしたらイカが乗っていたというパターンです。この場合にはエギがすでに着底していると思い次のアクションをする為にシャクった時にフッキングができているので、それ以上追いアワセなどを入れる必要はありません。触腕だけにフッキングしていることもあるので、下手に追いアワセをすると身切れしてしまう可能性もあります。特に渋い状況ではバラシが増える原因になりやすいので、アワセは必要最低限にしましょう

ロッドティップが少し入るアタリと戻るアタリ

エギをフォールしているとロッドティップに少しテンションが掛かる為、フォール中は少しティップが曲がっている状態になります。フォール中にメインにアタリが出るのがティップ部分で、波の揺れで一定のリズムで曲がるティップに変化があったらイカがエギを抱いているアタリになります。このティップ部分が入る時はイカがエギを抱いてその場にステイしている状態です。また逆にティップが戻る時はイカがエギを抱いてそのまま船の方向に泳いできている状態です。どちらもイカがエギを抱いている可能性が高いので、しっかりとフッキングしましょう。

ラインがフケたりするアタリ

エギをフォールさせていると、テンションが掛かって張っているラインが一瞬だけたるむ(フケる)ことがありますこの微細なアタリもイカが触腕でパンチしていたり、エギを抱いている可能性があるのです。揺れている船上で、ロッドティップを見ながらラインの変化に気づくことはなかなか難しいと思います。ロッドティップとラインを同時に見るコツとしては、まずティップを少し上げ気味に(45°くらい)かまえます。この時ロッドを持っている側の手は水平にして肘を直角に曲げた状態にします。そうするとロッドティップと同じ視野にラインが入るので、変化に気づきやすくなります。勿論フォームだけでなく慣れも必要なので、数を重ねてアタリがわかるように意識をしながら釣りをしましょう。

期間限定の釣り「ティップランエギング」でアオリイカを楽しもう

今回ご紹介したティップランエギングは、非常に繊細なライトゲームに似た釣りです。ロッドティップやラインにわずかに出るアタリを掛けていく釣りなので、釣った時の満足度が非常に高いです秋から冬にかけてが釣りのシーズンになり、シーズンが進むごとにイカのサイズも上がってきます。よくなってくるとキロアップが連発!なんてこともありますので、これから期待が持てる釣りですね。冬はシケが多くなかなか出船できないことの多い時期だからこそ、行ける時に行って釣って楽しい食べて美味しいアオリイカを釣ってください。

この記事を書いた人

ダイワマニア
YSNO

 トラウト(エリア、湖)、青物全般、ロックフィッシュ、シーバス、アオリイカ、ショアジギング、オフショアジギング、エリアトラウト、ウェーディング、ボートロック、エギング、東京湾、東伊豆(静岡県)、房総半島(千葉県)、上越地方(新潟県)、芦ノ湖(神奈川県)、本栖湖(山梨県)

合わせてよく読まれる記事

【比較】エメラルダスとセフィアどっちを選ぶ?ダイワ・シマノのエギングリールを比較!

ケンサキイカをエギングで狙う!ポイント探しと釣り方、道具選びのコツを紹介

「アオリイカ」関連の記事

アオリイカ釣りの適水温は何℃?水温と狙い方について解説!

ヤエン釣り用の全リールをメーカー毎にご紹介(2022年最新版)

「エギング」関連の記事

アオリイカ釣りの適水温は何℃?水温と狙い方について解説!

人気のティップランエギングで秋から冬のアオリイカを釣る!タックルやルアーを詳しく解説します

新着記事

ベイトリールの糸巻き量はどう決める?最適な糸巻き量で飛距離や使いやすさを最大化しよう!

ベイトリールのラインの巻き方を解説!身近にある2つの物で簡単にラインが巻ける【初心者必見】

釣りは腰が大切です。フィッシングベルトを使ってみませんか?

ベイトリールの仕組みを大解説! スピニングリールと何が違う?

スイミングでオオモンハタを狙いたい!ジグヘッドごとの特徴を解説!【変人級】

バス釣り用スピニングリールにおすすめのラインをご紹介!ライン選びは釣果を大きく左右する!